グレースタイル 2007年06月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・これはいい表紙。ていうかグラビア。
バキいらんがな。ヤンキーフィギュアと怪奇はちっちゃいから許す。
とりあえず、切り抜いてマイAKITAファイルに永久保存。

・携帯コミック、車田星矢とオパツがラインナップ入り。
一千万歩譲って車田はまだわかるけど、オパツも?
これは一種の再開フラグか、切り抜きしていない奴は金払って見づらい携帯で読めという遠回しな嫌味か。

・Wii版バイオハザードが当たった。BL入りしている筈なのに。
これをやるから秋田書店から縁を切れという遠回しな(ry

・好きな食べ物リストに信玄もち追加。


ヤンキーフィギュア(新連載)
復活。たぶん、新連載だと思う。
復活一話目なので、筆児と桜井さんの関係と設定のおさらい。
全体の出来としては問題なし。

ただ、ヒツジがあんまりにも「萌え萌え」言うのが腹が立つ。
そりゃね、可愛いフィギュアを見てそういう気持ちは湧くけどね。
普通は口に出して言わないから、そういう言葉。例え自室に一人の時でも言わない。
テレビで良く見る捏造オタクみたいな感じがするんだよなぁ。

絵自体は前回よりもだいぶ進歩してて可愛くなっているので、後はこれからの転がし方次第かな。
チャンピオン単行本戦争は厳しいぞ。

現代怪奇絵巻
ネタは良い感じだったんだけど、流石に三本立てはキツイか。
しかし、巻頭に持ってきたりカラーあげたりしてんだから単行本出してやればいいのに。
アンケは取れてるみたいだし。なんなら受注生産でも良いぜ。

三本立てできついなら、単行本はなおさら無理だろうと思うでしょうけど、それは一気読みしようとするからで、ブログ更新の合間とかに見るなら最適なタイプだと思います。

ギャンブルフィッシュ
ことごとく失敗するゴキ作戦。帽子を噛んで悔しがる様子がどうみてもヒロインです。
ラストで杜夢が言いつけたことはやっぱり、ブレーカー落としかな。

……そうか! いきなり窓から鳥が入り込み観客がそれに驚いている間に、盤面を180度回転させる作戦だな!

冥王神話
射手座登場!
見開きの本当の使い方を見たような気がする。

十二宮がこのまま破られる事はないだろうからハーデスVS射手座という展開になるだろうか。
しかし、今週のサーシャはエロチックな表情をしてますねぇ。

射手座の名前はシジフォス。シジフォスって岩を延々と山頂に運ぶことを命じられたあのシジフォスか? 
不条理・無意味、って事だよねぇ。なんかすっごく厄いです。死臭がします。

ストライプブルー
「花ちゃんのプライドは俺に崩される為に築いてきたんだからな」

とはいえ、良い方向に転がったみたいで良かったな花ちゃん。
そんな花ちゃんの奮闘を「前座」の一言で片付ける段田が何気に酷い。

椿ナイトクラブ
ついに……ついに終わりが見えてきてしまった。
例えどのような最終回がきても、一人のファンとしてしっかりそれを見届けようと思う。
最終回の感想は気合を入れて書こう。

気のせいか三人組の表情も物悲しい。
しかし、茜パパのエロスへの情熱は中二男子を超えてるな。1013って……

[週刊少年チャンピオン第31号]の続きを読む
スポンサーサイト
なんてインパクトのある扉絵なんだ……

……沢田がフレイザード鉄板でエビを調理する。
沢田の対戦相手は筍。彼は筍の弱点を「意表を突かれる事」と判断した。

筍が今までに負けてきた相手はセレーヌ楊、陸顔王。
確かにこの二人、意表をついた料理人である。陸顔王は微妙だけど。
負けた対戦相手の傾向から弱点をうかがう。沢田も少しは成長したのか。
まぁ、筍が実力不足で負けただけかも知れないけど。

一方の筍は、沢田の弱点を「王道」と判断した。
沢田はパフォーマンスばかりでまじめな料理に弱かった。
なので、自分は王道のエビチリで勝負するという。

ちなみに、今まで沢田が負けてきた相手はジャンとキリコ。
……これって普通に相手が悪かっただけじゃ……まぁ、いいか。

ともあれ、二人のエビチリのスタイルが決まった。
水月とソフィがパワーVSスピードにしているに対し、こちらは意表VS王道の構図になっているのか。
トーナメントバトルという事を意識した展開だな。上手いぞ、西条先生。

でもさ、沢田が意表、筍が王道って……
それ、お前らのいつもの料理のスタイルと全く一緒じゃねーかよ。
……進歩ねーな。

変わって、こちらはブラドVSブルー。
鬼気迫る表情でエビを調理するブラドに対し、余裕綽々とエビを調理するブルー。
こちらも面白い構図が出来上がっている。

余裕綽々とは言っても、ブルーは勝負においては油断をしない。(一回戦を見る限り)
ブラドが勝つ可能性はかなり低い。執念が実力差を上回れるのだろうか。

しかし、ブラド……あまりにも料理に集中するあまりシコルスキー語が出ちゃってるぞ。
日本語オーケー?

そして、我らのジャンは……え、エビが無くなってる!
一体、あの量をどうやって調理したと言うんだ。
始めのページではまだ山盛りだったのに! まさか……食ったのか?

今週はちょっと感想を頑張りすぎた。ていうか、長いな。

巻末コメント
板垣先生がなぜか西条先生の事を気にかけていた。
やっぱり、誰の目から見てもあの巨乳と体のバランスはおか(ry
西条先生はまだ霊障に悩まされているようだ。加護女さんにどうにかしてもらった方が良くないか?
ああ、でもあの人はショタ専だ。

巻末では板垣→西条だったけど、本編では西条→板垣だった。
シコル語を話すブラドといい、唐突に登場したバキっぽい奴といい。

img545.jpg

仲いいなぁ、君達。
まぁ、板垣恵介とは仲良いに越したことは無いよね。
だって、ほら、打ち切りの可能性が少しでも減るじゃん。

画像の出典:「鉄鍋のジャン!R 頂上作戦」 西条真二/おやまけいこ 秋田書店
ついに総体が始まる。
初戦の相手は柾中。
実力的には上位三校よりもだいぶ劣るチームらしい。

確かに試合前に相手を挑発するほど暇らしい。ちゃんと練習せい。
しかし、このチームに勝てなければ上位三校に勝てるわけも無い。
気合を入れる火野達。

……が、会田が来ない。
バレー部のメンバーは五人。バレーの試合に必要な人数は六人。
そう、会田が来なければ勝利どころか試合すらも不可能。

それを知ってか知らずかまったく現れる気配の無い会田。
そして、火野達に告げられた結果は……

――不戦敗――

そしてタイミングを見計らったかのように登場する会田。
確かにコイツ、総体へ行くとは行ったが試合に出るとは一言も言ってない……多分。
いや、しかし、このままではバレー部は……マジでどうなる、次回!

普通の漫画だったら不戦敗、と告げられるところで「ちょっと待った!」的な展開で登場するところなんだけど、見事に予想が裏切られた。
無理やりにでも強豪校と戦わせる展開へ持ってきたか。うん、良いねこの展開。
逆境を乗り越えてこそ絆は深まるのだ!
もう何がなんやら……
説明するまでも無く超巨乳です、には笑わせてもらったけど。
椿ナイトクラブの世界観が可愛く見えるよ。


琴子
芸能プロダクションの社長に拾われハッピーエンド! なわけねぇだろ!
家政婦が琴子をいびったり親父にある事ない事吹き込んだり、新しい姉が琴子の才能に嫉妬していびったりする展開が手に取るように見えるな……
黒い……黒いですよ。
受かってました。おやすみ。
また読んできた。
ホーリーランドとベルセルクとユリアと海。
のの美とまじすととDMC読むの忘れた。ついでにユリアの内容忘れた。

ベルセルクがあると雑誌の空気が違うねぇ。アザン分補給。

ホリランはユウの居場所ももう見つかったようなもんだし、最近の展開的にもキング編で最終回なのかねぇ。
逆転ホームランでラスボスはショウゴ。あの世で俺にわび続けろ的な存在だしね。

海は……んー、三月のライオンが始まるからもう読まなくていいかも。

つうか、休載こんなに多いのに値段据え置きっておかしくないか。
水島先生を見習え。
070627_1820~00011.jpg

070627_1820~00021.jpg


両方ともコンビニで買えます。
究極大怪獣シリーズはもう100円値下げしてほしい。でも、出来はスゴイ。
るろ剣も満足の出来。こっちは400円。

これからはこうしたやる気の欠片も無い記事もちょくちょく書いていこうと思います。

ちなみに、次弾では私の好きなエレキングがラインナップされる予定みたいです。
http://www.square-enix.co.jp/se-shop/blog/
単色入りじゃありませんように……1箱でコンプしますように……
単色入りじゃありませんように……1箱でコンプしますように……
単色入りじゃありませんように……1箱でコンプしますように……

ラムザとアグリアスの出来が良ければイイナ
写真を見る限りなんか不安なんだよなぁ。
いしかわじゅんHPにて。
>コミックボンボン休刊か……。
朝日ソノラマがなくなって、ネムキはどうなるんだ。
漫画誌はどこも厳しいな。

( ゚д゚)
私を冥府魔道に叩き込んだ漫画誌が……
いや、まだ確定したわけでは……ああ、でも有り得る話だし。
まこりんと藤異先生とじゅきあきら先生どうするん?

追記
ボンボンが無くなったら子供達にガンダムの楽しさをどう伝えればいいのでしょう。
いきなりガンダムエースはキツイと思うのだが。

それにコロコロ派ボンボン派の論争もできなくなってしまう。

誤報であってくれれば、「良かった。休刊する雑誌は無かったんだね」と美談で終われるのですが。
しかし、こんな噂が立つほどボロボロになっていたのか……

BB三国伝とデルトラ効果でどうにかなってくれればいいのだけど。
前にもUCCのコーヒーは飲んだ事があるのでわかってたんだが……やっぱり甘すぎだろ、これ。
フィギュアが当たる頃には糖尿になってそうなんですが。
せめてブラックで出してほしいねぇ、こういうのは。もう飲まないけど。

ちなみに、ゲンドウの待受け画面でした。要はハズレです。


ヤングチャンピオン連載。ホリユウスケ作。
>修学旅行にいった15人の学生達が無人島へ流されて……

タイトルからもわかるとおりギャグ漫画です。
ギャグは下ネタ……というか、全篇にわたってちんこのネタです。
全ての物事をちんこと勃起力で解決する漫画です。

頭の中を空っぽにして読むと面白いタイプの漫画です。
私もいくつかのページで笑いました。沸点が低いだけかもしれませんが。

ちなみに、帯は藤子不二雄A先生の書き下ろし。いや、マジで。
中古で買うと大抵は帯が無いので買うなら新品をお勧めします。
決して帯が本体と言っているわけじゃないですよ?

出来れば、本誌で軽く読んでおいた方が吉。
でも、本誌で読むと面白くないんだよな……単行本で読むと面白いタイプの漫画です。



ついでにこっちも貼っとこう。
今週もソフトプレゼントが多い。全然当たんないけど。

必殺動物部
面白い……でもまとまり過ぎてて話す事が無いなぁ。
もう少し煮詰めれば連載もいけるかもしれん。

サムライうさぎ
マロが大将なのか。兜犬がなんか可愛かった。

アイシールド21
どうみても一秒経ってるけど面白くて熱いから良し。

To LOVEる
闇も小手川さんも追い上げたねぇ。複数投票可能だったんだっけ?

瞳のカトブレパス
瞳の射程距離ってどのくらいなんだっけ。
視力の限り、とかだったら相手が出てきた瞬間終わるしね。
とりあえず、炎より志村の方が強いと思います。

テニプリ
中学生にして選手生命の危機になりそうな。

こち亀
アシさん稼働率最高潮。メタルに漢を感じる感覚はよく分かる。

バレーボール
確かに怒るのも無理は無い。

P2
ぬぉぉぉぉ! 先生の下着姿がぁ! エロくないけど。
梟宇妹と遊部姉の登場にはびっくりした。

エム×ゼロ
このまま元の展開を辿りそうな予感。
エムゼロな意味無くなっちゃうもんな。

ラルグラ
こんな所にもカトブレパスが。

次号予告
エム×ゼロ巻頭カラー。
クレイモアが週ジャンにて雨宿り。……本編そのままいくのかな?


もう売ってたから買ってきた。
∀ガンダムファンにはたまらん。8月にはMG∀も出るしね。今年は∀の年だね。
エクシア? ああ、ヤドランみたいなアレか。

詳細は本人のブログを見るが早し。
なんか結構小ネタもあったよ。108?
1182389125764.jpg

かっこいい。欲しい。でも高い。
欲望の玩具三重苦。
グラビアメインかと思いきやナンバメイン。
緑を基調としたカラーですごく良い。

DS当たりませんでした。
きっと私の名前はブラックリスト入りしているんでしょう。

我が拳に迷い無し(読切り)
新人賞、受賞作。作者は内藤拳一狼。(すげぇPNだ)
内容は空手ギャグと見せかけてのお色気ギャグ。それも全部おっぱいネタ。
なんというか、作者の嗜好が良くわかる作品だった。

主人公は良い味出してるんだが……女性6人は多すぎたかもしれん。
とはいえ、読切りとしては充分な出来だったかな。
絵は上手だと思うので、次は違うジャンルの漫画を描いてほしいなぁ。
それこそ、空手漫画とか日本拳法とか。ちょうどPNもそんな感じっぽいしね。

ヘレンesp(最終回)
結局、espの正体も親殺しの真相も何もわからず終わってしまった。
でも、そんな事はマジでどうでも良くなるほど良いラストだった。
うまくはいえないけど、本当に良かったよ。

月刊が一段落したら(ふらんも続けてほしいけど)是非ともまた帰ってきてほしい。
だって、ヘレンの制服姿とかみたいじゃん!

ギャンブルフィッシュ
ことごとく作戦を失敗するゴキ。
いやぁ、萌えた萌えた。挙句の果てにはアッチョンブリケですよ。
確かにチャンピオンといえばソレだもんなぁ。

ショットを打った時の朝比奈さんの顔はどうみても30代でした。
お待ちなさいはザラキに匹敵する言葉ですな。

ストライプブルー
公衆の面前に晒されて真っ赤になる花ちゃん……!
これ、どこの成年誌?
迂闊にものりっぺ派の私が引き込まれそうになってしまいましたよ、危ない危ない。

平太は間違いなくS性質だな。
後、少しぐらい打たれた方がバッティングピッチャーとしては印象が良いよね。
精神面は別として。

冥王神話
タイタンズノヴァ!
あ、アルデバランが勝ったぁ!

良くて相打ちかと思ったけどまさか勝っちまうなんて……
終わりよければ全て良し! 感動した!
にしてもタイタンズノヴァ、とんでもない威力だな。
あれじゃ十二宮では使えないわな。

椿ナイトクラブ
あれ……なんだか見てるこっちが恥ずかしいぞ。
五十六が茜を好きなのは誰でも知っている。
でも、ここまで第三者にはっきり言われると……ああっ、恥ずかしいよぉ。

……そうか、これがセブンセンシズなのか。煮えろ、オレの小宇宙。
……椿ナイトクラブってラブコメだったんだなぁ。

[週刊少年チャンピオン第30号]の続きを読む
なかよし大作戦の後も足繁く会田の下へ通う火野。
会田には迷いが生じていくのであった。

そして、園芸部では……部員全てが総体へ向けて練習していたのであった!

……あれ、なんかおかしいぞ?
確かに一週間で会田が加入しても問題ないレベルまで引き上げるために練習はしていたけど……
以前とは部員達の目の色が違う。

喧嘩していた菊池先輩も戻ってきているし、深山のボール恐怖症も何とかなっている。
部員達に意識改革が起こっている。
これは……どういうことだ。ひょっとして女子パワーかっ!

確かにあのレベルの女子に指導してもらえるならやる気とか変な気とか色々出てしまうかもしれん……
ともあれ部員達に火がついた。後はもう一人だけだ。

しかし、真木くん……火野のユニフォームを作ってやるのはいいんだけど……

img543.jpg

それって普通はヒロインのする事じゃないかしら?
いや、まぁ、いいんだけどね。俺だったら喜んで着ちゃうもん。

大会当日。
屋代先生の車で体育館へ向かう火野とカミちゃん。
そこへ塩井先生が現れて……

img544.jpg

お願いします。
多数の読者が同じ事を考えたであろう。叫んだであろう。
強烈な一言であった。

来週はいよいよ試合開始。連載開始以来、初試合だ。
梅田阿比はバレーの試合を描くことが出来るのか。背徳的な世界を壊すことなく描くことが出来るのか。
出来る、出来るのだ。

単行本のページ合わせか、編集の指示か、はたまた予定していた事かはわからないが、今回は異常なまでの展開の早さだった。
でも、面白さ減ってない、不思議。フルセットの感想を書くの楽しい、幸せ。
フルセットの単行本……2000円でも俺は買う。

画像の出典:「フルセット!」 梅田阿比 秋田書店


チャンピオンRED掲載。
各話の感想はこちらを参照。

作品について
今作、「ベクター・ケースファイル」は週刊少年チャンピオンで連載されていた「サイカチ」のスピンオフ作品。
ですが、大人の事情で元ネタのサイカチは現在1巻までしか出版されておりません。(単行本にすると4巻分ぐらいはあるのですが)

一応、今月のチャンピオンREDにはサイカチ小冊子がついていますが、ベクターしか知らない読者にはあまり関係ない内容です。
が、描き下ろしもあるので少しでも気になった人は手に入れておくと良いでしょう。
雑誌の付録は出回りにくいですし。

概要
ベクター(衛生害虫)が人の生活圏で引き起こす様々な出来事を虫マニア女子高生榎稲穂が解決していくといったもの。
作中で描かれる虫は普通に生活していれば、比較的よく見かけるレベルの虫達。
また扱う出来事も食中毒やゴミの山など良く知られている社会問題を交えたものも多いです。

つまり、非常に身近な出来事を題材にした作品という事です。
そこに虫が加わっただけ。敷居が低いので、誰でも楽しめる事ができます。
予備知識などいらぬ。

メインが虫なので当然ながら虫の描写は段違いに多いです。
そして、作画も手を抜いていない。

img541.jpg

細部まで丁寧に描かれています。
虫嫌いの人はキツイかもしれません。(私は絵や映像なら平気)

でも、そんな人への救済措置のためにちゃんとエロもあります。

img542.jpg

虫嫌いの人はエロで中和しながらお楽しみください。
ただ、小さいお子様にはお勧めできませんけど。
まぁ、お子様が興味を示すような虫はあまり出てきませんがね。

テーマ
主人公の稲穂は決して虫を「悪」と見ていません。
たとえそれが「ベクター」であっても。

この作品のテーマは虫を徹底的に「排除」する事ではなく虫との「共生」なのです。

ひょっとすると今作品の本当のターゲットは虫好きではなく、虫嫌いの人なのかもしれません。
愛が溢れている良い漫画ですので、ぜひご一読を。

参考レビュー
しばた@OHP
ベクター・ケースファイルレビュー色々

画像の出典:「ベクター・ケースファイル 稲穂の昆虫記」 藤見泰高×カミムラ晋作 秋田書店

追記
言い忘れていましたが、本誌で連載を追っていた方も楽しめるように描き下ろし短編、補足ムシちく、カバー裏ギミック等おまけも盛りだくさんですよ。

……今度は2巻が出ますように……
こんな……なぜ……嘘だろ……→そびえ立つエビの山! のコンボは卑怯すぎるw

ジャンの事はそこそこに、ソフィの調理が始まる。
恐ろしい早さでエビを調理していくソフィ。ツイスターの通り名は伊達じゃないってか。
一方、対戦相手の水月も驚異的なパワーでエビを調理していた。

ここで水月の回想が入る。どうやら日堂と水月は本当の親子ではない模様。
日堂なら有り得ると思っていただけに裏切られた気分だぜ。
水月のパワーは生まれながらのものだったのね。
花山薫女性版だと思っておこう。

しかし、こうしてみるとパワー対スピードという少年漫画らしいバトルになってるんだなぁ。
でも、回想を見る限りだと水月って料理歴短いのか? そうなると経験の差が出てきそうだ。

キリコですら回想は無いのに優遇されている水月であった。
まぁ、キリコの回想よりは小此木の方が見たいけど。
何で五番町飯店で働く事になったのか、とか。

あ、そうそう。おっぱいの大きさは回想時ぐらいが丁度良いと思います。
どうみてもグレンラガンです。
巻末コメントも全国誌にも関わらず2ちゃんの書き込みレベルです。
本当にありがとうございました。

ついでに先生の名前が第2話のキャラの使い回しです。
それに、最後のコマは有り得ないだろ……体勢的に。
今週はあまりにもヒドいぜ、せーじくん。
朽葉編クライマックス。
結局のところ、葵=悠というトリックだったか。
連載開始以来初めて本気を出した(?)サーシャは結構強かった。

まふゆが聖乳要員になったのはびっくりだ。
てっきりバトル要員になると思っていたのに。

ただ、ソーマを与えるシーンは美しかった。
まふゆはかつてのオーリャのように、サーシャにとってのマリアになっていくんだろうか。
ただ、しばらくは「私はお姉さんの変わりなの」的な展開が続くかもしれない。

見てるほうはもどかしい。
http://www.yotuba.com/
これは良いものだ。
REDのふろくー。
本編での闘虫大会をダイジェストを交えつつ収録。
アマミの前試合は未収録なので因縁云々は週刊での未読者には意味がわからないような気が。
タカアキも仲間になっちゃってるし。

まぁ、ゴミ箱アマミがもう一度見れたから満足といえば満足。
ただ、ベクターの催促にはあまり役に立ってない印象。
なぜかというと稲穂の過去編が未収録だから。

あの回は稲穂が人を名前で呼ばない理由を説明している大切な回だったので、これが収録されていないのは非常にBAD。
今後、ベクター内で説明するかもう1回小冊子をつけるかしないといけないだろう。
つまりはもう一回「ラァラァラァキャオッ!」を掲載して欲しいという事ですよ! むしろそっちが真骨頂。

……この付録につられてRED本誌を買った人ってどのぐらいいるんだろうなぁ。
アニメ化や特別企画等の記事は別記事参照。
やる気のインポテンツなので感想は脱力気味。

カオシックルーンは長期休載に突入。
この判断は間違いなく正しい。ゆっくり治して下さい。

ニノ瀬先生の巻末コメントがなんかカッコいい。

雷鳴に訊け! あまりにもタイムリーな話題だ。
ニート問題についてはすごく正論でござんした。

DVドローム、非常に共感できる内容。
私の場合、それが本とおもちゃなのです。


フランケン・ふらん
ベクターに続いて新連載昇格。
これで残すは魔女の騎士昇格とシャングラッド昇格ですね。

本編はじんめんそうな肉腫なおどろおどろしいような。
実験が上手くいかなかったふらんの残念そうな眼が良いな。

しかし、今週はいままでの回でもっとも狂気に溢れていたような……
ヘレンを描いていた事による反動かな?
手術のシーンは結構あっさりしてたけど。

プリンセスは身悶える
速野悠二リバイバル。
男が主人公一人しかいない世界みたいな。
連載経験者なだけあって安心して読める作り。おキツネの時よりも絵がこなれてきてるかな?
期待できる作品です。

山の学校はOH!バケバケ
そらのきのこデビュー読切り。
妖怪+学園コメディ+四コマな感じで。
清涼剤ポジションの作品としてはいい感じの出来。
本連載昇格になっても、私は一向に構わん。

MAIL CAT COMPANY
どっかで見た絵柄かと思ったらアイテムBOXの人か。
内容はうーん……バトル展開が冗長すぎたかな。
絵は良いよ絵は。

巫女神さま☆おねがいっ!
ちょっとありきたりすぎて面白くない。

[チャンピオンRED8月号]の続きを読む
木曜日だけどヤンチャン烈。
土井坂崎がいないとさびしいぜ。

ごすこん
冬長先生初登場。
ゴスロリ少女が拳闘やる内容。エロは無し。
なんでゴスロリ衣装でボクシングやってるのか、という突っ込みは無しの方向で。

痛みの描写が良いです。人体改造は無しなので苦手な人も安心。
出血シーンのくだりは説得力があったなぁ。

コンビニん
作者が下血なため急遽総集編です。
……なんか最近私の好きな漫画家が体調を壊しまくってるような……

危さん
腹が痛い。笑いすぎで。
いや、もうこれは一線級の内容だよ。もう少しプッシュしてたもれ。

松ヶ丘エンジェル
ここ2,3回はずっと面白い。
勢いが良くていいです。後、おっぱいの描き方が好きですわ。
変態女には笑った。

まるたろう
また乗った!

EVILIVE
あのベル子となら問題なく一生暮らせそうな気がします。可愛いし。
私はノーマル状態も好きですが。

ププッピDo!
この漫画を見ると元気が出ますね。なんか色々と。

鼠と竜のゲーム
ね、鼠がなんという可愛さ……この作品は間違いなく萌える。
竜捕獲隊の奴らが工事現場のおっちゃんみたいなノリだw

ヤンほぼ
そんなにコミックスを出したいか。
本編はまぁ、それなりにハートフル。
保育園ってこういうイベントあるのね。

ピンクDEピンク
クライマックスな予感。
エロいし、ストーリーもちゃんとしてるから個人的には良作です。

次号予告
読切りで柚木N´先生、作品名は未定。
そして田口雅之先生の「KAORU」

総評
危さんと堀骨シリーズは安心(?)して読める。
エロは……まぁ、ほとんどの作品で補充できる。
それなりにまとまりがある雑誌になってきた……のかなぁ。

バカ分補充に土井坂崎の連載キボー。RIKIとTWO突風ですよ。
ちなみに、「ごすこん」の冬長先生は連載が確定しているとかいないとか。
red.jpg


アニメの1話が収録されたDVDは普通にお得ですね。
ただ、メインはやっぱり10月の朗読CDかな。

11月号のチェンジングフィギュアは要はメタモフィギュアなんじゃないかと。
温度で色が変わるやつ。スケたりすんのかな。
クェイサーは順調にプッシュされてますね。

blue.jpg

こちらは予想通りアニメ化。
天使の僕らでは無い全くの別物。

img539.jpg

こっちは放送まで後一月。ワクワク。

画像の出典:「チャンピオンRED」 秋田書店
img536.jpg

葉月京、和六里ハル、あづまゆき、東鉄伸は安全圏かな。
危さんはじっくり読みたいなんで出てほしいんだけど。後、掘骨シリーズも。

img538.jpg

御大がまた載ってました。
ていうか、これ前回のシチュエーションの続きだ!

ちなみに、左上の投稿者の方は御大が載っていたので前号を購入し、投稿もしてくれたグレイトなお方。
三峯徹パワーはすごいな。

おまけ
1img536.jpg

8月21日発売の8号に田口雅之先生の読みきり「KAORU」が掲載。
殺し屋アクション? 予告カットは相変わらず力強い。
バイバイ秋田書店にならんでよかったなー。

画像の出典:「ヤングチャンピオン烈投稿ページ&予告ページ」 秋田書店
明日(今日?)はREDとヤンチャン烈の発売日ですが……
なんだか最近やる気がインポ気味です。
積みプラも積み本も消化しきれませーん。
ナイトクラブ(椿じゃないよ)の広告がエロい。
なんでこれを連載でできないかなぁ。

サムライうさぎ
観音吹いたw
マロ家はみんな良いキャラじゃ。弟君には含みも何もなさそうだ。
マロがやられたのは……やっぱり師匠を立てるためか?

銀魂
間違いなく今週でもっともトチ狂った内容。
いい新人を入れろよ、って言っているシーンが今年の新人が不作と言っているようにも見えるから不思議。
しかも、このタイミングで十二傑賞の審査員だし。

Dグレとデスノは担当が同じとか、大西先生が実家帰ったとかのネタには不覚にもやられた。
まぁ、実家でも漫画は描けるしね……

ドラゴンボールのくだりの部分は納得。

To LOVEる
これどう見ても見えてるよね? 
……切り抜きしとくか。

エム×ゼロ
くずみこくは……こくはくずみ……
おかしいな、誰からも告白はされてないんだが。

瞳のカトブレパス
ただの炎じゃんか。
志村も一緒に戦えば瞬殺じゃんか。

P2
性欲をもて余す。さすが中学生、考えている事は同じだぜ。
掲載順位が安定しねぇなぁ……

テニプリ
先週と内容が同じだw

次号予告
読み切りで森本梢子「必殺動物部」
えーと、ごくせんの人だよね? 何でいきなり?
三上龍哉の時といい、稀に意外な人が来るなぁ……
最近、見てません。その時間は寝てます。
録画はしてるんだけどなぁー。
シモンが復活した事は知ってる。
070617_1631~00011.jpg

三人揃ったよー
なんかこういう事書いていると、ブログみたいですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。