グレースタイル 2006年12月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拳鋼少女 リク 1巻

月刊少年ブラッドに連載しているどこか懐かしい感じのするご近所格闘漫画。
1話完結では無く、ストーリーみたいなものはあります。規模は小さいですが。

img384.jpg

アクションシーンはこんな感じ

ブラッドの漫画はこれと馬場民雄先生の「デカ教師」と
吾妻ナオミ先生の「すいへーりーべ!」がお勧め。

しかし、「ふたばの教室」といい、
チャンピオンから離れた作家は教師漫画をやる決まりでもあるんだろうか。
怖い! 他誌でもシンクロニシティ!

えー、リクの話に戻る。
基本的に、ちょっとした事件が起こる→リクが拳法で敵を倒して解決する、
といった感じで毎回話しが進みます。
作者も言っている通り、あまり考えずさらっと読むのに適しているかも。
まぁ、読んで損は無いと思います。

……そういえば、ブラッドはもう廃刊したんだっけ。
あー、次からはネットコミックか。
ネットコミック……ねぇ。

漫画ってモノを手にとってページをめくってこそナンボ、だと思うんだけどなぁ。
個人サイトで描いている漫画とか1ページでさらりと終わるタイプのやつならともかく。
……ブラッドに限っては廃刊しちゃったから、これはこれでしょうがないですけど。

そういえばコミックスの2巻はちゃんと出るのかな? ちょっと心配。


連絡
これが今年最後の更新だと思います。
明日からは大掃除やねん。
それでは、チャンピオン紳士の皆様、良いお年を。
後、おみくじで「凶」を引いたらちゃんと喜ぶように。それでは。

スポンサーサイト
現代怪奇絵巻には普段の絵と違う可愛い美少女が登場する事があります。
普段の絵とのギャップもあり、妙に印象に残るその女の子達を集めて見ました。

img376.jpg

普段の絵はこんな感じ。

ちなみに、現代怪奇絵巻って何やの? とか思っている単行本派は下記説明参照↓

※現代怪奇絵巻とは……週刊少年チャンピオンで連載中の漫画。
「あるあるネタ」を題材にしている。
どっかの芸人のやつよりはずっとあるある、と思えるネタチョイス。
最近、じわじわと人気上昇中。

それでは、どうぞ。

1img376.jpg

巻-39女編より。
初めて出た美少女はテレビの中の娘でした。

img377.jpg

巻-43国語編より。
巫女装束に挑戦。ラノベの登場人物……らしい。

img378.jpg

巻-45気体編より。
少年の落胆した顔が哀愁を誘う。ちなみに、これは漫画の登場人物。

img379.jpg

巻-48デジタル編より。
マルチ……だっけか。ついにロボに挑戦。

img380.jpg

タイトル失念。巻-59だという事はわかってるんだけど。
開封したどころか台座にまで乗っけちまう母ちゃんが鬼畜。

img381.jpg

巻-67入浴編より。
ついに猫耳に挑戦。絵がこなれてきてる。

img382.jpg

巻-72冬編より。
ワムでも聴いてな! これは流行る。

img383.jpg

ラスト。
ギャグ祭りの友情の力編より。
あれ? こいつ、美少女ロボ欲しがってたやつと同じだ。


以上で全部です。
ちなみに、美少女キャラは全てアニメの中や漫画の中、妄想の中の人物です。
二次元の中の二次元キャラ、といったところ。

これはつまり、美少女は妄想の中でしかいないという
先生からのメッセージなんだろうか。
うーん……深い。

後、秋田はとっととボニータの作品を単行本化してくれ。
もっと作家に収入を。

参考リンク
札幌の六畳一間(作者ブログ)
規制とか何とか騒いでいますけど知ったこっちゃ無いね。
お上にケンカを売りまくり。REDいちごが創刊されました。
作品数は全28作。すべてが読み切り、すべてに美少女満載。

駒都えーじ氏のイラストが表紙買いを誘います。
そして、巻末の広告が全部エロゲー関連とな。

また、オレの理想の15キャラとかいう謎の企画も満載。
ちなみに、苺と15はかけてありまーす。どうでもいいね、この情報。


妄想コンテンツ
まりお金田作。
最近の少女漫画を完璧に真似するのは不可能だ。
世界一のスナイパーとか瞬間移動するマネージャーとか
声だけで相手をイカせる声優とか連れてこないといけない。

まぁ、シチュエーションだけならこの作品のように真似できるが。
しかし、それでもこのシチュエーションは異常。
オチは秀逸。巻頭を飾るには申し分ない作品でした。


イマジネ・バナー
瀬菜モナコ作。
とりあえずヤフオクでイマジネバナーを検索。
ううむ、出ていない。となると、中古市場に出回っているのか?
秋葉か、日本橋か、はたまた全国のお宝鑑定団か。

つうか、あのフィギュアがエロ系のものに見えないんだが。
なんていうか……ノーマル?


14歳~性の相談室~
石黒正数作。
ブラだけじゃなくてパンツの有無も聞くべき。

「パンツ?はいていないよ。スースーして気持ちいいもん」
おかわり。


キミキス
糸杉柾宏作。
ダメだ。純粋すぎて私には読めん。
近親相姦じゃないんです。これは、近親相姦じゃないんです!


奥サマは小学生
松山せいじ作。
なんだろう……これを読むと作者の口にもバナナを突っ込みたくなる。
あっ、この場合のバナナは性的なものじゃなくて普通に果物の方です。


[チャンピオンREDいちご創刊号]の続きを読む
付録としては良い出来でした。


舞-乙HiME superH2
7つある短編の中でこれだけ漫画版準拠。
秋田の付録なんだから全作漫画版準拠でも良かった気がするんだが。
口約どおり全ページ裸というのが素晴らしいけど、いかんせんページが少ない。
それでも、充分エロかったけどさ。

漫画版ニナはどうしてこんなに可愛いんだろう。
アニメはムカつく女だったのに。
出来が良かったけど、マシロくんが一コマしか出てないのはマイナス。

そういえば、舞乙嵐はどうなったんだろう?
聖痕もだいぶ落ち着いてきたんだし、そろそろ追加情報が欲しいなぁ。


トモエノウタ
ヤマケン版舞乙。
前回は奈緒を描いていたので、今回もナオかと思ったらトゥモエ。
トモエのいじり方が非常に上手い。
生身で落ちたのに、のくだりは全視聴者共通の感想だったよなぁ。
そのあたりのイジりも上手い。さすがだ。


ペット注意報
阿倍野ちゃこ作。
ミス・マリアの使い方が秀逸。
それとばっちゃは言ってた、ではなく、ばっちゃが言ってたの方が違和感ないと思う。


再試験+湖+災難=?
内村かなめ作。
シズナツからシズマシへの移行がエロ鮮やか。
作者は絶対にシズル好き。


それは女王の一大事
むっちりむうにい作。
マシロ女王コスプレ祭り。内容はかなり薄いなぁ。


ガルデローベ危機一パンツ!
速野悠二作。
ノーパン祭り。執拗なまでのノーパン描写には脱帽。
ナツキいじりも上手い。ていうか、ナツキの制服姿が良すぎる。
あの姿でフィギュア出ないかな。


オトメのとっくん!?
Donkey作。
ニナちゃんの感度開発祭りだが、トリにするには弱い。


総評
ヤマケン、速野悠二の二人が頭一つ抜けた感じ。
それ以外はどっこいどっこいでした。出来が悪いってわけでは無いです。
サトケンのはページ数が少なくて……まだ、忙しいのかなぁ。

アニメ版しか知らない人にはかなり良い小冊子だったかも知れません。
でも、私は漫画版が好きなんだよぉ……

ソフィ・ローデンベルグ、ツイスターの異名を持つ!
カーチス・ブライス、料理はビックリ箱が口癖!
大谷水月、料理はパワーや!
ユージー・ウルフマン、切り刻む事が大好き!
ルーシー・ウォルター、元科学者!
ジャック・オケント、自分の食欲を満たす目的で料理人になる!
藤田貫一、薬膳こそ世界一と信じている!
阿武隈源次、自称お茶の間のアイドル!!

ここにきて、影の薄いキャラの再確認。
残った8人は前作組と見た目にインパクトがある組だろうか。

おそらく、料理は~と書いてある上の二人は通過するだろう。
後は、ジャンと沢田と筍とグラサンとオカマとサイクロップスかな?

ただ、それよりも気になるのはジャンの作る料理だ。
ジャンが選んだ物はハスの葉、ハトの卵、広東省の地鶏。
……もしや、これはあの料理の材料か?

いや、ジャンが作るのはおそらく「それ」では無いだろう。
常に予想の斜め上をいく男、それが秋山醤だぜ!

と、思ったところで会場に小此木と楊が合流!
ついに出てきたか、楊。でも、今大会では出番無さそうだよなぁ。
キリコ、小此木と共に解説役になるんだろうか。……勿体無いなぁ。

追記
登場人物紹介にセレーヌ楊を追加。


新たなクェイサー、エカテリーナ=クラエ、通称カーチャが現れた。
なるほど……これはいいロリッ娘ですね。
サトケンの描く幼女は……いい。アリッサといい彼女といい。

そして、カーチャを見て何やら反応する華。
あれあれ……何だかヤバイ雰囲気が漂ってますよ?

一方、まふゆ達は街へ買い物へ。
後ろで蝶を追いかけているテレサが非常に可愛くて困る。

その頃、何やらヤバげだった華は……

img372.jpg

気を失った幼女にキスマークをつける女の図

……華さん?
え? これってゾクセイだったっけ?(女の子の新しいところ見つけちゃおう)

……まさか、脇役の彼女にこんなテコ入れイベントがあったなんて……
しかも、思いっきりダメな方のテコ入れ。
ロリコンで百合属性って人としておかしいです。

……違うよね?
本当はそうじゃないよね? 華はちょっと意地悪なだけの女の子だよね?
ちょっと、甘い匂いが吸い付いてみたくなっただけだよね?
そうなんだろ、華!! さあ、言うんだ! 私は変態じゃないって!!

img373.jpg

……

1img373.jpg

…………

img374.jpg

………………!!

img375.jpg

……ダメだ、コイツ……早くなんとかしないと……


本日の教訓
1.変態は身近なところにいる
2.自らを変態だと認めた場合、幼女の素敵な場所にキスできる

あ、本編の方はサーシャがカーチャと戦ったり、アデプトが出てきたりして
なんだか盛り上がって参りました。おわり。


追記
ちゃんと単行本も買いました。
面白かったのは巻末の吉野の記事。
まさか、サトケンが親にアレを見つかって言い訳をするという
とても楽しそうなイベントが起きていたとは……

思ったよりも良かったです。
SUPER H2が4ページだったのは悲しいけど……不足分は舞乙嵐で補いますよん。
ヤマケンとおキツネ様は普通に面白かった。

いちご本誌も私的には満足な内容でした。値段も安いし。

詳しい感想は後日書きます。
現在、読み込み中……しかし、全部読むのには体力使いそうだなぁ……
ワンピースロングカレンダーとか年賀スタンプとか付録がたくさん。
チャンピオンにもこれくらいやって欲しいが、まぁ、秋田はお金が無いからな。
贅沢は言いません。


CROSS EPOCH(読み切り)
例のワンピースとドラゴンボールのコラボ漫画。
ネームは尾田先生が、DBキャラが出てくるコマは鳥山先生が描いたみたい。
久々に見た鳥山悟空だけど、ほとんど変わって無くて安心。
鳥山先生、楽しそうに描いてるなぁ。

欲を言えば悟飯は出して欲しかったなぁ。トランクスは出たのに。
でも、全体的には豪華な内容でとても満足。今回のジャンプは保存必須ですね。


仁義なきクリスマスプレゼント争奪戦(読み切り)
ガイキングスタッフは太蔵を読んでいたのか。
壁に貼られているなんてすごいな。


テニプリ

img369.jpg

※これはテニスの試合です

こいつは、ヤバい状況だ。まさか、波動球を無効化できるとは……
天津飯にかめはめ波が効かないようなもんだ。

しかし、なんで石田は腕への負担を我慢してまで
チマチマ波動球のレベルを上げているんだろう。

どうせなら、一気に百八式を出してタカさんを葬った方が早くが無いか?
でも、そうすると殺害した事により反則負けみたいな感じになるのかね。
ルールブックに書いてないのかな、そういう規定。

いや、まぁ、タカさん好きだから死んだらイヤなんですけどね。
でも、このままいくと確実に死ぬよね。または永遠にテニスのできない体になる。
全国の一億五千万人のタカさんファン、タカさんに元気を集めるんだ!

ていうか、二階席まで吹っ飛んだ事に対しては皆さんスルーですかそうですか。

波動球の最終的な威力を計算
やはり、石田には勝てないのか……

[週刊少年ジャンプ第45号]の続きを読む
第1号となったヤングアニマルですが、ベルセルクは休載です。
でも、2号からは載るみたいです。やっと見れると思うとワクワクしますね。

今週のヤングアニマルについては特に語る事は無いです。
どの漫画もそれなりに面白かったですが。
特にああ探とのの美はどんな時でもコンスタントに面白くて良いですね。
アクが強いアニマルでも安心して読める。

チャンピオンで言えば、ショーバンとサナギさんポジ。
ショーバンはちょっと違うか。

後、今週は八木と中村先輩が輝いてました。
路上のケンカで躊躇せずに攻撃できる中村先輩は大したもんじゃあ。
八木は落ちるとこまで落ちた感がすごい。
今時、カワイ娘ちゃんなんて誰も言わないのに。

職殺は思った通りの展開でちょっとガッカリ。
さきミルはクライマックスまっしぐら。

えー、そんなわけでヤングアニマル簡易感想でした。
なんか忙しい日々が続いてたんですが、それも今日で終わりです。
明日からはもうちょっと更新のペースが早くなると思います。

そういえば、26日は待ちに待った「いちご」の日ですね。
チャンピオン紳士の正式なクリスマスですよ。

それと、オーベルテューレ見ました。
銀様が可愛すぎて困る。水銀党で良かったよ。
まさか、コードギアスのツンデレ枠がルルーシュだったとは……!
しかし、最近は女の子のツンデレよりも野郎のツンデレの方が反響ありますよね。

今回の目玉は何といっても、紅蓮弐式VSランスロットのバトル。
動いてないアニメが多い昨今、良くあれだけ動かせたなぁって感じ。
シルバーなロボットアニメとスーパーなロボットアニメも見習って欲しいですわ。

ただ、パイロットの腕はやっぱりスザク>カレンなんだね。
スザクと完全に張り合えるのは藤堂あたりになるのかね。
無頼で親衛隊と互角なんだし。

そして、ド派手なロボットアクションの後に待っていたのはぶっ壊れたオレンジ。
……ヴィレッタに回収されなかったのか。
なんだかこの先、彼には夢も希望も無くジェリド化して死んでいくような気が……

しかし、オレンジ君はまだ運が良い方だ。
脱出装置を自分から押したのに死んでしまった人もいるんだ。

だからやれる! まだやれる! まだ君は生きている!!
地獄の底から這い上がれ! オレンジ!
当ブログはオレンジを全力で応援します!

次回の放送は年明けです。
多分、OPが変わります。ジンに。
……OPだけミュートにしようかしら。(失礼)

ところで、プレゼントの応募者にヤンキー狩りがいたんですけど。

<ニュース>
年末年始だけコードギアス無料配信が始まるそうです。
見ていない方はぜひ。


改めて水島新司の凄さを知る。
50年間休載無いんですってよ、冨樫先生、萩原先生

関係ないけど、アンケートの面白かった漫画欄は3つじゃなくて5つにして欲しい。
毎回迷ってしょうがないです。


マジカルER(新連載)
武狼ひろみ、新連載。とか思ってたら集中連載の表記も。
どっちやねん。

内容は……うーん?
この人ってこんなパンツ描くの好きだったっけ?
読み切りを読み返して見ると、むしろ「乳派」に見えるんだが。
というか、読み切り時代の方が普通に面白いと思う。

魔法少女+医療っていうのは相性がいいのか悪いのか……
とりあえず、次回に期待です。
もっと、おっぱい描いてもいいんだぜ、先生。

[週刊少年チャンピオン第4・5号]の続きを読む
着物はいいなぁ。何度見ても。
着物から覗く胸の谷間、チラリズム。いいねぇ。
ああ、これは私の持ってるフィギュアの話です。

今週のゾクセイは……特に言うこともなく無難な回でした。
おっぱいぶるんぶるん揺らしながら賽銭投げたりするのかなぁ、とか思ってたんですが。

ていうか、階段で座るなよ。邪魔じゃん。
全く最近の若者は。
ベクター・ケースファイルのテレカ来ましたよん。


おしおきシャーマン娘(読み切り)
廣瀬周、読み切り。
ジャンルは美少女ホラーアクションだろうか。

絵はすごくいいんだけど、内容は……うーむ。
期待していただけに、ちょっと残念。
原作がつけば、かなり化けそう。次に期待。


フランケン・ふらん(読み切り)
ふらんシリーズ読み切り。
純愛。どうしようもなく純愛。
だと、思ったら最後のコマで壮大に落としやがった。
確かに命がけの交尾だな、これは。


魅羅狂☆餓有頭(読み切り)
松本英、読み切り。
いい意味でくだらない漫画。いや、ほんとにくだらなくて笑える。
編集の煽りがなんの意味も為さねぇw


凶悪ランドセル少女パッセロ!(読み切り)
主人公よりもロリコンおじさんの方がキャラが強くて……
パッセロの言葉使いはグッド。


総評
ふらんが飛びぬけて面白かった。
笑えるという点では、魅羅狂☆餓有頭の一人勝ちかな。
残り二つも面白くないってわけでは無いし。
REDの将来は結構安泰かしら。

[月刊チャンピオンRED2月号]の続きを読む
週チャン分が足りない……力が出ない……


シャブスキ(読み切り)
シャブシャブ。
なんか冒頭からすごい漫画だ。
妹がいい味出してる。


コンビニん
うお、今回すげぇエロいぞ。
そうか、アイスだったらモザイクかける必要ないもんね。

img368.jpg

※これはアイスです

考えたな、先生。


スクールメイト
乳首解禁。
紗月ちゃんはいつ脱ぐんだろう……。
ていうか、未来って中学生じゃないか。


ピンクDEピンク
本気でエロ展開。
もう○○○○なんて見たくねぇ~は名言。


ぱんつぁーくらいしすっ(読み切り)
こいつぁ、素晴らしいパンツ漫画ですね。
全ページにわたって女の子パンツ丸出しとは……
しかも「恥じらい」のオプションつきですよ、アンタ。
パンツを制するものは世界を制す。うーん、これも名言だな。


まるたろう
虎舞竜で笑った。なぜ、そこでロード。


僕と彼女のホント
新たなるおっぱいキャラ。
貧乳好きの人がこの漫画みたら発狂しそうだなぁ。
新キャラはまだちょっとパンチが弱いかしら。
しかし、メガネ率高いよなぁ、これ。いや、大好きですけどね、メガネ。


ヤンほぼ
ヤンほぼのアクションシーンを見ると、エピGを思い出してしょうがない。

物理的にありえない
今更突っ込むか、それ。


待ちぼうけ
ありゃ、なんか普通にいい話ですよ。
おら、びっくりしたぞ。


ププッピDo
コメント不可能。


次回予告
春輝、掘骨砕三が読み切りで登場。ついに着たか……
予告にEVILIVEが載ってないけど、何でだろ。

しっかし、今回も本番シーン多かったなぁ。
尺が短いだけでエロ漫画とやっている事がほとんど変わらんよ。
個人的には今の路線で大満足ですけど。

誌面も充実しているし、そろそろ三峯徹が投稿してきてもおかしくないんじゃない?

チャンピオンREDもヤングチャンピオン烈も出たけど、ジャンプの感想です。


重機人間ユンボル(新連載)
武井宏之、新連載。
ロボット+サイボーグヒーローな漫画。
イカれた言語センス、間、小ネタ。これぞ、武井宏之。

正直な話、予告を見たときユンボルにはそれほど期待していなかった。
でも、それは大きなミステイク。

全く持って予想できない展開。(いきなり姫とか)
ぶっとんだ設定。(重機をロボにしやがるとことか)

ゆえに面白い。予想できないからこそ面白い。
……ネタ漫画だと思っていてすいませんでした。

えー、新連載陣でどれを応援するか? と聞かれたから私は断然コイツを応援します。
今度こそ、円満終了を目指して。まずは、コツコツ地道にアンケだぜーー!

img367.jpg

なぜ、こんなところにキユ先生が!


竹田君
Dグレが休載の為、代原。休載理由は、ノロだそうです。
この作品については特に言うことは無いです。おしまい。

[週刊少年ジャンプ第3号]の続きを読む
12月19日はヤングチャンピオン烈とREDが同時に発売される。今から大変だ。

ヤニーズ騒動で忘れていたが、未だにカムカと猫天のコミック発売の発表が無い。

メイドサンダーもペンギン娘も出るんだ。
そろそろいいんじゃないかな、秋田書店さん。
今週、すごく面白かった。
シーツーのスク水見れたし、会長の足パタパタ見れたし、
カレンのコクピット姿がエロかったし、紅蓮弐式はかっこよかったし。
テンポも申し分無しだった。

なのに頭に残っているのが、
オレンジのシーンだけっていうのは何故ですか?

1166130945218.jpg

どうみても逝ってます。本当に(ry

ていうか、オレンジくんの脳は大丈夫なのか?
助かっても廃人コースだぞ、これじゃ。

それとも後半で全身サイボーグで復活したりして。
それはそれで面白そうだ。ヴィレッタは苦労しそう。

次回はスザクがまたまた大暴れな予感。
個人的にはコッチに紅蓮フィンガーを喰らわせて欲しいです。
なんというか……スザクを見てると某スーパーコーディネーターを思い出すんで。

ところで、オトメダマのカレンの彩色見本が出てきたわけだが……
http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/64481
今のところ、出来は良さそう。ここからどれだけ劣化しないですむかが勝負ですな。
しかし、このポーズは何だろうね。
《新装版》夢幻紳士〈マンガ少年版〉
発売されました。
収録作品はマンガ少年版夢幻紳士全話、クレイジーピエロ3篇、
義眼物語や腸詰工場の少女等の短編が5篇でした。

夢幻紳士を集めたいけどどれから見ればわからない人や
読んだ事が無い、また全然知らない人なんかにはいいかも。
「私は加護女」から高橋葉介に興味を持った人にはなおお勧めかと。

ただ、描き下ろしは表紙のみなので、既に前作を持っている人には微妙です。
新刊情報一気に更新。
1月に椿ナイトクラブ2巻。
そして、2月に椿ナイトクラブ3巻です。
しゅごいしゅごい、哲弘先生。範馬刃牙並の好待遇じゃないですか。

えーと、その他のコミックは……
空手婆娑羅伝 銀二1巻にペンギンむす……ペンギン娘?
ちょ……ペンギン娘の単行本出るのかよ!
いや、別に出すのは構わないんだけど、
それならブンガとキレルの2巻を出してくれても……
なんていうか、世の中変わりましたね。

えー、気を取り直して……
ムテムス3巻、範馬刃牙6巻、卓球Dash!!(ピンポンダッシュ)6巻、
ヤニーズ1巻、椿ナイトクラブ3かn……あれ?

…………ヤニーズ?
え……あれ? 作者欄「哲弘」って書いてありますよ?
ということはあのヤニーズですよね? それしかないよね?

しかも、「1巻」としっかりナンバリングされているということは
ひょっとしてひょっとすると……
ヤニーズ全巻出るかもしれないって事か!

……秋田書店、始まったな……
ところで、ヤニーズを「少年」チャンピオンコミックスの括りで
出して大丈夫なんでしょうか?
なんか暇だったんで調べてみました。
ちなみに、回想、妄想に出てきた回数は含みません。
まずは調査結果から。

椿 五十六・三島 茜/35回 
瑞木 綾女/3回
千草 槙/8回 
三輪 明仁/6回
紅砂 真琴/22回
紅砂 蓮/11回
剣 藤花/5回
橘 花子/5回
必勝 由美/10回
西東 青/6回
多門 龍/7回
鏡 尋人/5回
千歳先生/8回
椿 秀右衛門/4回
ジェファーソン/4回
星蔵/11回
田代先生/5回

星蔵はもっと出てるかもしれません。
浮き輪の柄や背景の小物にもなってるし。
他の人物は1、2回の誤差はあれど多分これで合ってると思います。

こうしてみると、紅砂兄妹の回数が突出してますね。
特に真琴。必勝も意外と多い。

綾女さんはもうちょっと出して欲しいなぁ。田代先生より回数少ないし。
でも、変態濃度が低いから絡ませづらいかもしれんね。

意外なのが三輪さんの6回。
もっと出ていると思ったんだけどなぁ。
思えば彼の初登場から色々と狂いだしてきたんですよね。
ある意味、椿ナイトクラブの裏番かもしれんね。もしくは先行者。
第一回戦がついに始まった。
出場した料理人達の名前も明らかになっ……
あれ……? 薬膳の藤田と熊源さんがいますよ?

えええええええっ!
沢田や筍だけじゃなくこいつらも予選突破したの!?

だ、だって藤田だよ? 熊源だよ?
ある意味沢田以上のかませ犬な人達だよ?
大体、こいつら料理は云々、ってモットー無いじゃん。
こいつらを出すんだったら、河原祐司と大前孝太を出してやれば良かったのに……

藤田と熊源が予選突破をしたというジャンR史上最大のサプライズを迎えて
一回戦が開始される。

しかし、動こうとしない料理人達。
十三龍料理人ブラドによると、
>速さだけなら最低8番目までに作ればいい
>重要なのは80点というボーダーラインを越える事
>つまり、重要なのはタイムよりも味!

なるほど、正論だ。
しかし、この漫画においてこういう正論を吐く奴は気づいたら負けている。
ブラドさんに早くも暗雲が……

ブラドの演説終了からようやく準備を始める料理人達。
毎度のごとくデカイ鉄板を用意する沢田。
電子辞書みたいな料理本を使い出す娘。(個人的にこの娘は敗退すると思う)
調理台の配置を変える娘。(この娘も敗退しそう)
いきなり熊を探し始める我らが熊源。

く、熊源さん! 熊源さん!!
あんた前作みたいな事しなくていいから!!
それ、あんたにとって敗北フラグだから!!

そして準備を全く始めようとしない醤。
醤の真意は一体!?
次回に続く。

今回、沢田が何気にかっこいい事を言っていた。
ひょっとしたら本当にやつはパワーアップしているかもしれない。
もしかしたら、決勝戦の相手は……沢田か?

登場人物紹介に藤田と熊源を追加。

今週の木曜日はチャンピオン休みなんですよね。
ついでに更新するようなネタも無いですね。

休むってもなんだしなんかネタ探しときますね。
多分、フィギュアの話になると思いますが。

あっ、そんな事よりもまずジャンの感想を書かないと。
でも今日は連ザがやりたいです……。

というか、今回の連ザCPUがかなり強いです。
キラやアスランが出てるから買っちゃおう! 的な人にはキツイでしょうね。
ガンダム動かせるから買っちゃおう的なお子チャマは泣くでしょうね。
そんぐらい敵が強い。核ミサイルがとびまくってきた日にはもうね。

だが、今回の連ザにおける最大の敵は一緒に出てくる味方。

味方の誤射

自機の動きが止まる

敵に攻め込まれる

うわぁぁぁぁ

こればっか。
るろ剣新装版の宣伝コラは面白いなぁ。


神力契約者M&Y(新連載)
暁月あきら新連載。ジャンプにしては珍しくエロ同人からの採用。
その事からエロ方面に期待してたんだけどなんか全然エロくありませんでした。
まぁ、先週の新連載がアレだったからなぁ。

内容も全体的に無難な感じ。
主人公達の能力はありがちだし、災獣のデザインも普通。バトルも地味。
ダメではないけど面白くも無い。ついでに言うと必殺技の名前がちょっとダサい。

あれだけのエロ同人が描けるんだから、
もう少しそっち方面に突き抜けても良かったはず。
ジャンプじゃ難しいかも知れないが、
どうにかして本来の持ち味を生かして欲しいなぁ。

・・・まぁ、今のところは様子見です。
後、ミコトを見てるとこの方を思い出すのは私だけでしょうか。
うなっ!

[週刊少年ジャンプ第2号]の続きを読む
ベルセルク、セスタス、いつか勝ち組、DMC、職殺は休載。
……休載多すぎだろ。


ふたばの教室(最終回)
これから面白くなりそうだったのに……終わり?
ヤンアニでは安心して読める漫画だったのに残念。
清涼剤は必要だと思うんだ。

まぁ、終わっちゃったものはしょうががないかなぁ……。
いくとこが無いならチャンピオンに戻ってきて欲しいなぁ。
ひとまずお疲れ様でした。


DMCが生まれた日
まぁ、特に言うことはありません。


二代目はこすぷれーやー
今回のコスプレ衣装が全部わかった人はいるんだろうか。
ミーアと……えっと……


キミキス
>女の子はキスで出来ているんだよ……
はい、ここ試験に出ますよ。


ああ探
コンスタントに面白くて好きです、ああ探。

>おもしろいとか好きとかただそれだけで……充分じゃないですか……
真理。


ホーリーランド
八木はいい感じの下衆野郎ですね。


ちょこシス
ひょっとして最終回近い?
ちょこは最終的にはどこかに行ってしまうんだろうなぁ……
今週のはるまはカッコよかった。


次回予告
DMC巻頭カラー。
OP一部差し替え。見所がかなり多し。

ねこにゃん祭りで15分程使うと思ったら、
リフレイン(過去を思い出す麻薬)を巡ってのやけに暗い話に。

カレンの家族にスポットを当てつつ、
イレヴンとブリタニア人の格差を再認識させる構成は見事。
お母さんと仲直り(?)できて良かったのぉ。

一方、考えが大きく対立するルルーシュとスザク。
スザクの言ってることにはどうも賛同できない。 組織を変えるという考えはいい。

だが、そんな悠長な事をやってるうちにも犠牲者は出るのだ。
スザクはその事をわかっているのかいないのか。

だからといってルルの考えに全力で賛同するわけでは無いけど。

そして、いよいよ動き出すヴィレッタ。
ひょっとしたらゼロに一番近いのは彼女か?

あ、オレンジくんはまた微妙に役立たずな感じでした。
なんかオレンジって聞いただけで堪えてるし。
喫茶店とかいったら発狂するかもな。ブロックワード、オレンジ。

次回は活躍……できるかな、オレンジ。
また新たな伝説をつくりそうな気もするけど。
しかし、総集編をはさんだけあって気合が入った回だったなぁ。


二期オープニングを歌うアーティスト決定
何でよりにもよってジン……FLOWとアリプロでいいじゃん。
映像差し替えだけでいいじゃん。何も歌変えなくていいじゃん。
……血迷ったか、スタッフ。
ゾクセイ 2 (2)
描き下ろしはありませんでした(無かったよね?)。ファック。

めっちゃキャン 2 (2)
前半はこれまでと同じく人情話中心。
後半はそれまでとは違いガチンコな料理対決。

もっとも、この料理対決も最後は感動テイストで終わるんだけど、
今までの内容よりはずっと料理漫画してました。
やはり料理は勝負でしょう。

でも、せっかく国広先生が作画してるんだから、
もっとエロエロにしてもバチは当たらない。
むしろ、読者が望んでいるのはそんな展開の筈。

生きのいいエビが服の中でピチピチ跳ねてもだえるいちごとか、
タコに体中を這いずり回られるいちごとかを望んでるんですよ、皆は。
ていうか、私が。

そのあたり、九十九にはしっかり勉強していただきたい。
精進するのは国広先生ではなく、九十九さん。アナタですよ。

しかし、カバー裏のいちごにはやられた。てっきり脱いでいると思ったのに……

めっちゃキャン1巻のレビューはこちら
テレカの応募は椿ナイトクラブ、私は加護女、鉄鍋のジャンにしました。
ゾクセイは、他に欲しい人がいると思うんで権利を譲ります。
なんていい奴なんだろう、俺。


王様のオーパーツ(新連載)
西川淳、新連載。
チャンピオンにしては珍しく王道的な少年漫画です。
王様王に俺はなる!

ただ、こういう漫画って今のチャンピオンの誌面にイマイチ合わない気が。
サンデーなら全く違和感無いんですが。
でも、たまにはこういう真っ直ぐな漫画もいいか。

キャラメルリンゴ化だけは勘弁ですけどね。
何にしろ、単行本の心配はしておこう、うん。

第1話の出来はなかなか良かったんじゃないの?
ただ、最後の決め技がオラオララッシュっていうのはどうよ。

[週刊少年チャンピオン第2+3号]の続きを読む
チャンピオンのかんそーは明日でーす。眠いでーす。
レポート終わんないでーす。

SUPER H2は裸祭りになる模様
>特に佐藤健悦先生の「舞-乙HiME SUPER H2」は
全ページがハダカという素晴らしさです!! ご期待ください!!

>全ページがハダカ
>全ページがハダカ
>全ページがぱおーん
>全ページがハダカ



nandatte.jpg

<前書き>
祝! ゾクセイ50回達成!!
いやぁ、本当にめでたいですね、50回達成。
時間にすると約一年! 一年ですよ、一年!

そうしてみると一年もゾクセイの感想書いてたんだなぁ、私は。
あっはっはっはー……死ねばいいのにね、俺。

……初めはね、10回や20回で終わると思ったんですよ。
単行本が一冊出て、ハイ終了って思ってたんですよ。
だって、毎回毎回違うキャラ用意できるわけないでしょ?
普通そう思うでしょ? みんなもそう思ったでしょ?

ところがどっこい。今回でもう50回ですよ。
ここまで一度も休載無しで。

……これに関してはね、松山せいじを舐めてましたよ。
彼の想像力がここまでとは思わなかった。

正直な話、途中で何度も他の漫画に浮気しかけました。
明日のよいち!のがいいんじゃないか、とか
みつどもえのがみんな楽しみにしてるんじゃないの? とか。

でも、そんなのはもういいんです。どうでもいいんです。
大事なのはそんな事じゃないんです。吹っ切れましたよ、私。

こうなったら、もういくとこまでいっちゃいますよ。
1000話続こうが、10000話続こうが、チャンピオンが廃刊しようが。
最後の最後のまでゾクセイの感想を書き続けます。

そんなわけで、これからもゾクセイとグレスタをよろしくお願いします。

じゃあ、気を取り直して本日の感想。

<あらすじ>
学年一の美人、伊集院さんは勉強も出来て家柄も良く正に高嶺の花。
しかし、本当の彼女は……

<感想>
えー、なんていうか、その……
今回すごく良かったです。本当に。
特にケーキを渡すこの表情がすごいツボ。

img366.jpg


この衝撃を味わったのは4話の月下人美さん(不良少女)以来ですよ。
いいもん書くじゃないか、先生。

そんなわけで今週はBEST3に入れてもおかしくない回でした。
あー、長い前置き書いただけあったわ。松山先生、グッジョブ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。