グレースタイル 2007年11月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
img684.jpg

今号のヤングアニマルにて。

こういう事が発覚した場合、作者の処遇はどうなるんでしょう。
作品のお蔵入りは確実として作者がどうなるのかが気になります。出禁にでもなるのかな。

スポンサーサイト
やったりやらなかったりのジャンプかんそーです。
ベルモンドが終わって悲しいというのにまだやるか、編集部……

P2
連載というものは本当に難しいものですね……
完結編では水無瀬の事にも触れていただけると助かる。
しかし、もう少しなんとかならなかったかね、これ。その……キリのいいところで終了させるというか……なんというか……

この前の巻頭カラーは餞別だったわけだ。
巻頭カラーもらえたからしばらくは大丈夫! なんていえなくなったね。

ハンター
キリのいいところまで描いてある……ってわけはないんだろうなぁ。
名残惜しいけど残り二週か。本格的な戦いまではいかないだろうね。
ユピーはどうにかしてくれるかな。無理かな。しかし、面白いなぁ。

とらぶりゅー
御門先生のダイナマイトシャワーシーンにジャイグロでござるよ。腋とくびれがエロス。

すけっと
ワンピース・フェアリーテイルが全てもっていってしまった……!


次回から新連載構成開始。ベルP2に続いてスケットまで切られたらわたしゃ泣くよ。
ぬらりひょんより先にMUDDYが連載か。……金未来杯って一体……
まさにサブタイ通りの展開。
オルランドゥのごとき活躍を見せた会田が完封状態である。
相馬やエースの井出もさることながら、他のメンバーも水準以上の能力。
メンバーの半分が初心者の杉原とはわけが違う。
いよいよもって、杉原の敗色が濃厚となってきたが……

前回、園部のアタックをバシバシ受け止めていたカミちゃんが反応できなかったこのシーンが印象深い。

img683.jpg

漆野との実力差が端的に分かるシーンだ。

勝利の鍵はどこにあるのか。

関係ないですが、井出というとHAGE頭のアイツしか思い浮かばないです。

画像の出典:【フルセット!】 梅田阿比 秋田書店
・ペンギン娘、移籍。今週はこれに尽きる。

クローバー
ヤンキーマンガ、好きなんですよ、私。クローズもQPもナンバも京四郎も。
でも、これはやっぱりイマイチですわ。
キャラが弱いのにタイマンだの抗争だのやられてもちょっと……もうちょっとで何とかなりそうなんですけど。
まぁ、某誌で連載中のアレよりはずっと良い。

ダイモンズ
相変わらすものすごいカラーです。
エレセロスの不気味な様子が良く出ていて……

しかし、ラストでのこのどんでん返し&急展開。
ゼスモスでエレセロスをつなぎ止めているのでしょうか?
こうしてみると、ゼスモスってかなり万能ですね。

さて、もう一人のゼスモス使いの行方は……

ナンバMG5
坂口さんが案外、大物っぽかったです。
こちらはキャラが強い分、抗争シーンも面白いから良い。

24のひとみ
藤本先生、ノイローゼ五秒前。

みつどもえ
久々に丸井家。
汗が甘い匂いなら××××だって甘……
ふたばのほっぺの肉感が好きでたまらない。すぱむ。

竜の国のユタ
ここで過去編やらずに台詞だけでまとめてきたら来週はかなり盛り上がるかも。

冥王神話
冥界波→鬼蒼焔のコンボは冥闘士にとっては最悪のコンボですね。
まれっしゃにフェニックスの尾、ゾーマにベホマ並みの鬼畜戦術。
この他にも新技とかありそうですね。積尸気~とか。
何にせよ強い蟹座が見れてびっくりです。エピG蟹座も良いんですけどね。

ストライプブルー
どんどん練習の成果を見せるアー坊。平太のリードもばっちりです。
それに比べて八五郎は……今週も出番が一コマかよ。
もはや、存在感においては肝尾先輩以下(というか肝尾先輩が異常)。
彼の挽回に激しく期待します。……野球面でべね。

のりっぺ分が不足してきた。

少年ルパンと奇妙な犯罪
またまた読みきりです。
木々津先生の作品の感想を書くのは相変わらず難しいですね。
下手に勘繰ろうとすると何も書けなくなるんですよ、木々津作品は。
思ったままを素直に書いてもとんちんかんな事書きそうだしなぁ……難しいです。
とりあえず春色ラップタイムが読みたい。……こんなんでいいかな。

殺戮姫
何度も言ってますが……私はこの作品が嫌いです。
嫌いなんですが、逆に言うとそれはその作品の事を覚えている、考えているということ。
愛情の対義語は無関心(と私は思っている)。憎悪の対象である今作品ですが、決して無関心でいられる作品ではありませんでした。
これからも、(読者に内容を)忘れらない、忘れさせない作風でいて下さい。お疲れ様でした。

THEフンドシ守護霊
スミレのラストがグッときました。
美学のある悪人は良いですね。殺人の免罪符にはなりませんが。
スミレ編後もまだまだ続くということはもう短期連載の冠は外して良さそうですね。
単行本はまだかいのぉ。

ペンギン娘
チャンピオンREDに島流し移籍決定!
初回はなんと31Pだぜッ!
……結局、読む頻度が週一から月一になっただけかよ(私にとっては)。
しかも最初は31Pも……3P読むごとに他の漫画に目がいってしまいそうだ。

まぁ、REDはエロスどんとこいだし(下の毛までおk)、作者的にもこちらの方が色々と戦えるんじゃないかなぁ。
もしかしたらエロスで確変起こすかもしれないし。
しかし、RED未読者にはかなりの投げっぱなしエンドだぞ、これ。ま、いイカ。

海高
スパイラルだな。

コトノハ学園
言葉ってすごいなぁ(棒読み)。
この作品はもっと評価されるべきだと思う、いやマジで。
トイレの怪人、読んでみたいっすー。

現代怪奇絵巻
今週のあるある的中率は以上。おつかいメモなんかはよくありますよね。

CTC
久々にヤンキー縞青空を見てホッとする。
エロ本の好みは変わったというより広がったという方が正しい、私にとっては。

次号予告
新人漫画賞出身、増田英二「獅狼ラビット」短期連載開始。
とりあえずギャグ作品のようですね。
巻頭カラーはクローバー。上手いんだよねぇ、カラーは。

↓ここから独り言、突っ込みは無用↓
さて、これでペンギン娘の感想を書くのが(というかREDの感想を書いているのが)、私と釘煮さんとnadegataさんだけになってしまったわけだが……
それってなんか寂しいなぁ。次号だけでも宇都宮さんがRED買わないかなぁ。
31Pしっかりと読み込んでくれないかなぁ。ああ、買ってくれないかなぁ、RED。
サブタイトルが某野球漫画みたいな今週。
ちゃんと☆マークもきっちり入っている辺り好感度高めです。

愚痴を言いつつもしっかりと10点を入れていく審査員。
すでに身も心も秋山の魔法の虜。
が、そんな中まだ点数を入れない男がいた。

それは我らがツンデレ神、大谷日堂。
正直に10点を入れるか、計画通り9点を入れるか、料理を皿まで舐め回して考える大谷。
こいつも例外に漏れず既に魔法の虜です。

そして、甘えん坊将軍の策略により10点を押してしまうのであった。
大方の予想通り、見事に大谷のツンデレが炸裂したのであった。

なんで将軍が0点だったのかろくに考えもせずに10点押しちゃうあたりはさすが大谷。
ジャンの料理で気分が昂揚していたとはいえ、本当に正直なやつです。

そして、決勝戦は仕切りなおし……というところに再び佐藤田が乱入。もちろんお嬢様も一緒です。
佐藤田の強権発動により次号、ついに優勝者が決定する!

大谷が水月を実力不足と評していたのが印象深い。
まあ、確かにあの二人に比べると一段落ちている事は否めませんね。

来週はジャン優勝決定&その理由(ブルー、水月との料理の違いの説明)で一話使用。
その後、佐藤田との戦いで8話ほど使用というのが今後の展開でしょうか。

関係ないのですが、今週も丸井家三姉妹が出ていた件。

img681.jpg

ちょっと潰れていますが、間違いなく三つ子かと。
きっとあのあたりは甘い匂いがするに違いない。

画像の出典:【鉄鍋のジャン!R 頂上作戦】 西条真二/おやまけいこ 秋田書店
ついにダイス勝負編第三戦開始。
巻頭カラーの真世がものすごい死人色。

そして、ここで花咲真世プロフィール紹介ッ!
花咲真世17歳ッ(ここ重要)! 
お花大好き麻薬大好き史上最強の毒草も栽培してまーすヽ( ゚∀゚)/

……これはまたエクストリームな……
援交とか世界征服(笑)とかもう子供の遊びだぜ!

……この際、17歳というところは突っ込まないでおこう。
17歳って聞くとあのおっぱいも普通に見えてくるから恐ろしいですよね。
個人的に今までの裸シーンで一番エロかったです。口元とくびれが最高すぎる。

さて。
試合のルールですが、えー、長いのでこれは割愛します。
結果だけいえば負ければ死ぬゲームでございます。
負けたら阿鼻谷ゼミ行きってレベルじゃねーぞって事でございます。

そんなデスゲームにも怖気ずに参戦表明する杜夢。
が、前二試合と違い会場は真世が用意したもの。
どこかにイカサマのネタがあるかもしれない。なのでイカサマチェックをする必要がある。
杜夢が席を立ったとき……そこに現れたのは……!

img679.jpg

月夜野由佳復活ッ! 月夜野由佳復活ッ!! 月夜野由佳復活ッ!!!
してぇ……脱糞してぇ~~


突然の会場変更にも負けず、あふれ出る便意にも負けず、月夜野由佳華麗に見参だーーー!
先週の発言は謝るぜーーー!

というわけで、月夜野さん復活。
杜夢にも労いの言葉をかけてもらいすごく嬉しそう。
うんうん、恋する乙女はいいねぇ~と思っていた矢先、電光石火の早業で阿鼻谷にケツを叩かれる月夜野さん。

img680.jpg

あかんがな、阿鼻谷先生!
今、彼女のケツを刺激したら月夜野印のゲルセミウム・エレガンスが噴出するぞ!
それをわかっていて叩くとは……阿鼻谷先生、なんてギリギリな男だ。

このやり取りにピリオドを打つかのように真世が戯れにダイスを放る。
出目はなんと6×3(試合だったら即死コース)。
悪魔より授かった力で今、最も美しく最も強いギャンブラーが杜夢の前に立ちはだかるッ!

ヨシヲがいきなりとんでも得点を叩き出した時と状況は同じですが絶望感はそれ以上ですね。
この絶望感がギャンブルフィッシュクオリティー。
杜夢には何とか勝ってもらいデレる真世さんを見せて欲しいものです。
関係ないですがチャンピオンで鉄鍋鉄鍋言われると別のマンガの事を思い出してしょうがない。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店

チャンピオンRED掲載、秋田書店刊。作者は二ノ瀬泰徳。

【作品について】
本作がデビュー作、チャンピオンRED期待の新人です。
各話の感想はブログ検索から【魔女の騎士】でお探し下さい。

チャンピオンREDで過去6回に渡って掲載(読みきり)。
新人としては異例の扱いの今作もついに単行本化。
ナンバリングされていないところ&作者のあとがきによると2巻の可能性はほぼないので全1巻という事になります。

帯のイラストは松山せいじ先生の描いたコーディ(普通に可愛いです)。
意外なところで見かけてびっくりですよ。

【ストーリー】
灰昏き森、ナーデルヴァルト(針の森)。
そこに住む者は邪悪なる魔女と人外の獣達。
その森を通りかかる少年コーディ。

彼は突如として森の獣(魔物)に襲われる。
貞操の危機に瀕した彼は救ったのは……魔女だった。
魔女の瞳に魅入られたコーディ。気づけば彼は魔女の騎士になっていた。

読みきりを前提とした一話完結方式なので、流れはテンプレート形式です。

コーディ、ピーンまたはお仲間がピンチ(性的な意味で)→

img674.jpg

口づけをし、肌を重なる事により魔力(欲望)を解放→

img675.jpg

敵を倒す。

img676.jpg

という流れになっています。

これだけだと飽きてしまうのですが、そこはRED期待の新人。
あの手この手でコーディくんを性的な意味で虐待。
魔力を解放するまでの過程は綿密に練られています。

ぶっちゃけていえば、エロがねちこいんです。
そう、ページをめくれば出てくるのは感じている美少年。たまに女の子。
そして、これでもかと描き込まれた触手達。
ストーリーなんて関係ねぇ、俺は美少年と触手が描きたいんだという作者の情念がひしひしと伝わってきます。

まぁ、個人的にはストーリーも好きなんですけどね。
特に3話と4話はオチも良かったですし。

きれいなおべべを着た美少年がエッチな目に遭うのが好きな人。
触手属性のある人。
ねちこいエロスが大好きな人はとっても楽しめると思います。

それと、単行本あとがきが本編に匹敵するほどの面白さでした。
一話一話の裏話も掲載しているので本誌派の人も大満足ですよ?

【作者について】
魔女の騎士の話題に関してはこれぐらいにして次は作者の二ノ瀬先生について語りたいと思います。
といっても、このインタビューと単行本のあとがきを読めばどんな人か一目瞭然なんですけどね。
まぁ、一言で言えば変態、二言で言えばド変態なお方です。

何がすごいって6話の登場人物を全員フンドシにしようとしてRED編集部に止められたってとこがすごいです。
あの赤い超特急にブレーキをかけさせるなんて。

そして、触手に対する並々ならぬこだわり。
確かに思い出してみると触手の出てこない回はありませんでした。
ていうか、本編以外のコーナーでも触手を描いてました。
まさに触手界のプリンス。五歳の頃から妄想してきただけあるぜ。

そんな欲望を具現化し続ける、二ノ瀬先生に共感しないわけがありません。
私達がインターネットで欲望を吐き出すように、彼は原稿用紙の上に欲望を吐き出しているのです。
いわば、彼と私達は同一の存在……などと書いてみましたが、どうみても向こうが格上です。本当にありがとうございました。

【おわりに】
まぁ……なんだ。色々と間違っているけど、良い作品&作者ですよ、ほんとに。
グレースタイルはニノ瀬泰徳先生を永遠に応援しています。
あ、この感想が購入の参考にならなかった方はバッタの後部へお進み下さい。

画像の出典:【魔女の騎士 ヘクセン=リッター】 二ノ瀬泰徳 秋田書店
071120_2034~00011.jpg

071121_0123~00011.jpg

鉄鍋のジャンR3巻、佃島パイレーツ1巻、俺はまだ本気出してないだけ1巻、バキ外伝4巻、舞-乙HiME Zwei1巻、ベクターケースファイル2巻、メイドサンダー2巻、あゆまゆ2巻、三毛猫ホームズ、ストブル1、2巻、賭博覇王伝零1巻、魔女の騎士1巻……
写真に写ってないけど、ANGEL VOICE2巻、漂流教室完全版1巻、お茶にごす2巻、フランケンふらん1巻も買いました。
後、シンシアの新刊も買った。積んでるけど。

にしても秋田比率高いなぁ、なんでだろ。
ほんとなら全部の感想を書きたいのですが、それは不可能。
魔女とふらんちゃんだけでも書いておくかな……

あ、ボンボンの最終号も買いました。ほんとにさよならだね、ボンボン。
さて、SKETDANCEとBB三国伝を探さなくては……
かつてのライバル、相馬と出会ったことにより昔を思い出す会田。
チームメイトを勝つための道具として思っていなかった昔。
が、その道具さえも手に入らなくなった一年前。

土足禁止の立て札を蹴った時の会田のシーンが良かったですね。
バレーが出来ないもどかしさとまともじゃないチームメイトへの苛立ちが表れていて。
昔のツケが思いがけず回ってきたという事でしょうか。

昔を思い出すことで感傷に浸る会田。
そこに降る雨。
あの時の会田は何を考えていたんでしょうかね。
またバレーが出来なくなるかもしれない……そんなところでしょうか。

しかし、それは杞憂。
一年前とは違うチームメイト達、そのチームメイト達のおかげで少しだけ変わった自分。

img673.jpg

この円陣シーンはかなりきましたね。
いばら、漆野戦の中で結束は強まりましたが、この円陣でそれがもっと強くなったような気がします。

今回の試合、杉原は確実に負けるんでしょうが、会田と相馬の個人的な戦いの結果は予想できませんね。
変わった会田に気づかない限り、相馬は負けてしまうと思いますが……

つなぎの回なのに密度がすごくて感想に困ってしまいました。
そろそろ巻頭カラーがほしいなぁ。贅沢すぎるか?

画像の出典:【フルセット!】 梅田阿比 秋田書店
・この南明奈って子、色んな雑誌で見るんだけど……
・表紙グラビアを平野綾にした方が話題性があったと思う。
・やばい、鶴のスニーカー欲しい。
・巻末コメント、山根先生は何が言いたいんですか><


バイオハザード(後編)
前後編の後編。
まぁ、ゲーム販促漫画なんで正しいといえば正しいといった内容。
キーキャラであるウェスカーの露出もばっちりだったし。
ただ、やっぱり未プレイ組にはとっつきにくい内容だったはずだよなぁ。

チャンピオン的にはハンクや豆腐を出してネタに走ったほうが良かったかも……でも、そういうのって一般読者(非ネット層)は嫌うかもしれないし……

ともあれ、販促漫画としては良い出来だったのでそこを評価したい。
ウェスカーの蹴りのシーンは素晴らしい迫力だった。
ひとまずお疲れ様でした。
じゃあ次はレッドアリーマーを描こうか。

ナンバMG5
鉄の成長がテーマに入っていると思うのだけど、こいつどんどん株下げてくるなぁ。
伍代が足を引っ張る役になるとは思わなかった。

範馬刃牙
8人目、バキじゃなくてガイアかよ! すっかりギャグキャラになりやがって……ていうか、お前軍人だろ、少しは考えろよ。
勇次郎が他の人間に気を回すような事を言ったのが意外でした。
次回はオヤスミ。

クローバー
仲間とのかけ合いシーンが読めるようになってきました。

侵略!イカ娘
携帯電話とすぐに使いこなすあたり……知能は高いんだろうなぁ。
今週も表情がコロコロ変わって可愛い。

ダイモンズ
プログレス登場ッ!
過去編の進行速度が嘘のような展開だッ!
心友であるからこそ、意識する必要も無かったんだよ……プログレス、なんでそれがわからん……

あの姉弟がエレセロスで何かされそうですね。
で、一端プログが退くって展開になるんじゃないかと。
しかし、どうやってエレセロスを破るんでしょうね。
私には原作の暴走オチぐらいしか思い浮かばないのですが。

[週刊少年チャンピオン第51号]の続きを読む
ブルーの料理もオーストラリアづくしでしたが、肉の旨みを引き出したかといえば、そうでもないような……
どちらかといえば、ジャンの方が牛肉料理の課題に即しているような気がします。
上手くいえないけどブルーの料理はただまとめてみただけのような気がするんですよね。
水月の料理はオージーである必要性があまり感じられないので論外。

となると、これはジャンの勝ちでしょうね。
しかし、100点を上回る点数なんてどう出せば……
それとも点数関係無しに問答無用でジャン勝利?

ジャンの料理もすごかったけど、エリザのパンチラも見ごたえがあった。
三大欲求のうち、二つを満たせるのは鉄鍋のジャンだけ!

個人的にはみんなで料理を奪い合うシーンが欲しかったんですが、よく考えたらエビチリの時と被りますね。
さて、次回は優勝決定。もう結果はわかったようなもんなので安心して読めます。

ちなみに、今週のゲストはケロロ軍曹です。幅広いなぁ……
前号での予告ではもう一波乱ありそうな書き方ですが、特に何も無くダイス勝負二回戦終了。
特別何かあったといえば、生徒が教師に腕を極められズボンを脱がされそうになったことぐらいでしょうか。

ともかく、水原キノコもとい和輝キノコのお慈悲によりヨシヲくんは罰ゲームを逃れます。
てっきりアビィはヨシヲくんを切り捨てると思いましたが、そこは愛すべき自分の生徒。
さすがはエリート高校の先生です、負け犬にも優しいや。

そんな情けの塊のようなキノコ和輝や、教師の鑑であるアビィとは違い主人公の杜夢はまさに極悪非道。

img671.jpg

キノコ和輝はルームメイトじゃないか……!
きっとキノコ和輝がエレセロスを体得しても杜夢には効かないんでしょう。お前の中に俺はいなかった。

というか、この表情を見る限り名前を知らないどころか、下の名前が本気でキノコだと思っていたんじゃないでしょうか。

さて。
二回戦が終わり、ダイス勝負三回戦が始まります。
と、その前に会場の皆さん全員で場所移動。

どうやら次の試合はこの会場ではできない内容らしいです。
ついた先は学園敷地内にある石炭採掘場跡、通称「Dゾーン」。
ダイス勝負におおげさな……と思いますがおそらくアビィは今回の試合で杜夢をぶち殺す算段でいるのでしょう。
よって、何があってもどうとでも隠蔽できる立ち入り禁止区域を選んだ、と。

え、学園の領地内の出来ごと? たくさんの目撃者がいる? 
……HAHAHA、何を言っているんだブラザー。
ここは獅子堂学園、大抵のことは目をつぶってもらえるエリート養成学校。出自不明な生徒が一人死んだところで関係ないぜ!

そして、杜夢にぶつけられる最強の相手……その名は花咲真世ッ!!

img672.jpg

……ぷ、プリンだッ!!

採掘場のド真ん中であんな暑そうなローブを着ていたに関わらず汗一つ掻いてないとは……今までの相手と違いかなり強そうです。
杜夢は勝てることが出来るのか! ドキムネの魔法をかける事が出来るのか!!
次回、ギャンブルフィッシュ巻頭カラー、「もうやめて、山根和俊のライフは0よ」に続く!

えー、本筋とは関係ありませんが、会場移動により月夜野さん復活フラグが完全に消滅したことをここにお知らせします。

繰り返します。
月夜野さん復活フラグ完全消滅。
繰り返しま……

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
特に書くことが無いというか……割と予想通りの展開というか……
それでも面白いから見ちゃうんですが。

疲れきっているエリザお嬢様が可愛いのう。

二人と違って牛肉そのものの旨みを引き出したジャンが勝ちですかね、これは。
まぁ、そうなんでしょうけど。
来週は審査員達による料理の奪い合い合戦が始まるでしょうね。もちろん勝利者は家元。

貪るようにガツガツ喰う姿を見てると、料理漫画を読んでるといった感じがして良い。
試合が終わりつなぎの回。
なのに、試合中よりもおもしろ……いや、妄想進行中。

素のままで男らしくなった真木や、テーピング灯ちゃん、バナナセーキごきゅごきゅ会田くん、凛々しい漆野女監督、新登場キャラ……全てが高密度高濃度。

これの感想を書くのは私には無理だ、時間も無い。
良し、これだけは書いておこう。
会田がバナナセーキを飲み始めたところで、火野との間接キッスくる!? と思った人は死亡。
もう明日次の号出ちゃうジャン……
ま、形だけでも書いておきます。

範馬刃牙
八人目? えーと、鎬にジャックに克己に……一人多いような。
バキでも潜んでるんですかね。数え間違えとかだったら……
ピクルとオリバではどちらが上なんだろう、力。

バイオハザード
カッチリした絵を書くねぇ。
内容も堅実だねぇ。
……うん、印象に残らない。

後、バイオをやってない人にはウェスカー出されてもわからんだろ。
どうせわからないなら、外伝的な話にしてハンクだの豆腐だの出しちまえば良かったのに。

ナンバMG5
鉄使えないよ鉄。
あの状態から抜け出すのはやっぱり難しいのかね。

ダイモンズ
まぁ、この手のロボットは瞬殺される運命ですから。
久々の義手爆弾。使いどころがうまいよ、先生。
しかし、これだけ気合入れたロボットも2週で終わりかぁ……もったいねー。

ANGEL VOICE
単行本1巻を読み直してわかったこと。
始めのシーンで百瀬がいない。
はい、今からお葬式のじゅんびー。

殺戮姫
皆さん、これがみさき速です。
登場人物だけでなく、読者の精神にも痛みを残す、まさにみさき速先生その人のご帰還です。
インパクト、もっと言えば読者に作品を忘れさせない事に関しては天下一品。

ある意味、素晴らしい事ですよ、これは。
忘れたくても忘れらない、忘れることが出来ない。
これからも痛みを与える作家でいて下さい、みさき先生。
私は最後まで付き合えるかわかりませんが……

なんだか最終回の感想みたいですが、もうちっとだけ続くんじゃ。
後、この際だから言っておくけど、私はこの作品は嫌いです。

でも、なぜか読んじゃうんです。嫌いなんだから読まなきゃいいのに読んじゃうの。
そして万が一、億が一にでも単行本が出たら買ってると思う。
なんで買ったんだろうと思いつつ、永久に本棚で眠っていただく。
殺戮姫はそんな作品だと思います。

ストライプブルー
いいか、みんな。ツンデレというのはツンからデレになった後、もう一度ツンになる場合がある。
その際の反動はデレのふり幅が大きいほど強い。
……縞青空に……気をつけろ。

後、やっぱりのりっぺは俺の嫁だという事が判明しました。
たこ焼き喰ってる姿が可愛すぎる。
856はどんどん小さくなっていってないか?

みつどもえ
しまむらって開いてないだろ、あの時間に。
パンツを買う時のやべっちの葛藤だけで一ネタイケそうですわね。

THEフンドシ守護霊
元がギャグなだけあって決めゴメでもモザイク全開。
でも、違和感無し。絆パンチはグッときた。

現代怪奇絵巻
OPテーマごろにバッチリ起きる→睡魔に勝てずダウン→EDで起きる、のコンボならよくやりますが何か?

CTC
投稿してよね! の娘が一番可愛いと思います。
ていうか、何だこのカオスっぷりは。
全ページレベルが高すぎる。浜名湖侵略娘のパチモン臭さには笑った。

次号予告
バイオハザード後編。

週刊少年チャンピオン連載。原作:青山広美、作画山根和俊。

五木島による特訓から今何時でっか作戦開始まで収録。

この作品の醍醐味は前々回前回のレビューで言っている通り凡人がプロを打ちのめす感覚(しかも今回は相手が世界チャンプ)とそれによって得られる昂揚感、陶酔。
怒涛のように押し寄せる濃すぎるキャラ達、息つく間もないほど早い展開、ニヤニヤしてしまう小ネタ。
全てが読者を魅了します。ネタ目当てで読んでいる人もいつしかどっぷりと……

三巻のキモはなんといってもちょい悪デブオヤジ五木島でしょう。
この男の活躍っぷりは素晴らしく一時期は阿鼻谷イラネ説まで出るほどでした。
まぁ、そんな考えも四巻では粉々に打ち砕かれることになると思いますが。

それ以外ではやはり美華さんと朝比奈さんの洗いっこのシーンでしょうかね。
作画と相まって何ともいえない雰囲気になってます。
おそろいの下着を着けているとことか、もうね……

……ネタっぽい感想を書いてしまいましたが、それ以外のところもしっかり作りこんであるので是非とも読んでみてやって下さい。
いつもそんなシーンばっかり取り上げている私がいうのもおかしなもんなんですが。

それにしてもキャラ紹介ページの水原が……初々しいなぁ。
今週号ではこの面影すらない……
やっぱり、個別感想を書いてしまいました。
恐るべきかな、ギャンブルフィッシュ。

絶望的な状況に陥り精神状態ボロボロになった水原ですが、杜夢の激励により、奮起。
凄まじい執念によりなんとかダイススタッキングを成功させます。

結果はトップに2個乗せの40点。
命がけのギャンブルに勝ったのは獅子堂学園クラス委員長、水原!
感じるか!?水原ッ、からの流れは素人がギャンブルに魅せられるサマを表しているようですごくカッコ良かったです。

今回の勝利は杜夢が作戦を考えたおかげでもあるのですが、それもこれも全て水原があの10分間を捻出したおかげ。
この試合は水原無くしては勝てなかったでしょうね。
おめでとう、水原。今のお前、一番輝いているよ……!

……そう言い切れないのが水原クオリティなわけで。
確かに東大に行って官僚になって国家のために働くという夢は立派だ。
最近の中学生にしてはとても真っ当なプランだ。

でも、そこから先!
適当なところで天下りして、のそこから先!!
なんだよメイドさんて! フリルとエプロンで色々って!!
どれだけ具体的な人生設計を立ててるんだ、コイツは……

しかも三つ編みからツインテール、果てはおかっぱまでありとあらゆるタイプのメイドさんを想定してやがるじゃねえか……

img669.jpg

↑水原の想像するメイド像

これじゃあ、ヨシヲくんごときじゃ勝てねーよ。
向こうは世界征服(笑)、こっちはフリルとエプロンで色々なんだぜ。
そこらへんのメイドじゃないんだぜ。寒くなったらパーカー着てビラ配りしてるような奴らと違うんだぜ。
本物のフリルとエプロン。それを独り占め……日本男子の本懐だね。

だがちょっと待って欲しい。
メイドさんはミニよりもロングの方が萌えるのでは無いだろうか。

……プライドを捨て、読者からの信頼も失った水原ですが、これからも応援してやりたいと思います。
見てみたいじゃないか、アイツが将来色々する姿をさ。
……その前に破滅してそうだけど……

さて。
ヨシヲくん、負けちゃったわけですが水原に刻まれるんでしょうか、アナル。
それとも、ヨシヲくんが台パンでもしてもう一波乱あるのでしょうか(予告の文章がなんか気になるんですよね)。

まぁ、仮にキノコの勝ちとしても刻まないでしょうね、アナルは。
いくら空気読めない水原でもそれはしないと思います。
それどころか、ヨシヲくんに救いの手を差し伸べ、兄弟関係になるなんて展開も。

そして、この勝負で人気が出た水原に近づく人たちを片っ端からぶちのめすヨシヲくん。
……正直、彼にはそういう役回りしか残されていないような……

次回のギャンブルフィッシュも見逃せませんね。
三人目の相手も出てくるでしょうし、月夜野さんの復活も時間的に次回がラストチャンスですしね。
まぁ、モーデル的に考えてまだウ○コ中だと思いますけど。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
・月初めに今月購入コミックリストという物をいつも自作するのですが、最近はもっぱらコイツを使ってます。

071105_1239~00011.jpg

近所の量販店で配ってるコミックリスト。これに印をつけるだけ。
作者名、出版社名で探す時もこれなら楽々。

・イーバンク銀行の口座をどうしようか考え中。ATM使うので。
……新生に乗り換えるべきだろうか。

・チャンピオン感想諸々は明日一気に更新予定ギャンブルフィッシュの感想しかかけませんでした……。土日は時間が全くとれないので。来週も同じ事になります。
それが終わったら……やっと楽になるかも。
いつも見てくれている皆様には申し訳ないです。

・ストブル難民になりました。後、SKET難民。
HUNTER×HUNTER
なんというマッハ突き。
龍星群が降る中、全く動じないユピーが素敵で強そう。
四妖拳ならぬ六妖拳だな。

ジャンプスクウェア
面白かった作品は、エンバーミング、Luck、かおすキッチン、まつりスペシャル、紅、PARマン、罪花罰、清く正しく、ギャグ漫、アキバ、テガミバチでした。
後、占いコーナーの福満しげゆき先生にびっくりした。

エンバーミング、Luckは期待通り。

まつりスペシャルはジャンプ読者が読んでも問題ない少女漫画。

紅はラノベのイラストレーターが漫画も作画というお得仕様で良いですね。ファンも満足なのでは?
内容も良い感じでした。原作も読みたくなったし。

PARマンはページ数<内容。

清く正しくはまだ何も言えませんが、まとまりが良かったのと絵が好きなので期待票。

ギャグ漫画、テガミは生き残り組なだけあって高水準。
クレイモアとロザリオは単行本を集めてないので何とも。

アキバはレポ漫画としては上出来かと。ていうか、風俗体験みたい。

かおすキッチンはジャンプ誌上であの手の内容をやった事を評価したい。後、ワタシ自身があの手の漫画が好きなので。

罪花罰はこれも私自身の好み。腐女子向けではなくて、私のような人間向けの作品かと。腐男子?

それ以外の作品はちょっと微妙でした。
特にHELLOBABY……小畑絵である必要性が全く感じられません。
内容的にも森田先生が作画すれば良かったのでは……

雑誌全体の感想としては、指摘されている通りまだターゲットをしぼりきれていない、といったところでしょうかね。
とはいえ、人々の目に留まらせるといった事は成功しているみたいなのですべり出しは上々なんじゃないでしょうか。
漫画は読んでももらわないとダメなわけで。

後は売り上げと相談しながら方向性を定めつつ、リピーターの確保をしていけばいいんじゃないでしょうかね。
とりあえず、3号までは様子見をしようと思います。
百合百合な表紙に見えて実は男というカオス。

エピソードG外伝(新連載)
アイオロス編スタート。
外伝の外伝って普通におかしいけど、とにかくスタート。
こうして見ると女の子が普通に可愛いですね。デフォルメ風な絵も良し。

本編みたいな感じにならなければ面白くなりそうです。今のところ、描き込みもキツクないし。
まぁ、本編も好きといえば好きなんですが月刊誌の印刷じゃ何やってるかわからないし……

ミカるんX
敵味方交えての湯浴みという異様なシチュエーション!
しかし、この風呂シーンまったくエロくない。
覗いている男もいないし、女同士なので裸を隠すという行為も全くエロくない。
ま、この作品にはエロはいらんですが。

コミカルな話を進めつつ、水面下で色々動きがある感じでしょうか。
るんなはともかくミカさんは良い性格してるわ。
後、最後のブラジャー薀蓄。良くそんな事知ってるな、と感心。
あれって本当なのかなぁ。

大凶ちゃんとしあわせな世界
いちごで猫神やおよろず連載中のFLIPFLOPsが本誌にも登場。
作品的にはいちごの作品と近い感じ。
ソツが無くて中々面白かったです。

ところで、セガサターンがクラスチェンジするとXBOXになるのですね。
……ドリキャスは?

メイドサンダー
メイドティーガーの太ももが果てしなくエロイです。
ちょっと肉が余ってるあたり。えろいよぉ。

シグルイ
なんというバイオハザード。
こんなゾンビがいたら確実にクリア不可能。
ここで足に刀を刺すんだろうな。うっしーは二度負ける……のか?

月光のカルネヴァーレ
ペルラが出てからだいぶ面白さが増してきたような。
それにしても単行本見かけないなぁ。

デッド・ソウル・リボルバー
パンツの表現に魂が入っていた。

どきどき魔女神判
こんなにパロディがあるのに話がまったく破綻しない……
むしろ、これらのパロディをいいスパイスにしてやがる!
ジャンプ放送局出身なだけあるなぁ。

個人的には今までのREDコミカライズ作品の中では一番の良作です。
まぁ、最後はどうなるかわからないけど、風呂敷畳むのもウマイからどうにもなるでしょう。
いや、いっそ投げっぱなしでも作品的には何の問題も無い。
気が早いけど、是非とも続編のコミカライズも担当してもらいたいです。

次回は本編でネタバレしてた通り、れんげどんの回です。

それにしても、文字だけとはいえ良くNice boat.をねじ込めたなぁ……
入稿ギリギリだったろうに。

ベクター・ケースファイル
朱に交われば……この作品もだいぶ赤くなり申した。
いや、なにあの無駄なエロス。

虫登場のシーンは相変わらず気持ち悪くて良かった。

フランケン・ふらん
単行本の表紙、詐欺もいいとこだろ、これはw
ジャケ買いした人が読む始めてのオチはうどん玉抽出か……くわばらくわばら。
今回もダークでマッドな内容で面白かったです。

ジャイアントロボ
実はアレも幻術というオチ。

絶対征服ヤミカミ
わぁ、なんか急展開。
俺アルマにも投稿してあげてるんだし……もう少し長い目で……
考えすぎかしら……

魔女の騎士
なんだか最終回風味。
オチはいつもと同じ感じですが、ギミックがいつもより良かったです。
単行本が11月20日発売。何度見てもすごい表紙ですね。成年誌マークがあっても違和感ゼロ。
しかし中身は総ルビさ。

赤の帝国
木々津克久インタビュー。
今までで一番インタビューらしかったんじゃなイカ?

DVドローム
前半と後半の文章のテンションが違いすぎて笑った。
毎回ここまで壊れた&欲望に忠実な文章を書けるなんて……マジで見習いたいです。
今までの分を小冊子でまとめて付録にしてくれないかなぁ。俺のためだけに。

次号予告
プレ連載、「BLASSREITER-genetic-」スタート。
廣瀬先生、お早いお帰りで。……え、また美少女二人組なの?

センターカラーはミカるんX。

付録はちぇんじ123チェンジング水着フィギュア。
まふゆに続いてこれまた出来が良さそう。個人的には楽しみです。
まるで100点のバーゲンセールだな……
なわけで、予想通りというか何というかで水月も100点。
まぁ、血縁者が10点入れるのはどうよ、という気もしますが、他の審査員も10点なので文句は出ないでしょう。

来週の展開は間違いなく「あんなヤツの料理にくやしい……でも、10点入れちゃう……ビクンビクン」になるでしょうね。
大谷は学習しない。でも、そこがええのや。

ふと思ったんですけど、今回の水月の料理って腕力あまり関係ないような……
むしろ、ジャンの方が力使ってそう。
足をケガし、本来のトスが打てなくなってしまった火野。
しかし、それでも会田はいつもどおりにアタックを決めていく。

その会田の姿を見て園部は奮起。
だが、最後に園部が止めたボールはコート外へ。
杉中、漆野に勝利ッ!

杉原の勝利に換気する女子、安堵する塩井先生。すっかり若返った松根先生。
三者三様の喜び方が印象深いです。

ラストシーンのハイタッチも良かったですね。
カミちゃんからの視点というのも印象深い。

これで、柾中が負けさえすれば杉原の本戦出場が確定という事になりますね。
とゆーことはもう廃部は免れたも同然でしょうか。
これ以上試合をやる意味も無いので桐条との試合は本戦までお預けになりそうですね。ケガもしてるし。

廃部阻止という目標が無くなった事によって、部員達がだらけてしまわなければいいのですが……(特に深山、真木、菊池先輩)
そうなるとまた部内で亀裂が発生しそうです。
まぁ、この試合でスポーツの楽しさに気づいていれば問題は無いのですが……
何はともあれ、第二戦勝利おめでとう!
・バイオハザード特集。36Pのミラ・ジョヴォヴィッチインタビュー。印刷のせいでミラの顔がゾンビ以上の恐怖。
・月例フレッシュまんが賞の三作品……ちゃんとペン使って描いたのか、これ?
・勇次郎、烈、独歩、渋川、ジャック集合! あれ、鎬と克己と寂さんは?
・もう少し早く更新できたらいいな、と他人事のように振舞ってみる。

バイオハザード特集
なぜか秋田と仲が良いカプコンさん。
出しているゲーム的には秋田で正解なのかしら。

来週と再来週にわたってバイオハザード漫画版掲載です。
初とか言ってるけど、前になんかでやってたような……
まぁ、こうやって大々的に押し出すのが初、と捕らえればいいか。
バイオの次は魔界村の漫画版を全8回ぐらいでやればいいと思うよ。

範馬刃牙
防護壁を顔力でぶち壊した勇次郎。
ストッキング被った芸人のような顔だ……
でも、今回はそれ以上に雑魚扱いされてる克己が哀れでした。
カギを差し出しちゃう鎬くんもね。

ところで、その防護壁ってピクルが小便かけまくったやつでは……

ストライプブルー
センターカラーは出番の少ないのりっぺ。
空、花ちゃんの織り成すアー坊争奪戦に入ることが出来るか!

空は100%落ちたと思うけど(演技ではないと思う)、何かの拍子にまた暗黒面が出てきそうですね。
これがほんとの地雷ヒロインであります。

クローバー
闇討ちかよ……
まぁ、有りといえば有りなんだが。

ナンバMG5
颯爽と剛登場。
陣内を倒しているだけに敗北は無いと思いますが、芹沢自体も実力はあるんですよねぇ。
それと、藤田さんが人質にとられそうな予感。彼女も地雷度では空にひけをとらないな。

イカ娘
イカ娘がまた可愛くなってなイカ?

ギャンブルフィッシュ
作品スレで見たダイス動画を見てモーデル吹いたw
この作品に出てくる技って実際に実現可能な技ばっかりなんですよねー。
作品の内容はとんでもないけど、そういうところはしっかりと作ってあっていいですね。

ANGEL VOICE
予想通りの展開ですね。
後、今更ですけどオフサイドのルールが良く分かりません。

冥王神話
初の彗星拳おめでとう。……ちゃんと使えたんだな……
さぁ、次はペガサスローリングクラッシュだ。
[週刊少年チャンピオン第49号]の続きを読む
忙しさの。
明日はバンバン更新できると思います。
ささっと更新できるコッチを先に。
今回の見所

・アクシズ
・共鳴
・長射程ならぬ超射程

今回の話でちょっとだけアレルヤを見直しました。
でも、そこはかとない死亡フラグ臭がします。
マイスターで誰かが死ぬとしたら彼しかいないような気がします。

デュナメスの狙撃は射程がすごすぎます。
スパロボに出たら射程50ぐらいありそう……

あ、そーいえば、まだOO関連の商品何一つ買ってません。
セルゲイ仕様のティエレンが欲しいんですが。
今週も個別感想です。
タイトルで思いっきりアナルって書いてしまいましたが、実際に書いてあるんだからだいじょぶでしょう。

ついに始まった2回戦。
水原が選んだダイスはカジノダイス。
ケツの準備も万端、いざ勝負! の前に水原が宵鮫に少しだけ練習をさせてくれと、提案します。
それを受ける宵鮫。しかし、その代わりに水原にキノコの鳴き真似をしろと要求。

さすが、真性サド。
相手を虐げる事に関してはお脳が良く回ります。
しかし、水原は腐ってもエリート校獅子堂学園の生徒(しかもクラス委員長)。
そんな事をやる筈がありま……

img668.jpg

やりました。

な、何という熱演……
確かに勝負事に下手なプライドを持ち込むのは良くありません。そういうヤツほど無様に負けるのが常。
ですが、ここまでやるとは思ってみませんでした。せいぜい、小声でちょこっとやるだけかと思ったのに……素晴らしい脇役魂です。

この熱演が功を奏したのか10分の練習時間を手にした水原。
自らのアナルを守るため(←本当に言った)、驚異の集中力でカップを振ります。
しかし、それでも限界はあります。積めるのはせいぜい三段が関の山。

デモンストレーションで軽々五段積みをしたヨシヲくんの敵ではありません。
絶望的な状況は変わらず試合開始。先行はYOSIWOくん。

何と彼はダイスをテーブルに叩きつけ、ダイスを宙に浮かせ無理やり六段積みをするという荒業に出たのでした。
そして、点数は6×6=36点。最大点かと思われた30点を大きく上回る結果に。

水原が積めるのはできて三段。チャンスは一回限り。
……この状況で何をどうしろと?
阿鼻谷は杜夢が何か仕掛けくると思っているのでしょうが、ワタシが杜夢だったら即効で退学してます。そのぐらい絶望的な状況ですよ。

それにしても少年誌でアナルという単語を堂々と目にすることになるとは思いませんでした。
え? 表現の問題? 教師の前での喫煙? でも、そんなの関係ねぇーー!
……単行本で直されてなきゃいいんですけど。

万が一直すとしたらどう直すのでしょうか。こうもん、とでも書く気なんですかね。
それとも正しい名称であるアヌスに変更でしょうか(誤用は教育上良くありませんものね)。
何にせよ、単行本化が楽しみです。

それにしても、ダイスゲームに入ってからやたらと、尻がピックアップされているような気がします。
月夜野さんの脱糞、菜っちゃんのわがままヒップ、キノコのアナル問題。

このままいくと、三回戦でも誰かが尻を狙われる事になると思うのですが……(順当に行けば杜夢ですね)
ひょっとすると対戦相手が真性ホモで、勝ったらオレの男汁を直腸注入させろとでも言ってくる気なのでは……
受け攻めいくつか予想しておいた方が良いかもしれません。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。