グレースタイル 2007年02月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう少し突っ込んでみようと思う。可能性とか考えつつ。
ゴーストハントが終わってからね。

それまで、この記事でもどうぞ。
……チャンピオンの作品、どんだけ挙がってんだ。じゃあ、私からはガイスターバーン。


じゃ、本題に。
ちなみに、この記事は重大発表=作品のアニメ化という仮定で書いております。
※重大発表云々については今月のRED参照。後はウチの記事

候補に挙がっていない作品については確率が完全にゼロという事で。

[チャンピオンREDの重大発表について]の続きを読む
スポンサーサイト
ジャンプの懸賞ってあんまり当たらないなぁ。


ラルΩグラド
小畑先生は頑張っておられる。
原作の人はもう少し考えましょう。電池の管理はいいから。


P2
ここで岩熊センパイが抜けて、相馬がヒロムのライバルになるのだろうか。
それならそれで面白い展開だけど、岩熊さんのキャラは惜しいなぁ。


M&Y
設定なんかは子供受けしそうだけど料理方法を間違ったかな。
……お疲れ様。


重機人間ユンボル
料理方法は良いのだけど、やっぱり子供向けでは……

不意打ちに釘打ち!
ここの煽り文だけ秋田風。

連載が大ピンチでユンボル(つうかもうout)、今週も盛りだくさんな内容だ。

姫によるドカルトの野望解説、ゲンバー大王の正体。
もう全てが濃い。42才ってすごいリアルな年齢だな。

そして、バルVSゲンバー工事開始。いざ尋常に工事! の煽りも最高!
やたら熱い展開なのはいいんだけど、どうみても来週でサヨナラですね、これ。
でも、アンケは出すよ……武井先生。

そういえば、武井先生十二傑新人賞の審査やるんだよね?
これは……どういうことなんだろうか?
打ち切りさせた漫画家に審査ってさせるものなのか、普通?

最近の集英社の行動は良くワカランなぁ。


燈のために一人で行動するまふゆ。
そのまふゆの(ボルシチ)のために奮闘するサーシャ。
そして、当面のライバルとなりそうなミコトっぽい娘。

今回は大きく話が動いた回だった。
が、哀しいかな。大半の読者はドスペラードに心奪われていたのであった。

ちなみに、今週のMVPはまふゆでもサーシャでもなく華だと思う。
わざと反抗してお仕置きを受けるなんて……
その発想は無かった! 何というマゾ!! 何という変態じゃっ!!

……内容にあまり触れられなくてゴメン。
だって、周りの連載陣がぶっ飛びすぎてるんだもん。
増刷だそうです。
初増刷って事はロボこみは全て初版ってことか?
間違えました。初じゃなくて祝。

で、メイドサンダーのコミックが携帯配信決定。
最近、秋田書店もネットやらなんやらに積極的になってきたなぁ。
良い事なんだけど。

ちなみに、配信決定が決まっている作品群。
ゾクセイ、ペンギンなんとか、サナギさん、怪奇、ヤニーズ、メイドサンダー。
改めて見るとすげぇラインナップだ……。ていうか、なぜヤニーズ。
やっとやる気が出ました。アイアム ア スロースターター。

で、今週のジャン。
そう、これが本来の鉄鍋のジャンのあるべき姿なんだよ!

ジャンが各料理人に点数をつける姿もいい。
何気に藤田がかなりの高得点だ。沢田や筍よりも高いぞ。

肝心のジャンの点数は96点!
一人の持ち点が10点だから大谷も何点か押しているという事になる。
てっきり0点を押すと思ったんだけど……やはりコイツ……ツンデレ!

ていうか、大谷、ジャンの料理を食べていない日数を数えてる!?
え、こいつ四六時中ジャンの事考えてんの?

ああ、なるほどこの漫画のヒロインは大谷だったのか。
すごい事実が判明し次回に続く。

ちなみに、今回ジャンが料理に使った糟蛋については、
素人の私が言うのもアレなのでWikiを参照していただきたい。
外部リンクからいけるHPには糟蛋を作っている様子を見る事が出来ます。
ハシで叩いてました、ほんとに。
クリアファイル、学校や職場で使っていただきたい。


月光のカルネヴァーレ(新連載)
新連載といってもREDいちごで既に作品自体は登場済み。
REDいちごの実質的な第1話になるみたい。

原作はニトロプラスの同名ゲーム。
体験版が今月号に付属。(エロシーンはカット、ただしあえぎ声があり)

私は原作をやった事が無いけど、アンナが可愛いという事だけは伝わった。
後は世界観がかなり暗いかな。隅田先生の描くキャラは好きなのでこれから楽しみ。
出来る事ならRED風にはっちゃけてくれるとなおいいんだけど。


BLUE DROP~天使の僕ら~(新連載)
こ、これはっ!! なんて少年に悪影響を与える作品なんだ。
基礎がしっかりしていない人間にこの作品を読む資格は無い!

そんなわけで吉富先生の新連載。
ケンゾーの趣味は吉富先生の趣味と同じなんだろうか。

男を女に改造し、妊娠させ子供を出産させようとする組織「アルメ」。
この存在がこの作品をただの性転換ラブコメでは無く、重厚なSFと変えている。

しかし、これどう考えてもBADな展開しか待ってないんだけど。
どうなるのかねぇ。まぁ、BADENDは好きですが。


ベクター・ケースファイル(プレ連載)
新連載決定&巻頭カラーおめでとうございます!
短いページ数の中でもしっかりムシチクを入れてくるあたりにこだわりを感じた。
ていうか、お母様も白衣だっ! 白衣親子か!
うーん、これだけで一ヶ月の妄想分には充分だぞ。楽しみ。


リストラ父さん(読み切り)
くろがねぎん、読み切り。
堅実に面白いなぁ。ニート考えとかは笑った。


カン忍じゃ!(読み切り)
紅士マコト読み切り。
んー……可もなく不可もなく?
もう少しアメリカ出身である事を強調した方が良かったかも。

[月刊チャンピオンRED第4号]の続きを読む
ゼロに陶酔するカレンと何を言われても揺らぐスザクが印象に残った。
しかし、黒の騎士団のメンツは危ないヤツらが多いな。
報道狂いに開発と実験以外に興味がなさそうなマニア、
新妻を迎えて幸せそうなアホ一人。……頑張れ、藤堂。

そしてOP差し替え。

新しい機体。
2.jpg



腐ったミカン。
3.jpg


相変わらず情報が盛り沢山だ。
来週からはシュナイゼルが活躍するのだろうか。
彼は密かに皇帝暗殺とか企んでそうだなぁ。
みつどもえが表紙……なのか? これは。
ていうか、バキのスーツ姿……いや、もう何だこの表紙は。


椿ナイトクラブ
ゲッツァドリーム!
テイルズシリーズその2。

ある意味中学生の男子の正しい姿だよな、これ。
エロ本を買うために野山を駆け回り、金策に走り、書店での小細工に走る。
椿ナイトクラブでこんな真っ直ぐな青春を見れるとは思いませんでしたよ。

まぁ、フォーメーションスリースターズは一人でも出来そうだけど。

でも、こういう中学生って現実にはもういないよなぁ。
今はネットでちょちょいとエロ画像見れるんだし。
なんだか物悲しいわね。

ところで最近煮え成分が少ないような……前回といい万人受けする作風になってきた?
哲弘先生も一皮ムケる時期か。

ていうか、担当はもう羽成さんじゃなくなったんだろうか。
煽り文も好きだったのに。


みつどもえ
おおっ、確かに巻頭カラーだ。
秋田的には第二のアニメ枠を狙いたいんだろうなぁ。

そういえば、みつばは人の物を取るのが大好きな困ったチャンでしたね。
ハムスターの豚化。微妙に先々週の怪奇絵巻とシンクロニシティである。

しかし、毎回毎回オチが上手い。
のりお先生自身の成長もさることながら、
担当編集(沢編集長か?)のアドバイスも効いてるんだろうなぁ。


[週刊少年チャンピオン第13号]の続きを読む
休刊だそうです。
となると、クレイモアは最悪のタイミングでアニメ化ということに。
……遺作?

クレイモアと日和とテガミバチとビィトは救ってやって下さい。
ビィトは作品じゃなくて作者も救ってやって下さい。
ウルジャンあたりに行ってくれれば、購読のきっかけになるんだけどな。

ていうか、仮にも月刊漫画誌トップレベルの売り上げなのに休刊ってどうなのよ。
そりゃあ、月マガには大分負けてるけどさ。

そんな事を言ってたら月チャンやREDは(以下略
後、サンデーGXとかマガジンZとかもね。


関連ニュース(ZAKZAK)
「首位の座を守るため、優秀な人材はみな週ジャンに集められる。
集英社は原則、他社から作家の引き抜きをやらないので、
新人がどんどん育たないと週ジャン以外は厳しい」

育つ前に突き抜けだからなぁ。戦力がなかなか増強されない。
その点ではチャンピオンも似たようなものか。


「原則として全作品の終了を予定している」
おまっ……全作品にソードマスターヤマトをやらせる気かよ!
女の子よりも主人公の友達の髪型が気になる。汚物は消毒?

そんなわけでゾクセイ59回目。
今回の秋山玉子さんは普段は天然だけど、
実はお父さんに格闘技を習っている強いメイドさんだったのだ!

うん……まぁ、クジラよりは好きなキャラだったかも。
ていうか名前が秋山玉子て。
そりゃまぁ、今は皆さん卵料理を作ってらっしゃるけど。
それなら、カカカカカーーーッッ! とかいいながらアクションしても良かったんじゃない?

ちなみに、今週も松山先生の背景ネタは絶好調。

img434.jpg

健悦ムセンに喫茶メイドサンダー。

連載をたくさん抱えているのに、しっかりと小ネタを仕込んでくる
松山先生の作風を私は支持したい!

画像の出典:「ゾクセイ」 松山せいじ 秋田書店
とりあえずREDより先にこっちを。


恋愛そんぽ!
男の嫉妬は見苦しいぜ。


魔法のアイドル ミルキー♥ピンキー
女装が趣味のショタっ子がお姉さんにアレやコレやされるお話。
烈的にはあんまりエロくないけど、ショタっ子がお腹ぽっこり風に描かれていて
芸が細かい。


センセ。
先生のDT妄想力激しすぎ。


僕と彼女のホント
銭湯おっぱい祭り。


あいチャンネル
高校生が哀しい。
それ以上に藍がムチムチすぎるぜ。大好物。


湖のひみつ
掘骨砕三読みきり。
あれ、案外……普通? いや、異常な世界観というべきなんだろうか。
人間の形をしていても、所詮は魚は魚なのか。うーむ……深い。


ププッピDo!
素晴らしく頭の悪い内容でご馳走様。
コメント欄弾けすぎだよ!


木村ゼミナール

大好きな大学の先生をモデルに愛を込めて描きました。
嘘をつけ、嘘を~~~!!


コンビニん
ああっ、性転換!
カラーのサーシャがいい。


まるたろう
烈のデザート的存在。
おバアやんがお母やんより若くみえる。


次号予告
むつきつとむ、土居坂崎登場!

今月のヤンほぼはシリアス度マックス。
まさか、松山先生が「虐待」というテーマについて漫画を描くとは思いませんでした。
しかも、ちゃんと出来上がってるし。

img432.jpg


また本格的に乳首券も使用。
週チャンはちょっとアレですが、ヤンほぼはしっかりとした作品になっていますよ。

さらに3/13日発売のヤングチャンピオン本誌で新連載がスタート。

img433.jpg


「琴子の道」。歌手を目指す少女のハートフルストーリーらしいです。
しかも原作つきです。
松山先生、最近はシリアス路線なんでしょうか。
原作はショーバンでお馴染みの森高夕次先生。

まさか、この二人がタッグを組む日が来るとは……誰も予想しなかったろうに。
松山せいじを森高夕次がどれだけ乗りこなせるか今から楽しみです。

あれ……そうなるとショーバンは終了って事になるのかな?

画像の出典:「ヤンほぼ」、「琴子の道」
ヤングチャンピオン烈第5号 松山せいじ/森高夕次 秋田書店
今月号のREDの巻末コメントにて。
ア・ラ・シの予感がします。頑張らなくては……! (佐藤)

週刊に本当の秋がくるのもそう遠くはない。

さらに今月のREDの予告ページにて。
あの作品に重大発表あり!!

予想される事は下の4つ。
①シグルイ映像化
②聖闘士星矢エピソードG映像化
③ラインバレル映像化
④カオシックルーンカードゲーム化

一応、確立の高そうな順に並べてみました。
さて、鬼が出るか蛇が出るか。
エム×ゼロ
C組勝ち抜き。
九澄は体力良し、知能良しと揃っていて充分に強いな。


P2
ヒロムの出番もそこそこに試合は進んでいく。
もしかすると熊さん不利?


重機人間ユンボル
やっぱりドリルはドカルトか。
回想の姫は可愛くて良かったけど、ドカルト博士がそれ以上に悪人すぎる。

ドカルトの台詞から推測するにユンボル・バルの母親は……姫?
いきなり世界観が一層ハードになったな。

そして、ラストのゲンバー大王デカすぎだっ!!
あんな奴に「さぁ、働こうか」と言われたらどんなニートもハロワに直行だよ。
なんだか展開が早くて怖いです。

しかし、武井先生いきなりぶっちゃけたな。
この鬼畜エロゲーのような展開、少々お子様には毒なんじゃないだろうか。
このようなものは基礎から順に子供に教える必要があるのでは?
そう、建築と同じようにね。

この展開でニヤつくのは私のような人の道を急カーブしちゃったような人だけだ。
悪い事は言わないから掲載紙変えようぜ、武井先生。
つなぎの回なので特に語る事は無し。
ごく普通にジャンケンしている醤がなんか良かった。
しかし、大谷があんな台詞を吐くとはねぇ……ほんと、お前が言うな状態。

ルーシーは一応通過点を取れたものの、実力は大した事無さそうだ。
思いっきり道具に頼ってるしな。
この世界で道具を使って強いのは刈衣さんだけで充分。

ラストの醤の台詞、「悪い料理人は何でもできる!」は
バカチンコや秋山にも程があるぜに匹敵するほどの名言。

そして、汎用性も高い。

悪い教師は何でもできる。悪い女子高生は何でもできる。
悪い変態は何でもできる。悪い漫画家は何でもできる。

使いやすいねぇ。
ところで藤田がジャンケンにすら参加していないのですが。
よーく見直したらいた。
久々にオレンジ。
こういうヘタレっぷりを露呈していたのが昔のオレンジなんだよな
今のオレンジは登場すらしないから困る

そんなわけで総集編その二。

で、小学生の日って何ですか?
あれか、幼児プレイか? 幼児プレイだな!
幼児プレイなんだな!

はぁ……
アッシュフォード学園に入りたいでゴワスよ。

まぁ、今週は箸休めみたいなもんかな。
で、またまたプレゼント企画。パズル欲しいな。
はいはい、買ってきましたよ。

ペンギン娘 1 (1)

ごくごく一部で話題を呼んだペンギン娘。
設定とか内容の方は大体語られつくしてるし、私も毎週感想を書いているので
そこらへんは割愛。

それで、結論からいうと、やっぱりこれ面白くは無いです。
オチが毎回同じだし。誰かがアップになって大ゴマで決め台詞言って終わり。
ちょっとしたループですよ。まとめて読むとそれがよくわかる。

連載時に読むと面白くないけど、単行本で読むと面白い漫画ってあるじゃないですか。
その逆もありますけど。
これ、どっちにも当てはまらなかった。

まぁ、410円でイラスト集を買ったと思えばいいんじゃないでしょうか。
この作品が売れた事によって秋田書店の財政が潤えば御の字ですしね。
そうすれば、ほら、他の作品も積極的に単行本化しようと思ってくれるかもしれないし。

あ、そういえば2話の序盤と4話が丸々カットされてました。
2話の序盤っていうと山本KIDのパロディ回。

img431.jpg

こんな奴

うーん、何でこれがカットかなぁ?
猪木に小便をかけたり、むさい桜庭を書くのは良くてKIDはダメって事なんでしょうか。
良くわからん。

コイツがカットにされた事により、本編の男キャラは伊集院鰈(女装少年)ただ一人に。
しっとさんは男子を描きたくないのかなぁ。
そういえば鯨の思い人も顔無しだったしな。

ちなみに、丸々カットされた4話は鯨が不味いケーキを作る話でした。
なぜ、これもカットなんだろう?
ま、そのあたりは深く考える事でもないか。

じゃあ、じきに出るだろう2巻の話でも。
といっても、まだ本誌でのストックは足りてないんですよね。

1巻に載っているのが全26話。現在、本誌は40話。
2巻収録話数の規定に達するには残り12話。
単純計算で残り3ヶ月程、本誌で連載しないとダメですね。

単行本作業なんたらで出るのは夏ぐらいでしょうか。
で、おそらく表紙は鯨、もしくは衣装を変えたさくら。大穴でチュパカブラ。
こんな感じになるでしょうね。

それからこれはあくまでも予想ですが、ペンギン娘の最終回は第52話だと思います。
そう、ちょうど2巻の収録規定に達したあたり。
そうすれば、全52話でキリがいいでしょ? 作品的にも。
表紙もツートップで飾れるし。

そんなわけで、ペンギン娘最終回は間近かと。
長続きするような題材でも無かったですしね。

じゃあ、最後に一言。
ジャケ買いは計画的に。

追記
こき下ろすだけじゃアレなんで、この作品の良い所を。
勢いがある&作者の成長というものを感じる事ができる。以上。


画像の出典:「ペンギン娘」 高橋てつや 秋田書店
サンデーでも乳首出したんだから、チャンピオンもやろうぜ。
バキと椿ナイトクラブ以外で。


OUT LAW TAXI 赤い稲妻(集中連載)
夜の街に突如として現れる暴走タクシー。
人呼んで、赤い稲妻!

矢上祐、新連載。
内容はゲームのクレイジータクシーに人情を加えたような感じ。

連載一発目としては……うーん……
なんかちょっとインパクトに欠けるような……
ページ数も少ないし、ものすごいドライビングテクが出てきたわけでもない。
オチもわかりやすい。

矢上祐にしては少しこじんまりしてるんじゃないかな。
まぁ、まだ本格新連載ではないわけだから、まだ色々修正はできるだろう。
実力はあるんだ、慌てない慌てない。


マイティハート(集中連載)
長かった。あねこみみから長かった。
ついにマツリセイシロウの新連載。短期だけど。

悪がはびこる世の中、しかしそこに舞い降りる断罪の天使♥
その名もマイティハート♥

てなわけで、変身美少女エロコメ作品。しかも面白い。
チャンピオンには長らく良いエロコメが不在だったので、これは嬉しい。
(ゾクセイ、ペンギンは見なかったことにしよう)

二の腕=おっぱいの方程式を持ってくるとはマニアックだ。
安易に乳や尻で勝負をしないという事か。
つまり今後スポットライトが当たるのは
うなじ、背中、腋、くびれのような部位の可能性が高い。

舞島心(マイティハート)が名乗るシーンはちょっとだけハルヒ風(涼宮の方)。
まぁ、これは狙ってやってるんだろうな。タイトルロゴからもなんか分かるし。

しかし、この漫画は基本も出来ていない小中学生に見せるには早すぎるな。
そんなわけで、ジャリガキは今週のゾクセイを見るように。裸あるから。

追記
マツリ先生のHPによると初めに描いた1話はエロすぎて没ったらしい。
……チャンピオンにそこまでさせるとは……げに恐ろしきマツリセイシロウよ……


椿ナイトクラブ
絵柄はちょこっと回復。
でも、最後の槙さんの眼がちょっと濃い。お化粧のりすぎ?
単に哲弘せんせがお疲れなのか、それとも絵柄も改革なのか。
まぁ、それほど深く気にするほどでも無いかな。

今週は中学生の青春みたいな感じの内容。
いつもよりも煮えは少ないが、ギャグ度は濃かった。
煮え3:ギャグ7ぐらいのこの割合が、一般読者的には一番かもしれんね。

でも、建築とエロを同一に語るところがやっぱり哲弘イズムだぜぇぇぇ。


[週刊少年チャンピオン第12号]の続きを読む
牛乳に描かれているのはウリアッ上だろうか。

今回は久々に松山先生の背景ネタが見れた。
最後のコマの合格番号だ。
同じナンバーが8つも書いてあるから受かっているのは、
番号の1/8の人数だけだ。すげぇ、合格倍率。

一体、なぜこういうネタを描くのは理解に苦しむが、
笑えたのでとにかく良し!

ところで、ふと疑問に思ったんだけどゾクセイのメイン読者層って
どんな人達だろう?

個人的にはあまり漫画を読まない、それでも手軽におっぱいが見たい
小中学生辺りだと思うんだけどどうだろう?

完全に蛇足だけど、ゾクセイデータベース最近更新してません、ごめんちゃい。
でも、更新してもしなくても多分わかんないよね、みんな。

何気なく書いたP2の記事がこれ程まで人を集めるとは。
やっぱり、ジャンプの人気はすごいなぁ。
あ、わかった。みどろさんも背景にジャンプキャラを出したら注目度上がるんじゃない?
両さんとか。
ヤニーズ 1 (1)
やっとこさ手にいれたよ。

RED版との大きな違いは無し。
おまけ漫画とカバー裏が加筆。タバコが300円になった事への哲弘先生の嘆きも収録。

椿ナイトクラブが濃い口のカルピスなら、こっちは原液ってとこかな。
今にしても思えば葉桜ナツの服装は超斬新。
学ランの上にセーラーってねぇよ。

まぁ、椿ナイトクラブが好きなら読んでもいいんじゃない?
しかしニコチンドリンクのネタ、カットされなくて良かったなぁ。

全24話なんで順当に行けば全4巻で円満終了のハズ。
さて、秋田はどうでるかな。一応、2巻までは確定してるんだけど。


椿ナイトクラブ 3 (3)
藤花&橘登場。
といっても、まだ顔見せ程度なんですけど。
「千草槙ビデオ店脱衣事件」は4巻収録だっけかな。
個人的に一番のお気に入りの回です、アレ。

ていうか、哲弘先生大丈夫なのか?
何も毎回加筆修正しなくてもいいんだよ。
単行本さえ出てくれれば。それだけで秋田読者は満足!

さて、ハガキに書く感想文を考えなくては……
ジャンプで有名なスポーツ漫画といえばスラムダンクです。
多くのバスケットプレイヤーを生み出す一因にもなりました。
ジャンプにおいてスポーツといえばバスケなのです。後、工法。

マガジンで有名なスポーツ漫画といえば、巨人の星。
いうまでもなく野球漫画の代名詞です。
そのジャンルは最近ではダイヤのAが有名ですね。
マグロ釣り? それはスポーツじゃないぜ・・・・!?

サンデーで有名、といったら何といっても六三四の剣。
これもまた多くの剣道少年を虜にしました。
えっ、スパイラル? ああ、推理漫画ね。

そして、チャンピオンで有名なスポーツ漫画といえばドカベ……じゃなくて
いっぽ……じゃなくて……オレンジ! でもなくて、
そう! 空手婆娑羅伝 銀二なのですよ!!

空手婆娑羅伝銀二 1 (1)

この作品、ストーリーは非常にありがち。

ケンカが強い不良中学生銀二

ある日、何らかのきっかけで空手道場に乗り込む

そこで人生初敗北! (厳密には苦戦)

空手始めようかな……

という感じの内容です。テンプレートテンプレート。
ちなみに、空手の部分は柔道やボクシングでも応用可能。

なんだ……じゃあ、ありがちなヤンキースポーツ漫画じゃん……
と思うことなかれ。

この作品、他の作品とは一線を画すところがあります。
それはイケメンが一人もいない事。

まず、主人公からしてこれです。

img427.jpg


これ、私の自画像じゃないですよ。漫画の主人公ですよ。
もうね、妙に現実感ありまくり。
ついでに言えば女性読者ガン無視。
まぁ、チャンピオン自体が(ry

で、下がライバル2人。

img428.jpg


img429.jpg


普通、主人公がアレな顔だとライバルはイケメンなんですが、
この作品に限ってはそんな常識は通用せず。
まぁ、皆さん揃いも揃って「これぞ男!」みたいな顔してます。
うん、マジで女性読者層無視だわ。

で、皆さん、ここまでくると女性キャラに期待しちゃうもんですよね。
男がアレなら女は可愛いだろう、と。
そうですよね、普通にそう思います。

ところがどっこい! この漫画一切そういうの無し! 
女? 出てきませんよ、そんなの。

そう、この漫画はガンコな親父がたまの休みに
フライパン一つで作る料理みたいな漫画です。
彩りなんか一切無し。

ただね、作品全体に漂う漢濃度はスゴい。
男児なら読んで損は無いですよ、マジで。

……なんか、ビジュアル面だけしか語ってませんが、
肝心の空手シーンはキッチリ描かれているから問題有りませんよ。
薀蓄もあるし。


あっ……そういやよく考えたら女性キャラいました。一人だけ。
[【硬派な漢しかいねぇよ!】空手婆娑羅伝 銀二 第1巻]の続きを読む
img426.jpg

1号目のテレカ到着。
2号目はまだですね。一緒の封筒に入れればいいのに……
ちなみに、2枚目は怪奇絵巻です。

1img426.jpg

乳首らしきものも有り。本物だな、哲弘せんせ。
今週の見所は何といっても熊源!

img425.jpg


まさか、ここまでカッコいい奴だったとは……

審査員の点数にバラつきはあるものの、腕は充分に認められているみたいだし。
得意分野で勝負すればザザビー本郷ぐらいのレベルはあるのかも知れない。

熊源のせいで霞んでしまったが、何気にメナールが最高得点で通過している。
トップで通過したに関わらず、慢心もしていない。
やはり、十三龍最強はあいつか。

そしてジャンが満員電車理論で審査権を獲得する!
まぁ、これぐらいやってくれないとジャンじゃないしね。

ジャンの取れる点数は90点が最高になるのだろうか。
大谷は多分0点を押すだろうし。
でも、クリムゾン理論でいけば、大谷は10点ないし9点を押すだろう。

「くやしい、こんな料理に……でも押しちゃう……!」

話の本筋には全く関係なくなるけど、
新規読者のために大谷の昔のお姿を出してみてはどうだろう。
何人かは確実にくらいつく! ……筈。


画像の出典:「鉄鍋のジャン!R 頂上作戦」 西条真二 秋田書店
P2の単行本の発売日が3月2日に決定。
風の噂では某P2大好き管理人さんが、
山雀先輩のために、今年食べた恵方巻きの本数だけ単行本を
買うとか買わないとかの計画
があるそうです。

私は無難に一冊ですが。

正直、1巻突き抜けかと思ってたんですが
掲載位置も回復したし面白さも右肩上がりなんでまだまだ続きそうですね。
個人的には4巻ぐらいは続いて欲しいかなぁ。

で、浮かれ気分でP2スレを見ていたらとんでもない出来事が。
なんと相馬ガールズにみどろさんが紛れ込んでいるというのです。
みどろさんといえば……(説明は割愛

でもね、冷静に考えたらいるわけないんですよ。他人の空似ですよ。
だってP2はジャンプの作品だよ? 

まさか、他誌の作品のキャラをネタにして出すわけ無いじゃないですか。
それもえじりんが。
そんな事、ダイアモン先生でもやらないっていうのに。

まぁ、ちょっとだけその問題のコマとやらを見てましょうかね。


img424.jpg

………………
いたーーーーーーー!!

みどろさん、そんなとこで何やってんすか!
しかも、某ニュータイプまでいるし!
はっ! もしかしてこれは相馬先輩が厄い目に会うフラグなのか!?

怖い! 他作品にも登場する熟女女子高生!
……江尻先生、次は執事をお願いします。

画像の出典:「P2! let’s Play Pingpong!」 江尻立真 集英社
万が一、武井先生がチャンピオンにきても私は一向に構わん!


重機人間ユンボル
正直な話、チャンピオンの行く末よりもユンボルの行く末の方が気になる。
チャンピオン中毒の私をここまで狂わせるとは……ユンボル恐るべし。

ていうか、毎回毎回展開早いなぁ。
工法は車の中で覚えたとか、第1巻が超レア本だっただの、ユデンの園だの密度も濃い。

そして、ドリルの存在感がすごい。
もしかすると、ドリルの正体はドカルト博士?

後、ユンボルは視力が良いのだから、ニッパの生死も理解できるはず。
てことは、ニッパはまだ死んでないって事か。良かった良かった。

最後の姫の舌うちは何だろう。
周りを敵に取り囲まれたのか、目が覚めたのがイヤだったのか。

それにしても掲載位置が辛いなぁ。
こんなに面白いのに。

もしかすると、武井先生の作風はジャンプに合わんのかも知れんね。
ていうか、あの一門は。


以上、ジャンプ感想もといユンボル感想でした。
ヴィレッタのお弁当食べたいなぁ。

今週はラクシャータが出てきたり、スザクの正体がルルにバレたり、
藤堂が仲間になったり動きのある回だった。

後、カレンがスーツに着替えました。これ重要。
シャーリーにもなんらかの動きが。

盛りあがってきたところで来週は総集編。
種の総集編は嫌だけど、ギアスの総集編は嫌じゃないという不思議。
やっぱり展開が速いからかね。

それと先々週の名シーン集におっぱいが出て笑った。みんなおっぱい好きだなぁ。

えー、最後に。
ヴィレッタのタコさんウィンナーを食べた扇は死ね。
私もたびたび日本一を週チャンに載せろと言っているんだけど。

>週チャンがお前に8ページもくれるわけがない

ってwさすがは秋田書店の人間。超ドS。
でも、巻頭ページはもらえたよね。
ある意味、8ページもらうより難しいのに。
とりあえず、他ブログの記事をペタリ
こうしてみると、チャンピオン紳士の趣味はてんでバラバラ。
雑誌もカオスなら読者もカオスだぜ。

ていうか、今週の表紙なんだこれ。
新聞みたいな煽り文だ。


水原先輩がゆく!!(短期)
本田真吾、月チャンから出張。
本誌の方の作品は……すいません。あんま読んだ事ないです。

でも、出張漫画としては、これ正しいスタイルかもしれない。
あんな可愛い女の子がいたら、本誌の方も読みたくなっちゃうしねぇ。

一番気合が入っていたのがオヤジだったんだけどね。
よくよく見直したら最初の方にオヤジいるしな。芸が細かい。
こーいうところ、好きだ。


椿ナイトクラブ
隼未さんは男なの? 女なの? わからないのー。
普通に考えたら女子の制服を着ていたら女、なんだけど
この世界じゃそんな事どうでもいい情報だしなぁ……

とりあえず今のところは無難に「ふたなり」だと思うようにしよう。
一番健全な考えだね。

オリジナルのホルスクロウが出たのはいいけど、なんか先生絵がおかしいよ。
やっぱり、連日の単行本作業で疲れてるのかしら。
原稿料はもらえないというのに頑張りやさんめ。

でも、アシスタントの応募があったみたいだから少しは救われるかね。
そんなこんなで作者の容態が心配です。
後、羽成さんはもう少し手綱を握ってあげてくだしぁ。

[週刊少年チャンピオン第11号]の続きを読む
最近、松山先生大人しいな。
ここらで一発、ドカンとすごいのをやって欲しいんだけど。

でも、今週の娘は中々良かったかも。おっぱいでかいし。
横四方固めかけられたい。

あと、いっぽんいっぽん言われるとチャンピ読者にはちょっと辛いです。
早く帰ってこないかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。