グレースタイル 2006年07月
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルースの宝とは義眼に生めこまれたメモリーチップだった。
大金庫の鍵だとか、そういうものを期待したんだけど大はずれ。
大金庫の破り方の方だったか。

今回の最萌えはブルースのお付き役の二人ではなく、
2回も眠らされた頭取で決まりだろう。

それと、OPで9月のシーンが消されてしまうのかと、
ハラハラしていたんだけど余計な心配だったようだ。

それにしても、のこり8話で収拾つくんだろうか。
続きはDVDで! とかだったら泣くぞ。
スポンサーサイト
今回は茅原先生メインの回。
ニャーの時と同じように、Aパートで登場させてBパートでキャラ立てする構成だ。

それと、同時にめぐみの思い込み話を交えた30分。
今回もとてもテンポが良かった。

ただ、茅原先生の自殺癖はやはりカットされたようだ。
やっぱり深夜枠でも無理だったか。

茅原先生の極上笑顔も良かったけど、
やはり今回のキモはめぐみの入浴シーンだろう。

まさか、ムテムスで欲情するとは思いもしなかった。

深夜枠でよかった!

megumi1.jpg


megumi2.jpg

めぐみちゃん、エロい。
今月のチャンピオンREDのエロさは異常。

いや、ほんとエロいです。
べジータ風にいえば、まるでエロのバーゲンセールだな、って感じ。

といっても、安売りなエロではなく、そこはちゃんと考えてあるエロなわけで。
とりあえず付属のクリアファイルがエロいってどういうことですか、奥さん。


MONOクロ
女の子二人が10ページ以上も乳繰り合う話でした。

img173.jpg


ちなみに、前回のMONOクロでは主人公のお姉さんがバイブオ○ニーをしていました。

img172.jpg


なんか、毎回こんな感じの話です。エロエロ。


ベクター・ケースファイル
なぜか師匠の友達がソープで働くイメージ図が描かれていました。

img181.jpg

……カミムラ先生はどんな顔をしてこのシーンを描いたんだろう。

というか、なんでわざわざREDに移ってまで乳首描いてるんだ、先生。
漫画の内容は、ムシチクをふんだんに盛り込んだちょっとしたエログロもの。
サイカチと違い、完全にジャリガキ無視な感じで非常に面白かったです。
ちなみに、ベクターとは害虫という意味らしいです。


魔女の騎士
可愛い男の子が化け物にオデの子を孕め、と襲われる話でした。

img174.jpg

作者のニノ瀬先生は、
ファンタジーが苦手な人にも楽しんでもらえるように描いたらしいのですが
男の子が化け物にバックから襲われるシーンを描くなんて
一体どんな層を狙っていたんでしょうか。

まぁ、とにかくエッチッチーでした。眼福眼福。


聖痕のクェイサー
プレ連載を見た限りでは面白そう、かな?
まだ何とも言えないけど。
ニャーが加入してからテンポの悪さも消え、面白さが増したムテムス。
千葉テレビの新聞欄でも正式名称で紹介されるようになりました。

img171.jpg


今回は敏行大暴れ&太田のスターレンジャーなりきりの話。
敏行の強さは充分に伝わる内容だったし、太田のオタク性もよくわかる構成
だった。やはり、ムテムスは脇役が良く光る。

でも、そろそろ茅原先生の出番が欲しいところ。
辻や権藤は……出れないだろうな。1クールだし。

そうそう。テレ東の木曜6:30の枠が空きそうなんで、ムテムスをそこに
移動させてみてはどうだろうか?
内容的にも夕方でもできるし。テレ東さん、お願いしますよ。

諸君らの愛したセプは死んだ! 何故だ!

はい、そーいうわけでセプが死にました。
アンドロイドだから修理すればええやん、と思ったんだけど
なんか全部吹っ飛ばされたらダメらしいです。

うわー、応援していたキャラがもう死んでしもた。
ショックなんで今日の感想はやっつけな感じです。

なんか色々あって、海賊王の右腕のスワンプが仲間に。
とても奇抜な髪型だが、セットには何時間かかるんだろうか。

それと、あの体型で逃げ足も結構速い。さすがは右腕だった男だ。
さらに、スワンプは過去にビショップと戦って勝った事があるらしい。
つまり、実力ではスワンプ>>>ビショップ。

……なんというか、ビショップの立場が危うい気が。
顔がかっこいい設定もまったく生かせてない。
つーか、キャラデザのせいなのかどうみても三枚目だ。

このままだと、役立たずメガネで終わってしまうので
1回ぐらい活躍させて上げてください、ufoさん。

それと、1話で首だけになったメイは(ジブリじゃない)
アンジェリカに回収されておりました。もちろん、首だけで。

いったい、いつ回収したんだろうか。
そのあたりの説明がちゃんと欲しいところ。

さて。
上でもさんざん書いたんですが、僕のセプちゃんが死んでしまいました。
動いている人間の狙撃シーンを描くのが面倒だったんでしょうか。
大して見せ場も無く、無残にもわずか3話で退場。

思えば、1話の登場シーンが一番輝いていたような気もします。
さようなら、貴重なスナイパーキャラ。さようなら、僕の誕生月の少女。
さようなら、さようなら、さようなら。

sep2.jpg

遺影
勘九郎が登場し、問題点だったテンポの悪さが
嘘のように消滅。特にBパートの電車なりきりは秀逸。
個人的にはゴミ箱に入ったままで、トラックにはねられるシーンが最高。

ムテムスには勘九郎が必須という事を、原作未読組みにわかってもらうには
充分な構成。そのかわりめぐみの出番がむちゃくちゃ削減されたけど。

これに、敏行と茅原先生が加わればさらに面白くなるはず。
また、おかみさんの迫力も前回にくらべて大幅アップしていたのもよかった。

でも、未だに奥井雅美の歌が何いってるか聞き取れねぇ。


……そうそう。
無敵看板娘の略称には「ムテムス」、「ムテカン」の二種類がありますが、
どっちで呼ぼうが構わないらしいです。作者も両方使ってるし。
simai.jpg

すげー、あの12姉妹落ちながら戦ってる……。

ミスターとフランカの間には深いドラマがあった。
撃って暴れてはしゃいで終わり、っていう感じではないっぽいぞ、こりゃ。

ミスターとフランカがいい感じで話をしている所に
元気になった12姉妹が乱入する。

他のコヨーテ達も応戦してくれるが、
戦力が違いすぎて瞬く間に壊滅状態。
ミスター、わずか2話目でいきなりピンチ。
1話の余裕な顔はどーしたっ!
高いところじゃないとパワーが出ないのかっ!!

そんなミスターのピンチを救ったのはどこかにいるアンジェリカ達。
チェルシーが自慢のおっぱいを駆使して集めた情報網を活用だおっぱい。
電波ジャックの帝王を呼び出して敵の機器を無効にしたのだおっぱい。

さすが、チェルシー。ナイスおっぱい!!

つーか、チェルシーのおっぱいってそんなすごいんか。

おっぱいのおかげで、危機を脱したミスター達。
フランカの父の遺産を探しに次なる場所へ向かう。

1話と変わらず作画が安定しているのはさすが。
そして、おしげもなくおっぱいおっぱい発言する登場人物達。
いい意味でみんなおかしいです。

しかし、チェルシーには見事に騙されました。
あれでいてお色気も振りまくキャラだったとは……。
いやぁ、おっぱいってすごい。

12姉妹の暴れっぷりも非常に楽しみ。
今回は、4月、6月、8月が非常に目立っていた。

つまり、毎週ごとに暴れるキャラが変わる方式なんでしょうか。
とすると、我らが9月のメインの回もくるんでしょうか。

あ、いまなんかすごい妄想が。

……とりあえず今回は酒場のお姉さんで我慢しておこう。
26.jpg

背中のラインがエロい。
秘密の金魚。さんの記事にある漫画バトンに答えてみようと思います。
別に回ってきてないけど。

Q1:あなたのコミックの所持数は?
750冊ぐらい。とっくに本棚はいっぱいです。


Q2:今読んでいるコミックは?
むちゃくちゃあるけど……。まぁ、こんな感じかな。
読む、というか大好きなやつ。

秋田書店
・グラップラー刃牙、バキ、範馬刃牙
・涅槃姫みどろ
・ダイモンズ
・舞HiME、舞-乙HiME
・スクライド
・キリエ
・フジケン、ナンバMG5
・シグルイ
・カオシックルーン、Es
・ブラックジャック
・椿ナイトクラブ
・24のひとみ


その他
・封神演義
・ドラゴンボール
・ハンターハンター
・脳噛ネウロ
・ジョジョ(とくに二部)
・かってに改蔵、さよなら絶望先生、育ってダーリン
・ベルセルク
・ホーリーランド
・デトロイトメタルシティ
・ユリア100式
・魔方陣グルグル
・パプワくん、PAPUWA
・蟲師
・よつばと!
・ケロケロちゃいむ
・餓狼伝
・ガイスターバーン
・くの一乱風帖


Q3:最後に買ったコミックは?
近所の本屋でたまたま見つけたキリエ。


Q4:よく読む、または思い入れのあるコミック
・ドラゴンボール(初めて全巻そろえた)
・グラップラー刃牙(チャンピオンっ子なら外せない)
・ジョジョ(こいつより面白い漫画を知らない)


Q5:バトンを渡す5名
えっと……ご、5人……も?
……いないからいいや。
ついに、無敵看板娘スタート!!
とりあえず、時間変更が無いか新聞欄でチェックチェックですよ。

img164.jpg

……一文字ですか。

さすがはチャンピオン原作! テレビ局もなんだか冷たいぜ!
ま、とりあえず気を取り直して視聴視聴。

……って、OP本編と全然関係ねぇ!

なんの予備知識もなく見た人が
絶対に勘違いするようなOPを平然と垂れ流すなんて、
流石は少年誌界のアウトロー、チャンピオンのアニメ。

しかも、ヘルズバニーまで出すのか!!。
随分、OPに力入れたな。普通にかっこよかったけど。

本編の方は1話15分の2話放送形式。
内容は、原作をきれいに再現していて良かったのですが、
少々、テンポが悪いかな。

なんというか、原作特有の勢いが不足している気が。
無敵看板娘のギャグはブラックやシュール系では無く、
勢い重視なのでその勢いをうまく再現して欲しいところです。

それと、おかみさんの迫力がイマイチ。
作画はいいのだから、もっと過剰な演出が必要じゃないかな。

ただ、声優の演技は完璧。
めぐみにいたってはもう小清水亜美以外は考えられない、
というほどハマってた。

まぁ、僕は小清水亜美のファンですからから
多少フィルターがかかってるかもしれませんけど。

そういうわけで、第1話は少々パワー不足な感じ。
ただ、第2話には勘九郎が登場するのでこれも解消されるかもしれないなぁ。

チャンピオン原作アニメは、3年に1回作られれば御の字。
とても貴重なチャンスなんだから、まだまだがんばって欲しいところ。

ちなみに、第1話名シーンは言わずもがな、美輝のゲロ吐きシーン。
太田の突っ込みもグッドです。視聴の際は、もんじゃ焼きの用意を。(最悪
今の私のマイブーム。
それは、かっこいいオヤジ燃え。(原点は、DQVのパパス)

このアニメは、宇宙を股にかけるちょい悪オヤジに
燃えて燃えて燃えまくるアニメ……だと思う。

Aパートは、主人公であるミスターも出てこなく割りと緩やかな展開。
しかし、Bパートの12姉妹登場あたりで見事に雰囲気が一変。

美少女アンドロイドのオナゴ達が、刑務官を撃ったり斬ったりSATSUGAIしまくり。
……いきなり、ものすごいB級アクションの臭いが……。

といっても、元からB級アクションは大好きなので、
12姉妹が暴れるたびにテンション上がりっぱなし。

そして、満を持してのミスター登場。RPGで12姉妹の一人、メイを吹き飛ばす。
美少女アンドロイドが首だけになるという割とショッキングな映像ですが、
インパクトは充分。アクションものとしてのつかみは完璧。
12姉妹よりもミスターのキャラの方がずっと濃いのもいい。

唯一の不満は最後のカラオケみたいな歌だけで、それ以外は
アクション、ストーリー、キャラクター全て文句なし。視聴決定です。

ちなみに、12姉妹にはメイやエイプリルのように月の名前がついている。
僕は、誕生月が9月なので9月の子を応援しようと思います。スナイプ最高。

……でも、Julyの素敵な笑顔も捨てがたい。どっちを応援しようか非常に困る。
とりあえず、間をとってフライトアテンダントのお姉さんをいただいておこう。

追記:フライトアテンダントのお姉さんはこんな人です。

27.jpg


腰のラインがエロい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。