グレースタイル ギャンブルフィッシュ
m9パール
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三人の女性がお魚さんに色んなところを噛まれてオーガズムを迎えたり、大の男三人が密閉された空間で穴に剣を刺したり刺されたりといった展開で、最近は全盛期に近い盛り上がりを見せているギャンブルフィッシュ。
アヴィVSオマハ、という注目の第四試合の種目は「テンポイントポーカー」(ルールは割愛)。

ポーカーというからにはディーラーが必要です。もちろん、ディーラーですからカードをめくって参加者に配る必要があります。
カードをめくるということは美華さんの肢体から、カードを剥ぐということになります。

そんな大役を任せられる人物が果たして今作にいるのでしょうか。
ええ、いるのです。たった一人。

s085.jpgカイザー再臨

我らがカイザー水原です。
どうでしょう、この表情。まるで獲物を狙う獅子、ラブプラスをやっている大きいお友達のようです。

しかし、ここでハプニング。
ヨガリウオの効果で眠っていたはずの美華さんが、その副作用で目を覚ましてしまったのです。
困惑する美華さん。

s087.jpg

そこに、BLACKRAINBOW作品の主人公が行うような暗示をかけ始めるカイザー。
これにより、美華さんは一端落ち着きを取り戻し、勝負は再開。

このあと、アヴィとオハマの緊迫したやり取りがあるのですが、本記事には関係ないのでこれも割愛。
カイザー如きにこの試合を仕切れるのか、と嘲るアヴィを一喝し、さらに美香さんに強力な暗示をかけ始めます。

s088.jpg催眠系エロゲなら相手の瞳のハイライトが消えたあたり

美華さんに暗示をかけることに成功したカイザー。
そして、カイザーの魔の手が美華さんに伸びる。

s089.jpg俺の中で水原が日本三大皇帝にランクインした瞬間

カイザーの辞書に容赦という文字は無し!
いきなり乳首狙い!! カイザーにもほどがあるぜ!

普通は肩口とか刺激が少ないところから徐々に攻めるのがセオリーでしょうに、いきなり乳首。
暗示が解除されてもおかしくないほどの衝撃だってのに、何という大胆さ。
この胆力が水原をカイザーたらしめる要因なのでしょうか。

性欲が人を強くする。
これからもカイザーの覇道から目が離せません。

カイザーとは関係ありませんが、地味にキング・オマハもおかしかったです。
女体盛りは日本の伝統文化、なんて一国の大統領の口から出るなんて思いもしませんでした。

漫画は文化
アニメは文化
ゲームは文化
不倫は文化
触手は文化
女体盛りは文化←New!

こういうことですね、わかります。
ちなみに、「女体盛り 文化」で検索すると約 70,700件がHit。
……いつの間にか、女体盛りは世界に認知されているようです。日本始まってた。

つまるところ、この勝負は極めて文化的、かつ、知的な行為だということではないでしょうか。

s089.jpg←知的な行為

日本ユニセフ協会大使の方がいらっしゃっても、これは文化的行為ですから、と言ってしまえば何の問題もありませんね。
無理ですかそーですか。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 週刊少年チャンピオン43号 秋田書店
スポンサーサイト
昨今の規制強化の中、皆さんいかがお過ごしでせうか。
色々とアレな世の中ですが、今週も我等がギャンブルフィッシュがやらかしてくれました。

s069.jpg

インパクトしてはモーデル未満なのですが、世情と照らし合わせてみると、この反骨精神は素晴らしいものがあります。

……はっ、そうか!
これはつまり、法案が可決して、人生オワタになってもお魚さんに咬まれているだけという注釈文があればエロシーン入れても大丈夫という秋田からのメッセージだったんだよ!


などという冗談はさておき、素晴らしき反逆をしてのけた山根先生の今週のコメントはこれ。

s067.jpg

ロックの魂をここにみた。
そして、これを通しちまう秋田書店は本当にしょうもないな(いい意味で)。


しょうもないついでなのですが、REDいちごでやっているだいぶエッチなマンガ、「あきそら」がOVA化決定なようで。
クェイサーのアニメ化企画といい、ここまでくると秋田書店の方々はニュースとか見てんのかしら、と思ってしまいますが、まぁ、決まってしまったもんはしょうがない。
どれだけのクオリティーになるか、オギオギしながら待つとしましょう。とりあえずキャラデザはすっごくいい。

にしても、キタエリのエロ演技か……。どうなることやら。
つうか、裏名義とかじゃないんですね。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 週刊少年チャンピオン32号 秋田書店
巻‐666 学校編
・エリートだけの学校かと思ったら不良共の集まるゼミがあった
・頭部の骨格がおかしい教師
・雪山にいたら天狗に襲われた

エクストリームにもほどがある展開になってきた。
発砲許可ということなので、杜夢サイドにはますますつらい展開に……。
と思ったが、味方で残ってるのはゴッキーだけか。美華リンは杜夢と一緒だからある程度は安心だし。

しかし、メンバー紹介時にあれほど目立っていたライカが早々に退場するとは驚いた。
ドキムネ魔法にもかかる暇もなく逝ったか。まぁ、彼女はヨシヲと良い関係になりそうではあるが。

それはともかく、月夜野さんの貞操が心配である。
そんなものあってないような子だけど、さすがに初体験が天狗の鼻なんて可哀想だ。
颯爽とグリーンベレーが登場して助けてくれる事を望む。

もう一つ気になったのがエミリーの邪気眼発動。
まぁ、これは大した理由はなさそうだ。やはり、読者としては月夜野さんの貞操が(ry
初体験がトランシーバーのアンテナなんて可哀想でゲソ!!
マンハッタン・ボルケーーノ!

散々語りつくされた今週のギャンブルフィッシュですが、何度見返してもすごいです。
蛭子汁にも驚きましたが(汁て)、あのマリオみてーなグリーンベレーのオジサンがあそこまでキャラ立ちしてくるとは……わけわからんベクトルだけど。

異能力バトルみたいな話でしたが、勝負というある意味では究極のギャンブルを彼らはやってるわけで、そういった意味ではギャンブル漫画……だったと思います。
つまり、全てのバトル漫画はギャンブルに通じる! いや、さすがにこれは極論。

にしても、この絵ヅラ……ここだけみると普通に犯罪です。

CAVN80ZT.jpg

脚の付け根のラインがきれい。

さて、気になるのは次回のヨシヲくんですが……杜夢サイドがすでに二敗してしまっているので、ここらで一矢報いて欲しいです……が、心の中ではどういう風に負けるかを期待している自分もいるわけで……。
どっちに転んでもおいしいなんて一流の芸人みたいですね、ヨシヲくん。

後、マンハッタン・ボルケーノばっかり注目されてるけど、光速タックルもたいがいですよね。

※原作:山根和俊表記になっていてたまげた。でも、今回の内容を見ると不思議じゃないと思えるから不思議。不思議で不思議。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 週刊少年チャンピオン 秋田書店
僕たちの月夜野さんがまたもややってくれました。
※月夜野さんの数々の伝説についてはカテゴリーのギャンブルフィッシュ欄からどうぞ。

先週のおとり作戦発案で汚物、もとい汚名返上を果たしたと思ったのですが……。
さすがはギャンブルフィッシュ、良い意味で期待を裏切りません。

up272632.jpg

月夜野、拘束。

捕まった理由は五木島の罠にはまったから。
何ともまぁ、情けない理由だこと。

雑巾をいじめる一番効果的な方法は飾り立ててやる事、という名言がありますが、今の彼女はそれに近いような気もします。
持ち上げられては落とされ、持ち上げられては落とされ……
仮にもヒロイン候補のキャラなのに、すんごい汚れです(大きい方的な意味でも)。

しかし、まぁ、汚物にまみれても腐っても月夜野さんはマジシャン。
ここから脱出方法も即座に思いつくんでしょうね。
例えば、ほら、ズボンを脱ぐとかズボンを脱ぐとか。

あ、でも、雪山でズボンを脱いだらお腹が冷えて……。

グレースタイルは月夜野由佳を応援しています(ちゆ12歳風に)。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 週刊少年チャンピオン 秋田書店
色々あってエミリーと対決する事になった美華様。
勝負内容は美華さんが得意とするテニス。
さりげなく自分のフィールドに相手を誘導してオッホッホと優位に立つあたり、策士というか小物というか大人気ないというか。

しかし、エミリーの驚異的身体能力と気迫に焦る美華さん。
ついつい全力を出してしまう。

img732.jpg

このコマを見た瞬間、108式という言葉が脳内に浮かんだ読者は多いだろう。

獅子は兎を狩るにも、というがこの時の美華さんは明らかに獅子のそれではない。
余裕が無いのが見て取れる。

試合自体は美華さんの勝利で終わったが、果たして本当の勝者はどちらか。
試合に勝って勝負に負ける。お手本のような内容でした。

月夜野さん並みに持ち上げられて落とされた美華さん。彼女の明日はどっちだ!
エミリーの提案通りスモウで勝負すれば良かったね(もちろんマワシのみ)。
確実に負けてたと思うけど、名誉は守れたと思うよ。
ついでに、読者の下半身もZIP UPできたはず。あ、この場合はZIP DOWNか。

……月夜野&菜摘コンビがバニシングツインする中、存在感を失わないキノコ様が素敵です。
なんだかんだでメインキャラなだけある。

にしても、こんなにもエミリー持ち上げイベントがあるのも不自然なような……。
ひょっとしたら新しい敵のかませになる準備なのでは? アビィサイドではない、第三勢力あたりの……。

そろそろ男キャラのライバルが欲しいな、と思う今日この頃。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店

作品内でお色気補充できないなら扉絵で勝負。
死神も17歳の乳を隠すために使われるとは思わなかったろうに。

先ほどの花咲の一投、そして今回の杜夢の一投で花咲は自分のダイスしかコントロールできないと確信した月夜野。

img691.jpg

コナンポーズで言い切ります。
杜夢もどうやら同意見のよう。ていうか、杜夢は聞かなくても分かっていたんだと思います。
ただ、腐っても月夜野はマジシャン。何か後押しが欲しかったではないかと。
やはり、内心焦っている事は否めないようです。

そんな二人の意見を一笑に付す花咲。
次の自分の目は⑥⑥だと予言。

そして、ダイスが投げられるッ!
月夜野はハッタリだというが、果たしてその結果は……!

予言どおり⑥⑥!
それに対し、杜夢は捨て身の審判を仕掛ける!

が、またまた花咲の予言どおり⑤を出してしまい、最悪な形での審判失敗。
51ポイント分の降下を許してしまうのであった。
最初の10ポイントと合わせると杜夢に残っているポイントは残り39。
もうこれ以上の失敗は許されない状況ですが、果たして……!

杜夢の表情からすると未だに花咲の魔力は見破れていない模様。
ギャンブルフィッシュ史上最大のピンチですね。
ここまでトリックが込んでるともう私には予想がつきません。
強いて言えば花咲のおっぱいが怪しいとしか言い様が無いのですが、どうでしょう。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
真世の魔力に驚愕する一同。
しかし、杜夢はそれをトリックと言い切る。

確かに真世自身に魔力があれば、この場所でなくても、それこそ先ほどの会場でも勝負は出来る。
デスマッチがしたければチェーンソーでも何でも持ってくればいいのだ。

その杜夢の意見に上手い事のっかる月夜野。

1img687.jpg

……月夜野さん、もう喋らないで……

地雷原を突き進む月夜野さん。杜夢のために真世のトリックを暴きだすと気合充分。

img687.jpg

ああ、あれこそは月夜野様、必勝の脱衣……

極めて自然な脱衣をキメ、いざトリックチェックに入る月夜野。
しかし、その姿は恐ろしいまでに滑稽。

img686.jpg


何という空回り……こんなかませ扱いだったら、トイレから出てこないほうがまだ良かったのでは……
まぁ、これにより、ボウル、テーブル、空間の糸、(たぶんダイスも)にトリックは絶対に仕掛けられていないという事がわかっただけでも御の字……なんでしょうかね。

月夜野さんの頑張りも虚しく、杜夢は真世の魔力にハマる事に。
独白が多く、苦戦している様子が良く分かります。
顔から流れるものは冷や汗か、それとも……

勝負の鍵は菜っちゃんの何気ない一言、つまり「熱」に隠されていると思うのですがどうでしょうかね。
真世の火傷も鍵の一つでしょうかね。。
何にせよ、月夜野さんの頑張りは無駄になりそ(ry

……本筋とは関係ありませんが、菜っちゃんはいつ服を着るんでしょうかね。
いや、まぁ、暑いとはいえ下着ぐらいは……
まぁ、それをいうなら真世様も裸同然みたいな格好をしているんですが。
……ひょっとして、これも勝利の鍵の一つなのかしら。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店

ついにダイス勝負編第三戦開始。
巻頭カラーの真世がものすごい死人色。

そして、ここで花咲真世プロフィール紹介ッ!
花咲真世17歳ッ(ここ重要)! 
お花大好き麻薬大好き史上最強の毒草も栽培してまーすヽ( ゚∀゚)/

……これはまたエクストリームな……
援交とか世界征服(笑)とかもう子供の遊びだぜ!

……この際、17歳というところは突っ込まないでおこう。
17歳って聞くとあのおっぱいも普通に見えてくるから恐ろしいですよね。
個人的に今までの裸シーンで一番エロかったです。口元とくびれが最高すぎる。

さて。
試合のルールですが、えー、長いのでこれは割愛します。
結果だけいえば負ければ死ぬゲームでございます。
負けたら阿鼻谷ゼミ行きってレベルじゃねーぞって事でございます。

そんなデスゲームにも怖気ずに参戦表明する杜夢。
が、前二試合と違い会場は真世が用意したもの。
どこかにイカサマのネタがあるかもしれない。なのでイカサマチェックをする必要がある。
杜夢が席を立ったとき……そこに現れたのは……!

img679.jpg

月夜野由佳復活ッ! 月夜野由佳復活ッ!! 月夜野由佳復活ッ!!!
してぇ……脱糞してぇ~~


突然の会場変更にも負けず、あふれ出る便意にも負けず、月夜野由佳華麗に見参だーーー!
先週の発言は謝るぜーーー!

というわけで、月夜野さん復活。
杜夢にも労いの言葉をかけてもらいすごく嬉しそう。
うんうん、恋する乙女はいいねぇ~と思っていた矢先、電光石火の早業で阿鼻谷にケツを叩かれる月夜野さん。

img680.jpg

あかんがな、阿鼻谷先生!
今、彼女のケツを刺激したら月夜野印のゲルセミウム・エレガンスが噴出するぞ!
それをわかっていて叩くとは……阿鼻谷先生、なんてギリギリな男だ。

このやり取りにピリオドを打つかのように真世が戯れにダイスを放る。
出目はなんと6×3(試合だったら即死コース)。
悪魔より授かった力で今、最も美しく最も強いギャンブラーが杜夢の前に立ちはだかるッ!

ヨシヲがいきなりとんでも得点を叩き出した時と状況は同じですが絶望感はそれ以上ですね。
この絶望感がギャンブルフィッシュクオリティー。
杜夢には何とか勝ってもらいデレる真世さんを見せて欲しいものです。
関係ないですがチャンピオンで鉄鍋鉄鍋言われると別のマンガの事を思い出してしょうがない。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
前号での予告ではもう一波乱ありそうな書き方ですが、特に何も無くダイス勝負二回戦終了。
特別何かあったといえば、生徒が教師に腕を極められズボンを脱がされそうになったことぐらいでしょうか。

ともかく、水原キノコもとい和輝キノコのお慈悲によりヨシヲくんは罰ゲームを逃れます。
てっきりアビィはヨシヲくんを切り捨てると思いましたが、そこは愛すべき自分の生徒。
さすがはエリート高校の先生です、負け犬にも優しいや。

そんな情けの塊のようなキノコ和輝や、教師の鑑であるアビィとは違い主人公の杜夢はまさに極悪非道。

img671.jpg

キノコ和輝はルームメイトじゃないか……!
きっとキノコ和輝がエレセロスを体得しても杜夢には効かないんでしょう。お前の中に俺はいなかった。

というか、この表情を見る限り名前を知らないどころか、下の名前が本気でキノコだと思っていたんじゃないでしょうか。

さて。
二回戦が終わり、ダイス勝負三回戦が始まります。
と、その前に会場の皆さん全員で場所移動。

どうやら次の試合はこの会場ではできない内容らしいです。
ついた先は学園敷地内にある石炭採掘場跡、通称「Dゾーン」。
ダイス勝負におおげさな……と思いますがおそらくアビィは今回の試合で杜夢をぶち殺す算段でいるのでしょう。
よって、何があってもどうとでも隠蔽できる立ち入り禁止区域を選んだ、と。

え、学園の領地内の出来ごと? たくさんの目撃者がいる? 
……HAHAHA、何を言っているんだブラザー。
ここは獅子堂学園、大抵のことは目をつぶってもらえるエリート養成学校。出自不明な生徒が一人死んだところで関係ないぜ!

そして、杜夢にぶつけられる最強の相手……その名は花咲真世ッ!!

img672.jpg

……ぷ、プリンだッ!!

採掘場のド真ん中であんな暑そうなローブを着ていたに関わらず汗一つ掻いてないとは……今までの相手と違いかなり強そうです。
杜夢は勝てることが出来るのか! ドキムネの魔法をかける事が出来るのか!!
次回、ギャンブルフィッシュ巻頭カラー、「もうやめて、山根和俊のライフは0よ」に続く!

えー、本筋とは関係ありませんが、会場移動により月夜野さん復活フラグが完全に消滅したことをここにお知らせします。

繰り返します。
月夜野さん復活フラグ完全消滅。
繰り返しま……

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
やっぱり、個別感想を書いてしまいました。
恐るべきかな、ギャンブルフィッシュ。

絶望的な状況に陥り精神状態ボロボロになった水原ですが、杜夢の激励により、奮起。
凄まじい執念によりなんとかダイススタッキングを成功させます。

結果はトップに2個乗せの40点。
命がけのギャンブルに勝ったのは獅子堂学園クラス委員長、水原!
感じるか!?水原ッ、からの流れは素人がギャンブルに魅せられるサマを表しているようですごくカッコ良かったです。

今回の勝利は杜夢が作戦を考えたおかげでもあるのですが、それもこれも全て水原があの10分間を捻出したおかげ。
この試合は水原無くしては勝てなかったでしょうね。
おめでとう、水原。今のお前、一番輝いているよ……!

……そう言い切れないのが水原クオリティなわけで。
確かに東大に行って官僚になって国家のために働くという夢は立派だ。
最近の中学生にしてはとても真っ当なプランだ。

でも、そこから先!
適当なところで天下りして、のそこから先!!
なんだよメイドさんて! フリルとエプロンで色々って!!
どれだけ具体的な人生設計を立ててるんだ、コイツは……

しかも三つ編みからツインテール、果てはおかっぱまでありとあらゆるタイプのメイドさんを想定してやがるじゃねえか……

img669.jpg

↑水原の想像するメイド像

これじゃあ、ヨシヲくんごときじゃ勝てねーよ。
向こうは世界征服(笑)、こっちはフリルとエプロンで色々なんだぜ。
そこらへんのメイドじゃないんだぜ。寒くなったらパーカー着てビラ配りしてるような奴らと違うんだぜ。
本物のフリルとエプロン。それを独り占め……日本男子の本懐だね。

だがちょっと待って欲しい。
メイドさんはミニよりもロングの方が萌えるのでは無いだろうか。

……プライドを捨て、読者からの信頼も失った水原ですが、これからも応援してやりたいと思います。
見てみたいじゃないか、アイツが将来色々する姿をさ。
……その前に破滅してそうだけど……

さて。
ヨシヲくん、負けちゃったわけですが水原に刻まれるんでしょうか、アナル。
それとも、ヨシヲくんが台パンでもしてもう一波乱あるのでしょうか(予告の文章がなんか気になるんですよね)。

まぁ、仮にキノコの勝ちとしても刻まないでしょうね、アナルは。
いくら空気読めない水原でもそれはしないと思います。
それどころか、ヨシヲくんに救いの手を差し伸べ、兄弟関係になるなんて展開も。

そして、この勝負で人気が出た水原に近づく人たちを片っ端からぶちのめすヨシヲくん。
……正直、彼にはそういう役回りしか残されていないような……

次回のギャンブルフィッシュも見逃せませんね。
三人目の相手も出てくるでしょうし、月夜野さんの復活も時間的に次回がラストチャンスですしね。
まぁ、モーデル的に考えてまだウ○コ中だと思いますけど。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
今週も個別感想です。
タイトルで思いっきりアナルって書いてしまいましたが、実際に書いてあるんだからだいじょぶでしょう。

ついに始まった2回戦。
水原が選んだダイスはカジノダイス。
ケツの準備も万端、いざ勝負! の前に水原が宵鮫に少しだけ練習をさせてくれと、提案します。
それを受ける宵鮫。しかし、その代わりに水原にキノコの鳴き真似をしろと要求。

さすが、真性サド。
相手を虐げる事に関してはお脳が良く回ります。
しかし、水原は腐ってもエリート校獅子堂学園の生徒(しかもクラス委員長)。
そんな事をやる筈がありま……

img668.jpg

やりました。

な、何という熱演……
確かに勝負事に下手なプライドを持ち込むのは良くありません。そういうヤツほど無様に負けるのが常。
ですが、ここまでやるとは思ってみませんでした。せいぜい、小声でちょこっとやるだけかと思ったのに……素晴らしい脇役魂です。

この熱演が功を奏したのか10分の練習時間を手にした水原。
自らのアナルを守るため(←本当に言った)、驚異の集中力でカップを振ります。
しかし、それでも限界はあります。積めるのはせいぜい三段が関の山。

デモンストレーションで軽々五段積みをしたヨシヲくんの敵ではありません。
絶望的な状況は変わらず試合開始。先行はYOSIWOくん。

何と彼はダイスをテーブルに叩きつけ、ダイスを宙に浮かせ無理やり六段積みをするという荒業に出たのでした。
そして、点数は6×6=36点。最大点かと思われた30点を大きく上回る結果に。

水原が積めるのはできて三段。チャンスは一回限り。
……この状況で何をどうしろと?
阿鼻谷は杜夢が何か仕掛けくると思っているのでしょうが、ワタシが杜夢だったら即効で退学してます。そのぐらい絶望的な状況ですよ。

それにしても少年誌でアナルという単語を堂々と目にすることになるとは思いませんでした。
え? 表現の問題? 教師の前での喫煙? でも、そんなの関係ねぇーー!
……単行本で直されてなきゃいいんですけど。

万が一直すとしたらどう直すのでしょうか。こうもん、とでも書く気なんですかね。
それとも正しい名称であるアヌスに変更でしょうか(誤用は教育上良くありませんものね)。
何にせよ、単行本化が楽しみです。

それにしても、ダイスゲームに入ってからやたらと、尻がピックアップされているような気がします。
月夜野さんの脱糞、菜っちゃんのわがままヒップ、キノコのアナル問題。

このままいくと、三回戦でも誰かが尻を狙われる事になると思うのですが……(順当に行けば杜夢ですね)
ひょっとすると対戦相手が真性ホモで、勝ったらオレの男汁を直腸注入させろとでも言ってくる気なのでは……
受け攻めいくつか予想しておいた方が良いかもしれません。

画像の出典:【ギャンブルフィッシュ】 青山広美/山根和俊 秋田書店
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。