グレースタイル ゾクセイ
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>あなたは私の属性なんだから♥
この一言に作品の全て凝縮されているような気がしました。

そして、ついに……ゾクセイ完結ッ!!

当初の予定であった4話を大幅にクリアし、気がつけば83話ッ!
何の気も無しに始めたこの企画も気が付けば83回目ッ!!!

あー、なんか感慨深いなぁ……

実を言うと、最終回には今までの鬱憤を全てぶちまけようと思ってました。
内容を考えてワードに打っておいたんですよ。でも、さっきゴミ箱に捨てました。

だって出来ないじゃないですか。今までの自分を否定するなんて事。

……ついつい暴言も吐いたけど、全83回、精一杯感想書いたつもりです。

そして、松山先生。最後の最後にロリ貧乳萌えをぶちまけたその姿、感動しました。
また五年後ぐらいに週チャンで会いましょう。

ありがとう。僕のゾクセイ。

おまけ企画
個人的ゾクセイBEST3(本誌連載話数準拠)
4話「月下さんの場合」
50話「伊集院さんの場合」
82話「あずきちゃんの場合」
次点「秋町さんの場合」(おっぱいドラムの回です)

ゾクセイを通じてお友達になった方
無駄話さま

最後までつきあってくれた皆様へ
[ゾクセイ その83]の続きを読む
スポンサーサイト
ゾクセイ開始以来、初めての異能力系ヒロインの登場だ。
乳の大きさが既に能力とかいうキャラもいたはいたが、まぁ、それは置いといて。

トーンを使わない作画、クリーチャーの登場、下着を武器にするヒロインと今までに無い要素がてんこ盛りで満足した。
しかし、もっと早くからこの手のキャラや人外ヒロインを出せば良かったのでは無いだろうか。
ハーピーとかアルラウネとか好きな人はたくさんいるだろうに。

この作品に足りなかったのはファンタジー要素だったのかもしれない。

そんな事より次回最終回ですってよ、奥サマ。
なんか、もう……涙が出てきましたよ。
今なら夜叉猿を倒したバキの気持ちが良く分かります。
来週の感想を書き上げたとき……私は神になる。

さて、データベースとHPから感想を移さなきゃ……
特に言う事無し。別記事まで立ててるけど……
背が高い女性は普段はクールだとか無口だとか固定観念をぶっ壊してくれるとよかったのに。

巻末コメントはもうね……
絶望しているのは毎週これを読まされる読者だろう。
早く琴子に集中しろ。

追記
次回、何かが起こる?
何回か前に登場した超特大巨乳を持つ東零奈が再登場した。
キャラの使い回しは秋宮蘭に続いてこれで2回目だ。
こんなくだらない事がわかっちまう自分の脳味噌が憎い。

本編はオクトオクト触手触手でお送りします。
最後のコマは誰が何千回見てもギャグ。
いや、さすがにこれじゃ興奮しないよ。わがままボディにも程があるわ!

とはいえ、久々に松山せいじらしい回だった。
ところで、次回の予告文も何だか前に見たことがあるような……
背の高い演劇の子じゃないよね?

琴子の道感想
なんだか急展開だ。
いじめのシーンをねちねち5話ぐらい描くのかと思ったら……
もしかして、性格豹変フラグか? それとも記憶喪失?
何にせよ厄い結果が待ってそうだ。
よーし、今週は感想がんばっちゃうぞぉー。

遊園地の絶叫マシーン、全制覇か。
絶叫マシーンって乗るために長い時間並ぶ必要があると思うけど、そんなに混んでいない遊園地なのかしら。平日?

行列に押されてお化け屋敷に入ったものの、中にいるのは○○と正緒のみ。
お客はどこに消えた? 説明されない怪奇が恐怖心を煽る。

絶叫系マシーンは大丈夫なのに、お化け屋敷は嫌がる正緒。
小さいころ、兄に無理やり連れてこられたのがトラウマになっているらしい。
きっと、ホラー映画や漫画、ゲームもだめなんだろうな。
ただ、情報過多の世の中、どこかで何気なしにホラーを目に……なんかもうめんどくさくなってきた……

いつもと同じ内容でした……非常にダメな安定の仕方だと思います。終わり。
もう課題は出さねー
ゾクセイ
随分と洗濯物を貯め込んでいらっしゃったのですね。
後は……すいません。言うことがありません。

ああ、そうだ。
これからゾクセイの感想を書く人は、デジャヴという意味合いの言葉を使わずに感想を書くというのはどうでしょう?
例えば、「これ、前にも見た」や「同じ展開」というワードはNGです。
いつもと違うゾクセイが見えてきますよ。多分。

そういえば、松山先生がブログで81話のネームを描いているって言ってた。
マダマダツヅクネ、スゴイ!


琴子の道
未読。
普段はかっこいい女性が実は~に弱くて主人公にキャー
何度目だよ、これ。
早くチャンピオンのページを破り捨てるんだ雷電!

ネタの使いまわしは別に良いのよ。でも、何の改変も無く短いスパンでそれをやられると脳が悲鳴を上げるのさ。
そもそも、長続きさせる企画じゃないからなー、こういうの。
まぁ、その点については最終回で書きます。

ちなみに、ゾクセイの単行本は1冊に20話収録なんです。
……いよいよゴールが見えてきた気がするぜ……!
もう何がなんやら……
説明するまでも無く超巨乳です、には笑わせてもらったけど。
椿ナイトクラブの世界観が可愛く見えるよ。


琴子
芸能プロダクションの社長に拾われハッピーエンド! なわけねぇだろ!
家政婦が琴子をいびったり親父にある事ない事吹き込んだり、新しい姉が琴子の才能に嫉妬していびったりする展開が手に取るように見えるな……
黒い……黒いですよ。
どうみてもグレンラガンです。
巻末コメントも全国誌にも関わらず2ちゃんの書き込みレベルです。
本当にありがとうございました。

ついでに先生の名前が第2話のキャラの使い回しです。
それに、最後のコマは有り得ないだろ……体勢的に。
今週はあまりにもヒドいぜ、せーじくん。
まず扉絵から軽くジャブ。
あんな食べ方をする人間がどこにおるのだ。

そして、ラストのコマで強烈なフック。
スク水でフルート吹くなんで妄想、生まれてこの方したことねぇよ!
今週は松山御大の妄想力が爆発した回だった。


琴子の道
なんかおねえちゃん出てきた……
これは間違いなく確実にゼッタイ苛められるな。
エンジェルボイスには吹いたけど。
あれ、みつどもえがこんなところにも……
近所の女の子の成長期ネタ、もう7回ぐらいは見てるけど気にしないぜ!
コメントはいつものせいじ君でした。
※この漫画を読むときはヘヴンズドアー等で記憶を一度消去してからお読み下さい。

…………なんか前にも見たようなこの内容。ていうか、毎週?
毎回毎回感想を書き続けてきた私ですが、正直もう何も書くことが無いです。
ホンダラくんがゾクセイよりも面白そうって事ぐらいしか書くことが無いです。

それにしても、ホンダラくんの本編結構シビアだな。
漫画家生き残り戦争? みたいな感じか。
最近の松山先生のマイブームは漫画を語る事なんかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。