グレースタイル 2006年11月23日
FC2ブログ
m9パール
3月に始まったスーパーフレッシュ大攻勢で
生き残ったのは椿ナイトクラブだけか……。
やっぱり、連載経験があると違うのかね。


星のブンガ(最終回)
アンケートも毎週送った。単行本も買った。
ブログでもプッシュした。

……それでも切られる時は切られるんだなぁ……。
アンケ出してた漫画が打ち切られる事がこうも悲しいとは……。

「俺たちの戦いはこれからだ」ENDではなく、
二人の絆を前面に押し出した感動的な最終回。
正直、この展開は予想してなかった。

ビリーと姫の語りといい、細川先生は会話を描くのが上手いなぁ。

いつでも続きを描けそうな内容にしてくれたのも良かった。
また、いつか星のブンガが再開される事を願って、
その時までチャンピオンを買い続けますわ。

細川先生、お疲れ様でした。
……サンデーでもガンガンでもコミックビームでもいいから、
先生を拾ってくれんかのぉ……。



ヤンキーフィギュアnano(読み切り)
ミッチェル先生読み切り。前作「ヤンキーフィギュア」の続編。
これが復活してくるとは思わなかった。

内容はチャンピオンREDのプレ連載みたいな感じで、
これだけじゃ何ともいえない。
といっても、やってる事は前作と変わらなかったけど。

現在連載準備中って事はヤンフィギュが本連載昇格って事だろうか?
別に嫌じゃないけどネタは持つのか?
とりあえず、ちょびっとだけ期待しておこう。


三毛猫ホームズの宝さがし(読み切り)
三毛猫ホームズ第2弾。推理漫画って感想書きづらいんだよなぁ。
晴美さんのおっぱいが心なしか増量されてた気がする……。


[週刊少年チャンピオン52号]の続きを読む
スポンサーサイト



圧倒的な力を見せつけ予選を突破する醤。
しかし、その体はボロボロだった……。

妙に醤が大人しいと思っていたら、どうやらケガをしているようだ。
それもかなり重傷だ。どうやら十三龍に何かされたようだ。

この大会に出たのは十三龍のやつらに報復するためらしい。
なるほど、だから登録名を「名無し」にする必要があったのか。

一方、会場では沢田が手から炎を出したり、
筍がフレディの物まねをしたりして大盛況だった。

……こいつら、色物度が上がってやがる……!
色物度が上がったという事はそれだけかませ犬率が上がったという事だ。
ひょっとしたら二人とも料理シーンすら描かれずに負けてるかもしれない。

それに比べると二人のメイドは手ごわそうだ。
大谷水月は、予想に反してパワー系の人間だったのか。
料理は腕力。浮き出た血管がちょっとキモイ。

それと、佐藤田さんの技は何か役に立つんだろうか?
あれは料理じゃなくて手品だと思うのだけど。
ていうか、実際問題役に立つのか、あんな技?

場面が変わりトイレで包帯を替える醤。
そこへキリコが現れる。
トイレのドアを片っ端から開けまくって。

img355.jpg

怖い! トイレのドアを片っ端から開ける女

えーと、キリコさん?
他の人が入っている、っていう事は考えなかったんですか?
ていうか、何故トイレにいると思ったんだ。

醤の匂いでも嗅いだんだろうか。
確かに三年も一緒にいたら、それぐらいは出来るかもしれない。

大会に出た理由をキリコに語る醤。
大人しく包帯を替えてもらっている醤がとても素直だ。

最後のコマを見ればわかると思うが、
どうやら醤は十三龍のやつらのトラックに轢かれたらしい。

一体醤は何をやらかしたんだ? 
……まぁ、大体の予想はつく。

十三龍をコケにしまくったとか、
誘いをとんでもない方法で断ったとか、そんな感じだろう。

しかし、トラックで轢きにかかるとは随分とまた……。
料理人なら料理で勝負せんかい。

それにしても醤もキリコも随分と性格が丸くなった。
二人とも大人になったんだなぁ。

ところで、あの生きている食材の正体は何だろう?
シルエットを見る限りでは……熊かな。

とすると、熊料理の阿武隈源次が出てくる可能性がある。
解説役で。