グレースタイル 2007年08月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.akitashoten.co.jp/CGI/new/new_listput.cgi?key=syousai&isbn=212174
公式ホームページより。

最終回に納得した人も出来なかった人にも朗報。
おそらく、茜と五十六以外の奴らの話になると思いますが……
それにしても、優しくて良い感じな表紙ですね。

ちなみに、ギャンブルフィッシュやフルセットの表紙も公開。
相変わらず、豪快な脱ぎっぷりですこと。
フルセットも良い感じの表紙です。何度見返してもエロいな。

9/7に出る秋田書店の単行本は13冊。財布と相談しておいたほうが良さそうです。
私は7冊ぐらい買うかな。
スポンサーサイト
サブタイトルと某三姉妹は何の関連性もございません。

すっかり忘れられていた佐藤田&エリザお嬢様コンビだったが、やっとここにきて登場。
何だか随分と念入りに縛られているな、佐藤田……
縛り+美少女の見下ろしつき……これまたマニアックなプレイだ。
ゾクセイもびっくりですよ。もうないけど。

それにしても、西条先生の描く貧乳娘は萌える。
私は心まで縛られたよ。

決勝戦の課題は牛肉料理。
中華で牛肉ってあんまり聞いた事ないけど……これがどう秋山潰しに影響するのだろうか。

……ああ、そうか。
わきの下に挟んだ牛肉をここで使うんだな!
塩分もすでに染み込み済みだし、手間も省ける!
おにぎりが食えるんだから牛肉も大丈夫さ!

……絶対にその展開は無いと言い切れないのが、ジャンの怖いところだな……
もし、そうなったら笑いをこらえる自信はありません。

ところで、水月が今回はかなり可愛く見えた。
コックコートを着ることにより、胸の大きさが緩和され、バランスが良くなったからだろうか。
ともあれ、この選択は正しいと思う。良くやった、西条。

ゾクセイの感想を描こうとメモ帳を立ち上げ、タイトルを書き、チャンピオンを見て気づきました。
君はもういないんだね……

ドラえもんがいなくなったのび太の気持ちがわかりました。

まぁ、それはおいといて。
ヴァルキリーコミックスが創刊されたようですね。
一冊ぐらい買おうと思うのですが、どれが一番お勧めなんでしょうかね。
パッと見では、インフィニティブレードに惹かれるのですが……情報求む。
メール返信
メールフォームからメールをいただいたのですが、アドレスが無く返信できないのでここで返しておきますね。

>投稿日 : 2007年08月25日
名前 : fake様

バキ検定を楽しんでいただきありがとうございました。
Q31の方ですが、手違いで両方に点が入るようになっていたので、直しておきました。
これで、一応100点は取れるようになっています。ちゃんと計算してあるので。
懲りずにまたやってみて下さい。

だいぶ、前に作ったものなので問題がかなり古いんですけどね……
チャンピオン検定でも作ろうかな……

ファイアーエムブレム
コツコツ進めて現在2部19章。
星のオーブを持たせて闘技場に突っ込ませたらカインが神成長を遂げました。

20070828232114.jpg

シーダ、シーマ、マリクと合わせてウチのエースとなれそうです。

20070828232556.jpg

20070828232607.jpg

20070828232614.jpg

まぁ、最後は城内戦だからマリクとシーマ以外は役に立たないのですが。

今日買った物
全部で三冊。

070828_2305~00011.jpg

070828_2306~00011.jpg

アットホームロマンス1巻とポケスペ27巻とホットミルク。

アットホームロマンスは宇都宮さんがお勧めしてくれたので、買ってきました。
オレは人に勧められるとホイホイ漫画を買っちゃう男なんだぜ。
面白かったから、後で感想書こうかな。

ポケスペは付録付きでした。月刊のはずなのに週刊以上のペースで単行本が出てますね……
山本先生が倒れない事を祈ります。

ホットミルクは何の気も無しに買いました。
いじょ。

隠れ萌え脳内解析メーカー
宇宙魔王しげさんのブログで紹介されていたのでやってみたっす。

まず、HN名から。

HN.jpg

アニメ萌えの比率も高いですが、ショタ萌え・美青年萌えという同姓萌えの比率も高いです。
うん。普段のオレだ。

次にサイト名。

guresuta.jpg

うわぁ、すげぇ狂ってる。
女体化萌えって事は元は同姓ですよね。
おやじ萌えと合わせて実に53%の同姓萌え。+近親相姦の殺人コンボ。
アットホームロマンスと巡り会うのは必然だったかもしれない。

最後に本名。

honnmyou.jpg

…………見なかった事にしよう。
ショタ、美少年、美青年、おやじ、女体化と同姓萌えをオール制覇してるような気がしますが、そこはスルーします。
あ、女装萌えが無い!
サムライうさぎ
これは萌える。
しかし、二十両って多くね? 裏があるよな、絶対。

うすた京介×増田こうすけ コラボ企画
どっちも面白かった。
個人的には増田こうすけに一票。

昇天してるじーさんがツボでした。

アイシールド21
つまり、栗田は精液の量が多くて濃度も高い、と。

SKET DANCE
ちょっと百合っぽい。

P2
メガネ貧乳お嬢……ポイント高いな。

アナアキ
なんかカオスな作品だねぇ。これを本誌にぶつけてきた気概は買うよ。
私は結構好きです。

ネウロ
血文字の演出が良かった。

郷田豪
あれ、終わった……
先週、最終回とかクライマックスとか言ってたっけ?
ま、しょうがいないか。私は結構好きでした。

次号予告
クレイモアが載ります。今度出るクレアのフィギュアかっこよかったっす。
烈コミックス創刊も決定。
お勧めはスクールメイトかな。
感想はこれまでどおり短くゆるくやっていきます。

KAORU
田口雅之、読み切り。
オチが良いです、救いがあって。アクションもカッコいい。
さて、次はどこで描くのかねぇ。個人的には週チャンに来て欲しいけど。

コンビニん
五年後て。
その間、サーシャは何をしていたんだろう。
安定して読めますね、毎度毎度。

ヴォイニッチホテル
いいのか、このネタは……

ハコイリ
ハッピーエンドで良かった良かった。単行本も出ますね。

ヤンほぼ
この婦警はあり。
穿いてないはリリンの生み出した文化の極みだよ。

しかし、乳首券発行が増えたな、先生。
ちょっと複雑です。

あいチャンネル
失楽天でも見たけど、こういうシチュは大好きなんだよね~。
でも、猫ならもっと良い。

EVILIVE
丸っこいベル子が可愛かったのに……
まぁ、この後に力を使い果たして戻るんでしょうね。

まるたろう
まるたろうの気持ちが良くわかりました。

ミルキー&ピンキー
イメージ図に笑った。
マスト屹立は女装物においての最大の醍醐味だね。

危さん
(この作品の)感想は難しいものですね。
……この漫画が好きすぎるんだが、どうしよう。

こういう作品があると、雑誌全体が(別の意味で)引き締まる感じで良いですね。
単行本が出たらゼッタイ買います。布教します。
妄想道とはぶちまける事と見つけたり。

ププッピDo!
危さんの後にこれを読むとトリップしそうなので、最後に読みました。

ピンクDEピンク
純愛だ。ハッピーエンドだ。良かった……
次は読み切りか、楽しみ。

松ヶ丘エンジェル
なんか急展開ですよ、エロスも爆発ですよ。

ビソーズ・アクメキャンプ
バカだ、バカすぎる。前半の手順、大体あってるし。
やったのかな?
まぁ、何というか……ぐっじょぶ!

愛と正義の輪舞曲 人狼戦士ウルフマン
柚木N´、初登場。
興奮して変身するヒーロー漫画。エロスは控えめでした。

私は好きです。かなり。


総評
つまらない作品と面白い作品の差が大きいです。
ギャグ系は基本的にどれも面白いと思います。
どれえじゃっきい、THE SEIJI、RIKI……みんな狂ってみんないい。
まるたろうは箸休め。

ミルキーピンキーも女装物としては悪くない出来。特に今回は。
ストーリー物はEVILIVEとコンビニん、松ヶ丘エンジェルが安定枠でしょうか。
ピンクDEピンクは終わっちゃったし。
愛と正義の輪舞曲は連載化しても無問題。

段々と脇が固まってきたので、後は看板が一つ欲しいな。
恋愛ジャンキーはあくまでもSSだし。
スクールメイトがストーリー面でもっと化けてくれれば……。

土居坂崎と松本ドリル研究所が連載始めないかなぁ。

ちなみに、掘骨先生とみた森先生は今回落としてました。
どちらも安定して読める作品だったので残念。

では、また次回。
あ、今回も三峯徹御大が載ってました。

次号予告
立原あゆみ「MY GIRL」 裏次郎「おさなづま」掲載。
何号だっけ、今週……

ホーリーランド
ベタでも何でも良い。今週のショウゴには震えたよ。
父ちゃんにもね。

マイ救出はかなりはしょられてしまって残念。
ソードマスターヤマトばりのはしょりっぷりだ。
マイは最寄の町へ解放しておいた……

さて、ショウゴが来週繰り出す技は……
①覇王翔吼拳
②南斗水鳥拳
③フライングクロスチョップ

まぁ、普通に考えて禁じ手ですかね。目突きとか、金的とか。
後、極め技+打撃とか。うー、燃えてきた。

ユリア100式
あー、確かに欧米っぽいノリだ。ついてけねぇ……
このテコ入れは成功だと思うのだけどどうだろう。

3月のライオン
このどこか抉られるような感覚……何といっていいんだろうか。
でも、悪くは無い。
ただ、これだけは言える。誌面から浮いてます、やっぱり。
今週は職殺が始まったから特にそう思えるよ……

DMC
ファンが出てくる回が一番好きです。

海の御先
アップの時に鼻を描かないと違和感があると思うの。特にあの場面は。

以上です。
そういえば、シグルイの広告が載ってましたね。
REDにも蛮勇引力の広告が載ってたし、山口貴由つながりで仲が良いのかな。
・ガーターはえろいのう
・カネゴンの貯金箱かメカ虫か迷うなぁ

ギャンブルフィッシュ
巻頭カラーです。やったね。
といっても、メインは阿鼻谷先生。誰がどう見ても魔族です。本当に(ry
いきなりポコペンポコペンダーレガツツイタとか言い出しても私は驚かない。

本編は杜夢が見事に勝利。
トリックのネタはゴキディレクションを使ってる間に、三人で球を動かしたというもの。

この状況になるにはかなりの不確定要素があるので、他にも手は考えていたんだろうなぁ……
水原と菜摘がしっかりと下僕化しているのが笑える。

そして、負けた朝比奈さんをアビィが詰る詰る。PTAの前っすよ、一応。
それとも、学園の名物教師化してしまっているのだろうか。
パンフレットにもドアップで載っていたりして。

さて、ラスボス=親父の線が濃くなってまいりました。
親父が杜夢の大事な人(ギャンブルを教えた人)をハメたとかそういう展開なのかな。
もし、そうだとしたら朝比奈さんと境遇が同じ→親近感を覚える→ラヴィ! という展開になってもおかしくない。
むしろ自然だ。合う、ツジツマが。

ナンバMG5
王道な展開だなぁ。
しかし、藤田先生の男性観はどうなっているんだ……
あれは八代将軍だろ。

みつどもえ
杉ちゃんの水着の布地の少なさにたまげる。
ひとはは毎度毎度トラウマを増やしているような……
そのうち、引きこもってしまうぞ、私と一緒に。

みっちゃんは登場する度に何か喰ってる気がするけど、まぁ、成長期だから許す。

THEフンドシ守護霊
フンドシを取り替えるというネタだけで最後までやりやがった。
失速感も全然感じず、このまま漫才に使えそうなぐらいの完成度。
こういう感じで行けるならテコ入れも何も必要無いわな。グレートっすよ。

[週刊少年チャンピオン第39号]の続きを読む
今日の更新はもう無いでっす
後、少しで勝てる。後、少しで。

スタミナ切れを懸念されるも、必死にボールに喰らいつく杉中メンバー。
中でも、火野は驚異の粘りを見せる。

ここにはぼくを見捨てる人は誰一人いない……

仲間のために、自分を変えるために。ボールに喰らいつく。
その姿を見て、叫ぶ灯。

だが、無情にもいばら中に点数が入り……

img605.jpg

マッチポイント……!

状況は絶望的。もうタンクも空っぽ。
でも、それでも火野は逃げなかった。
誰も彼を見捨てないから。だから、みんなのために……

img606.jpg

とる!

そして会田がアタックを決め、状況はジュース。
次号、決着ッ!

言葉を無駄に多用しないところがとても良かった。
台詞が少ないほうが緊張感を出せる。リアリティを生む。
阿比先生はは実に良く分かっておる喃。

次回は決着。心の底から杉中の勝利を祈る。

画像の出典:「フルセット!」 梅田阿比 秋田書店

予想通りの決着!
荀&沢田、同時敗退ッ!!

いやー、ここまで予想がドンピシャだった事は無いですね。
まぁ、誰にでも出来そうなぐらい簡単な予想だったんですが。
試合終了後のど突き合いまでは予想できませんでしたけどね。

荀の作ったエビチリは相乗効果が大して出ていなかったのが残念という事かな。
片方のエビを喰ってしまっているのは確かに痛い。

沢田のエビチリは確かに斬新すぎる。
先取りのしすぎは受け入れてもらえない事は、ドリームキャストが身をもって証明している。
考えてみると、「半歩先」は実に良いバランスだったんだな。

そして、予想通り準決勝をふっとばし決勝戦へ。
最近やたらめったら展開が速いので、少々怖いです。
掲載位置も厄いし。

チャンピオンはジャンプみたいなシステムでない事はわかっています。
予告ページでもそれなりにプッシュされている事も知ってます。
それでも、不安が消えません。

バキみたいに特集組むとかしてくれれば、安心なんですけどねぇ。
正直、予告ページが不安の種よりも怖いです。

不安ついでに、ジャンの奪われたアレ発言も気になるところ。
そんなに大事にしてた物あったっけ? 爺ちゃんの写真かしら。
そうだとしたら泣ける。

追記
ちなみに、一番食べたいと思ったのはブラドのエビチリ。
次にアリー、ジャンです。
>あなたは私の属性なんだから♥
この一言に作品の全て凝縮されているような気がしました。

そして、ついに……ゾクセイ完結ッ!!

当初の予定であった4話を大幅にクリアし、気がつけば83話ッ!
何の気も無しに始めたこの企画も気が付けば83回目ッ!!!

あー、なんか感慨深いなぁ……

実を言うと、最終回には今までの鬱憤を全てぶちまけようと思ってました。
内容を考えてワードに打っておいたんですよ。でも、さっきゴミ箱に捨てました。

だって出来ないじゃないですか。今までの自分を否定するなんて事。

……ついつい暴言も吐いたけど、全83回、精一杯感想書いたつもりです。

そして、松山先生。最後の最後にロリ貧乳萌えをぶちまけたその姿、感動しました。
また五年後ぐらいに週チャンで会いましょう。

ありがとう。僕のゾクセイ。

おまけ企画
個人的ゾクセイBEST3(本誌連載話数準拠)
4話「月下さんの場合」
50話「伊集院さんの場合」
82話「あずきちゃんの場合」
次点「秋町さんの場合」(おっぱいドラムの回です)

ゾクセイを通じてお友達になった方
無駄話さま

最後までつきあってくれた皆様へ
[ゾクセイ その83]の続きを読む
さーて、ジャンプの感想書こうかな!

ベルモンド
私の知っているジョルジュはこんなに強くない。
銀の弓とパルティアの輸送機じゃなかったのか、彼は。

私の知っているロランはこんなに弱くない。
ギンガナムと斬りあっても、一歩も引かなかったし。

まぁ、全部別の作品ですけどー。

テニプリ
たしけ先生は漫画界一フリーダムな人間だと思うんだ。

P2
ああ、つまり来週はシャワーシーンなんですね。
そして、何故か居合わせるアキラタン。

ワンピース
久々にこんなスピーディーなバトル見た。良いね。


赤マルジャンプ
ここから赤マルの感想。といっても、おろち2号以外は何かイマイチでした。

おろち2号
「才能ある奴は努力なんかするなよ」
……重みがあるな、この言葉。
一連の流れがすごく印象に残った。

以上でーす。遅れてごめんなさい。
後、もう更新予告やめます。守れないし。

チャンピオンRED連載、現在アニメ放映中のシグルイ公式ガイドブックです。

最大の目玉はかつてRED誌上で行われた「山口貴由100問100答」が載っている事。

Q.無人島に一つだけ持っていく物は? A.日本刀

このような素敵なやり取りが行われたアレです。
本誌で読んでない人は見ておくと良いでしょう。

その他にも、山口先生インタビューや作中の小道具紹介、シグルイいろはかるた等の企画が載っています。
少々、値が張りますが山口貴由に惚れこんでいるなら買っても損はありません。
シグルイが好き、の一点だけならお勧めはしません。
あくまでも山口貴由が好きな人向けです。私は満足でした。以上。
読む終わるのに時間がかかる→感想に時間がかかるのスパイラルです。
明日こそは……とか何とか言ってると結局更新できないんだよなぁ。
まぁ、夏だからしょうがないよね。


どきどき魔女神判(本格新連載)
とゆーわけで、本格的にスタート。
ゲームをやっていないので、原作との違いはわからない。

パロディが多いかなと思ったけど、読み返してみると気にならないレベル。
個人的にはコンバトラーネタが一番笑えました。

女の子は可愛いし、安心して読めるちょいエロコメになりそう。
八神先生ぐっじょぶです。

エル・カザド(最終回)
アニメよりも早く終わってしまいました。
一話目は結構話題になりましたが、それ以降は……
アニメがスパークしてからは空気度がさらに上がってしまったのも惜しい。
REDのメディアミックスは残念な出来というジンクスは払拭できなかったということか……
もっと地の利を生かせられれば良いのに……

絵が好きなんで次の作品に期待します。
ひとまずお疲れ様です。

プリンセスは身悶える(最終回)
こちらも、短期連載最終回。
安心して読めるエロコメだったのに、残念。
伏線も放置したままだし、ぜひ帰ってきて欲しい。
近いうちに戻ってくる可能性は充分ある……よね?
[チャンピオンRED10月号]の続きを読む
小学一年生の南るんなは、夢の中である謎の男と出会う。
彼女を待っていたという男は、るんなに魔法のブレスレットを渡す。

img601.jpg

心から願ったことをかなえてくれる魔法のブレスレット。
るんなは、それを使い両親の喧嘩を静めた。

その後、時は流れ、るんなはそのブレスレットと謎の男の事をすっかり忘れていった。

一方、パレスチナで遺物の発掘にはげむ鯨岡アスカとその娘ミカ。
遺物の発掘も終わったその直後……停戦中に関わらず、戦闘が始まってしまう。
その戦いに巻き込まれた鯨岡親子は、不幸にも着弾。
アスカは死亡、ミカは四肢が吹き飛ぶ重傷を負ってしまう。

img602.jpg

しかし、ミカの体は突如再生を始め、彼女は一命を取り留めた。
だが、結果としてミカはたった一人の家族を失うこととなった。

その後、聖アグリッパ学院の高等部に入学したミカ。
そこにはあの南るんなも在籍していた。
奇跡を起こす力を手にした少女と奇跡を体験した少女が出会った時、何かがおこる……
img603.jpg


拙い文章ですが、だいたいこんな感じの内容です。
プレ連載なので、本格的なスタートは次号から。

高遠先生の作風からいうと、女の子が出てきてどうのこうのでは終わらないかと。
巻末の美少女漫画ではなく、少女漫画という発言も気になります。ただの自嘲かもしれませんが。

最近のREDは萌え分が強めなので、是非ともこの作品に燃えと力を注入して欲しいところ。
当ブログはミカるんXを応援していきます。いじょ。

画像の出展:「ミカるんX」 高遠るい 秋田書店
※あらすじ紹介が難しいので、今後は純粋な感想のみになります。

さて……何から言っていいのか……
真性マゾと真性サドが一度にいらっしゃるとは……
アデプトってまともな性癖の人間いないのだろうか?

まぁ、奴らが異常すぎるからこそサーシャやまふゆのような普通の人間が清涼剤となってくれるんだろうが。
多少、いい加減なキャラ付けだったが、サーシャも段々人間らしい一面が見えてきた。
これで、もう少しイケイケキャラだったら……つくづくカーチャのキャラが憎い。

それと、新登場の委員長が可愛いですね。見ていて微笑ましいというか。
でも、次回あたりサクっと死にそうで怖い。今のところ、主要の生徒には大きな犠牲は出ていないけど……
死ぬ直前に告白とかさ……ありえるよなぁ。

ドラマCD情報
img604.jpg

原作エピソードの一つ「皇女の卵」にカットされた物語を追加したものになるようです。
これだけで、30分ぐらい話が作られているのだろうか。
多少、気になるが少し値段が高いかな……でも、発売日が発売日だし……
あ、発売日は当初の予定通り9/12のようです。購入者はお忘れなく。

画像の出典:「聖痕のクェイサー」 佐藤健悦×吉野弘幸 秋田書店
img598.jpg

これで、このコンビももっとメジャーに。

武装神姫については、公式ページを参照。
製品の彩色画像はここを参照するが吉。

これを機に神姫デビューしてみようかしら。
イーアネイラも気になっているんだけどねぇ。

おまけ
tuna.jpg

神楽つな、何やってんだー!

おまけのおまけ
img600.jpg

来月の付録フィギュアの彩色画像。
顔はそれなりですね。
……こすってる姿は誰にも見られたくないな。

一応、話題にはなっているみたいなので販促にはなる……かな。
まぁ、雑誌のお値段は上がってしまいましたが。

画像の出典:「チャンピオンRED 鉄の城」
やべ、ミカるんの感想間に合わない。
先にこっちアップして寝ます。お肌のために睡眠を。

漫画残暑3×3+1(無駄話殿)

ルール
週刊少年ジャンプ、週刊少年マガジン、週刊少年サンデーから思い出のある漫画を3冊ずつ+何か1冊紹介。

何度読んでも感動してしまう

この漫画が今の自分に影響を与えた

自分に子供ができたら読ませたいよ

以上の思いが詰まっていることが必要事項です。
それでは、追記からどうぞ。……なんかしめっぽい内容だなぁ。
[漫画残暑3×3+1]の続きを読む
・ウィ~・ア~・ザ・チャンピオンって、お前それ言いたかっただけちゃうんかと。
・勉強小僧……
・前半に感想が書いてある作品はお勧め作品です。目安にして下さい。

ナンバMG5
ここにきて剛の恋愛話。
うんうん、普通の学生生活の演出には欠かせないからな、こういうの。
でも、剛ならもっと普通の子(ry
いやいや、決して藤田さんが悪いと(ry

ギャンブルフィッシュ
この内容に感想を書けというのか……面白い作品の感想なんて面白いだけで充分だ。

ゴキがいればアビィとかいらないよね、とか思っていてマジでごめんなさい。

もちろんネタだけじゃなく、試合の方もしっかりと描かれていた。
朝比奈は相手の土俵に乗らず、あくまでもプロとして対応していれば負けなかっただろう。
何という皮肉だ。これは心が折れる。

まぁ、読者も別の意味で心を折られたわけですが。
あのベルトどこで売ってんだよ、コンチクショウ!

みつどもえ
三つ子全てにスポットが当たっていて、それぞれの立ち位置を再確認できた。
ひとはのクオリティの異常さも再認識。ひとはかわいいよひとは。
略してhkh

ダイモンズ
ロジャーを悪人と思わせるミスリードが上手い。
純粋すぎるがゆえに、大人の建前がわからなかった、許せなかったのだろうか。
ヒキが強く、次回も楽しみだ。

冥王神話
ハーデスが去ってその後……
テンマよりもテネオ(だよね?)の方が力があるのか。
さすがはアルデバランの弟子だ。

そしてタナトスとヒュプノスが登場。
上司の理不尽に耐えるパンドラの中間管理職っぷりに泣けたand興奮した。
刺客は暗殺タイプのキャラと予想してみる。

THEフンドシ守護霊
じーちゃんとばーちゃんと動物には大抵の人間は弱いもの。
……まさか、合わせ技で来やがるとは……

全体の流れが美しく、読後の感情も悲しみだけではない。
胸筋センサー等の小ネタも光っていて、とても良い話だった。

ビリーの時といい、細川先生は残された人間の感情を描くのが上手い。
悲しみだけでなく、何か別の感情もキャラに持たせている。
だから、読者は悲しくならずに済むんだろうなぁ。

[週刊少年チャンピオン第38号]の続きを読む
※ジャンのあらすじ紹介が難しくてしょうがないので、今後は完全に思ったことのみの文章になります。

料理漫画で私が重要視するものは、料理がいかに旨そうであるか、調理工程のダイナミックさ、そして食べた人間のリアクションである。

今回は「食べた人間のリアクション」が連載開始以来、最高に良く書けていたと思う。

このコマを見れば理由は言わずもがな。

img595.jpg

相手の分を奪ってまで食べる卑しい食べ方。
上品ぶっている家元でさえも、豹変してしまった。(本性を表したと言った方が正しいか)
それ程までに人を狂わせ、卑しくさせる魔性の料理であった事を数コマで表現していた。

今回は連載開始以来、トップレベルの回だと思う。
やはり、ジャンが料理を出すと盛り上がる。
相手の料理をただの反応と言い切るジャンも見ていて、安心した。

惜しむらくは調理工程のダイナミックさが欠けていた事。(水月の料理はそれが上手く描けていた)
短時間でエビミソをあれだけ取った事は評価できるが、やはりもう少しジャンの実力を見せつける描写が欲しかった。

さて、次は地味コンビの対決か……
この料理の後に審査員がまともな判断を下せるのだろうか。
「二人ともイマイチだのう」とか言って、両方ドボンの結末しか見えないのだけど。

それに、二人が消えれば伝統の三人決勝戦になるしね。
にしても、豹変した家元……ザーボンさんみたいだな。

画像の出典:「鉄鍋のジャン!R 頂上作戦」 西条真二/おやまけいこ 秋田書店
会田の渇により、裏返った火野。
相手チームの睨みにもしっかりと対応する。

だが、裏返ったと言ってもそれは精神面での話。
集中攻撃された際に消費した体力は戻ってはいない。
まだまだミスをしてしまう火野。しかし、それでも諦めない、動じない。

それを見て、奮起する菊ちゃん部長。

img592.jpg

自分にも何かできる事があるはず。
気合でボールをつなげる部長。

その部長を見て、会田はバックアタックの体勢に入る。
部長ならつなげてくれると信じて。

会田が火野以外のメンバーも頼りにし始めている。
何と美しいツンデレチームワークだろうか。

そして、つながるボール。

img593.jpg

バックアタックは成功した。
気持ちは勝っている! このまま押し切れる!……のだろうか……

今、確かに杉中は勝っている。点数だけ見れば。
だが、杉中には控えがいない。全員ぶっ通しで試合をする必要があるのだ。

一から部を立て直す系のスポーツ漫画では、度々こういう状況に陥る。
おそらくANGEL VOICEも似たような状況になる可能性が高い。ストブルは大丈夫。

また、良くつなげているといっても会田以外は素人に毛が生えたレベル。見たとおり体も小さい。
気持ちで勝っていても、環境と肉体では相手に負けているのだ。
灯の不安は現実のものとなってしまうのだろうか。

ここからが本当の試合、なのかもしれない。


補足感想
前回は火野と会田、今回は菊ちゃんにスポットが当たっていた。
今後は深山やカミちゃん、真木にもスポットを当てていくつもりなのだろうか。
真木くんメインの回は是非とも見たい。
といっても、この三人はある程度精神が出来ているところがあるので、そんな機会は無いかもしれないなぁ。

それと会田が足でボールを返した事だけど……

11img592.jpg

バレーのルールは10年ほど前に改正されており、全身のどこを使っても三打以内で返せば反則はとられない。(ただし、サーブは手のみ)
こうして見るとバレーってアグレッシブなスポーツだなぁ。
もしかしたら、今後足を主体にする選手も出てくるかもしれない。……この作品に限っては無いか、そういうの。

何にせよ、サッカー部の助っ人をしていた経験が役に立ったな、会田。

画像の出典:「フルセット!」 梅田阿比 秋田書店
ゾクセイ開始以来、初めての異能力系ヒロインの登場だ。
乳の大きさが既に能力とかいうキャラもいたはいたが、まぁ、それは置いといて。

トーンを使わない作画、クリーチャーの登場、下着を武器にするヒロインと今までに無い要素がてんこ盛りで満足した。
しかし、もっと早くからこの手のキャラや人外ヒロインを出せば良かったのでは無いだろうか。
ハーピーとかアルラウネとか好きな人はたくさんいるだろうに。

この作品に足りなかったのはファンタジー要素だったのかもしれない。

そんな事より次回最終回ですってよ、奥サマ。
なんか、もう……涙が出てきましたよ。
今なら夜叉猿を倒したバキの気持ちが良く分かります。
来週の感想を書き上げたとき……私は神になる。

さて、データベースとHPから感想を移さなきゃ……
忘れやすいから書いとこう。

ゾクセイ、フルセット、ジャン、チャンピオン、赤マルジャンプ感想。
後、REDと烈と先週のアニメシグルイか。
録画したアニメっていつでも見れるからついつい後回しにしちゃうなぁ。
グレンラガンはまたまとめてみよう。
すごく今更なんだ。すまない。

VITAセクスアリス
パロディ多いな。あまり考えずに頭空っぽにしつつ夢詰め込みながら読むと良さそうだ。
なるか、いちごの仮面ライダー電王。

話の展開がゆっくりなのが気になる。
隔月だから多少スピーディーに頼むよ、吉野さん。
少なくとも次々回までにはメイン全員出しておく必要があると思う。

アクションは舞-乙HiMEを彷彿とさせる出来で満足でした。

奥サマは小学生
何度見直しても気が狂っとる。

おとまりHONEY
あれ、1、2話よりもずっとずっと読めるぞ。
……そうか、友人の柳川が良いアクセントになっているんだ。
委員長も女の子してて今回は二重丸な内容だった。

メイドいんジャパン
狂ってるなぁ。
ただの萌え雑誌と思って読んだ人間を伊達にして返すような内容だ。
イカれた言語センスが素敵よ。メイドも色々と戦っているのね。

えんじがかり
ロリ漫画をあまり読まないにもオレにもわかる!
この作者は真性だッ! 濃い! 濃すぎるぞぉ!
重厚で非常によろしい。絶対に手放してはいけない作家だな。

ジャージとセレブとたんけんたい
ますたーきーとんを思い出させるような……
エロにおまけで話じゃなくて、エロを必然のものとする話作りが素晴らしい。
ベクターとの繋がりも匂わせていたので、いつか師匠達と共演させてほしいなぁ。
あ、こっちのキャラがベクターにお邪魔でも良い。具体的には河合泉たんが。

セーラー服と重戦車
今週も安定して面白かった。戦車に明るくなくても読めるのが嬉しい。
知識をひけらかすだけの作品だと、題材を知ろうとは思わないもんなー。
題材に興味を持たせてくれる点でも、これは非常に良作。

ねこたく
ロボット好きの主人公に好感が持てるので。

ペンギン娘
乳首が出ている分、向こうよりは良し。
でも、周りの連載陣と比べると……
まぁ、こっちで引き取ってもいいんじゃない? 

厳守!きまり学園
今更、スクライドネタ!? いや、嬉しかったけどさ……
段々とキャラが立ってきて面白くなってきたな。
このままいけば単行本は確実か。

猫神やおよろず
めかじき等の小ネタを混ぜつつ、しっかりとしたコメディになっている。
前回同様、文句無しに面白い。
繭のやる時はやるみたいな性格も良いなぁ。

山の学校はOH! バケバケ
REDに引き続きこちらでも連載。
良い箸休めとなっていて良い。

ちょっきんぱにっく
全作品が未完のチャンピオンBLUE……
チャンピオンの過去作品と、看板に男坂とシャーマンキングを持ってくればすぐにでも創刊できそうだ。
今更だけど、新鮮でおもしろーい。やぎーの底力を見た。

すんらぶ
前々回と前回は無理やりなエロだったが、今回はすんなりと読めた。
これをしばらく続けていくのは正解だと思う。

ぽかぽかばんぱいあ
これも良い箸休め。
個人的にはREDの奴より好き。

恒例の除霊がコレ
なんという力技……悪くは無いぞ。

かいけつ☆少女
わぁ、ネームが多い。
推理か美少女どっちかにすれば良かったんだけど。
まぁ、デビュー作にしてはなかなか良かったです。

次号予告
星矢エピGの岡田芽武が登場。
付録のキミキスコミックブックには大和田秀樹も。

大和田秀樹は理解できるけど、岡田芽武を本誌から呼んでくるとは……
何をさせる気なんだろう……エロか、どエロなのか!?

総評
何か足りないと思ったらカタナちゃんとあきばけが無い。
あの二作が無いと、どうにも……次回は載るよね?

それでも、2号よりは読める作品がだいぶ増えた気がする。
個々の作品が軌道に載りつつあるみたい。

ここに前述のカタナちゃん、あきばけ、まりお金田や石黒正数、渡辺航、国広あづさなんかを載せれば雑誌としてはかなりレベルアップするんじゃなかろうか。
モラルは別として。

後は、ちょくちょく本誌や週刊、月刊の作家に描かせればもう完璧。
駒都えーじの表紙に騙された読者をぶち壊す勢いで頼むぜ、編集部。

――かかる者の姿は「REDいちご強し」を世に知らしめ秋田書店の名声を高むるに至るなり――

ガンガンパワード掲載。

>天下を導く七星の英雄・「北辰天君」。
その中の二つの星である、災厄の星、破軍と貧狼。
禍星に選ばれた二人の人間が動くとき、激動の時代が始まる。

設定はどこにでもありがちなアジアンファンタジー作品です。
キャラが気を操って戦うところとかもありがち。

真っ当すぎる内容なだけに、変化球を望んでいる人にはお勧めできないかも。
逆に、ストレートな少年漫画が読みたい! って人にはかなりお勧めできる作品かと。
もちろん、アジアンテイスト好きにもお勧め。

1巻時点では、特筆すべき所は無し。
この手の作品は4巻ぐらいまで、さらに言えば仲間が出揃いお膳立てが整うまではじっくりと待った方が良いかと思います。
その過程も面白く描いてくれれば最高ですけど。

あえてマイナス点を言わせてもらうと荒川先生の持ち味が少し殺されているような……?(原作付きだから?)
それと弓使いが女好きという設定はいただけないな、と思います。
弓使いはどこか冷静でないといけないんじゃなかろうか。偏見だけど。

まぁ、これからの展開次第ではどうとでもなりそうです。
2巻以降に期待です。

追記
話の内容とは関係ないですが、初版がかなり減数されたみたいです。
発売日にゲットできた人はラッキーだったかも。

ただいワンフェス。
疲れているから今回は三作品だけ。
アニメはまだ見てない。ラガンはもう3話たまってる。

ホーリーランド
ショウゴォォォォ!
ところで、ユウが腕をやられちまったわけだが……今後、戦う機会はあるのかねぇ。

ケガを治すにしても時間がかなり必要だし。
やっぱりキング編で終わりかな。

ユリア100式
なんか良いな、この新キャラ。わびさびが無くて。
洋モノの大半は陽気な音楽とオーバーリアクション、臀部へのスパンキングで出来ております。

3月のライオン
おお、また巻頭だよ。力入れてるなぁ。
今回は対局が描かれました。1話の時より駒と盤がらしくなっていて良い。

ところで、隔週になって体は追いついているのかのぉ。
ホビージャパンのコラムで死にそうとか書いてたけど……
はだしのゲンを見た後、紋章をやってたらこんな時間に。
むちゃんこ強く育ったカインを紹介して今日はもう寝ます。オヤスミ。

fe12.jpg

追記
笑っちゃうほど……
ドンマイ、秋田書店としか言いようが無い。
ちなみに、肝心のアキバの状況。
週刊が無ければ月刊を読めばいいじゃない。

ドロップ
長期になりそうでいて、達也越えさえしてしまえば畳めるという安心展開。
コミックカバー良かったよ。

銀二
空手のシーンの描き方がほんとにうめぇなぁ。
えいしゃあだのせいやぁだのちゃんと描いてるから臨場感があるよ。
あんなにキレイに飛びヒザがヒットしたらレフェリー的にも終わらせなきゃいけないと思うのだがどうか。

明日のよいち
子供服を着てピッチピッチのムッチムッチなんて素晴らしい妄想力をお持ちですね、先生。
ハイパーオーラ斬りとか打てますよ、これなら。
近頃のじょせーは素晴らしいのぉ。

野球しようぜ
秋田書店の野球漫画って基本的にハズレが無いと思う。
これも見ていて楽しい。

グリグラ
香西兄弟は何かやってる動き。と見せかけてやっていないのが不良漫画なのです。

あゆまゆ
わぁ、単行本が出たのに掲載位置がめっちゃ後ろ。
相変わらず話の展開がマッハです。兄貴のサバイバル力が素敵。

ハミングバード(前後編読みきり)
読みきりはもう少し前に載せてやろうぜ。
鳥類専門獣医師漫画。

鳥の薀蓄とドラマが良い感じな按配で面白い。
人間のエゴというテーマもしっかりと描けてる。
読みきりレベルでこの出来はスゴイ。後編も楽しみ。

巻末コメント
本当の危険というものが誌面から伝わってきた。

今月の巻末コメントの質問はこれ。

kannmatu.jpg


それに対し、銀二の野部先生の返答がこちら。

kannmatu1.jpg

秋田書店には魔物が住んでいるらしい。
受付のお姉さんを見に行こうツアーはやめた方がいいかもしれない。

まず欠点から。
内容が薄い。
その薄さといったら、単行本を読んだ後に今月の月チャンを読んでも違和感が全く無いぐらい薄い。(1話抜かしているはずなのに)

信濃川ヒロシが漫画の不良(彼の目標とする)のあり方を勘違いしすぎているのも気になる。
彼の考え方は彼の目標とする主人公格の登場人物のそれではなく、敵の三下の考え方だ。
そのせいで主人公がちっぽけに見える。

後、これはしょうがない事なのかもしれないが、信濃川ヒロシを見るたびに品川祐の顔がちらついてしょうがない。
帯とカバーの折り返しに顔が載っているから余計。

品川祐のPNがここぞとばかりに「ヒロシ」となっているのも気になるが、そこはファン心理を汲んであげたい。

次に作品唯一の長所。
それは何といっても鈴木ダイの作画。

やはり、実力のある漫画家だけあって迫力のあるシーンは毎話ごとにある。
特に井口達也VSカバ夫の喧嘩シーンはすごい迫力。無駄に台詞が無いのも+。

img589.jpg


結論としては……鈴木ダイファンなら買ってもOK。画集として楽しめば良い。
ストーリーは上で書いてある通り。少なくとも私は期待していません。
以上。

ま、色々言っちゃったけど、この作品をきっかけにダイファンが増えてくれればそれはそれで喜ばしい事。
そして、いつの日か週刊にカムバックして欲しいなぁ。

第一話の感想はこちら

画像の出典:「ドロップ」 品川ヒロシ/鈴木大/高橋ヒロシ 秋田書店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。